最終更新日: 2020.06.12 公開日: 2020.06.14
家計

わが家のマネープラン。こんな時こそ確認しておこう!

執筆者 : 下中英恵

新型コロナウイルスの感染防止のため、引き続き、家の中で過ごしている方は多いのではないでしょうか。
 
せっかく家にいる時間が長いので、この機会に家族のライフプランやマネープランを立ててみましょう。お子さんがいる場合は、一緒にマネープランを立てることで、お金の勉強にもなりますよ。
 
今回は、外出自粛中に確認したい、家族の夢やお金についてチェックしていきましょう。
 
下中英恵

執筆者:

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

“東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。

富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は日本東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っています
http://fp.shitanaka.com/”

詳細はこちら
下中英恵

執筆者:

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

“東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。

富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は日本東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っています
http://fp.shitanaka.com/”

詳細はこちら

家族の目標や夢を話し合う

ライフプランやマネープランを立てるとなると、少し難しい気がしてしまう方もいるかもしれませんが、まず、簡単に噛み砕いて考えていくのがおすすめです。最初に、家族全員で実現させたい目標や夢を話し合ってみましょう。
 
新型コロナウイルスの影響で、家族旅行や、お出かけのイベントを断念したご家庭も多いと思います。家の中で過ごす時間が増えてイライラしている場合は、新型コロナウイルスが落ち着いたら「家族で海外旅行に行く」という目標を立ててみてはいかがでしょうか。
 
もちろん、安全に旅行ができるようになるのは具体的にいつになるか分かりませんが、世界地図や観光マップを眺めながらアレコレ妄想するのは、とてもワクワクしますね。
 
また、5年以内にマイホームが欲しい、車を買い換えたい、といったお父さんの目標や、あの私立大学を目指したい、医学部に入りたいなど、子どもたちの目標についても議論してみましょう。
 
普段、家族でゆっくりと会話をしていない場合、みんなが思い描いている未来について話し合うのは、大変貴重な時間となりますよ。

必要なお金を確認する

次に、話し合った夢や目標を実現させるために必要なお金をチェックしていきます。海外旅行の場合は、費用は変動する可能性がありますが、新型コロナウイルスが流行する前の相場を参考にしてみましょう。
 
具体的な数字をチェックすることで、「ハワイは予算オーバーだけど、アジアの国なら行けそうだな」「交通費を節約して、食費にお金をかけて、北海道や沖縄でグルメツアーをするのもいいな」など、よりイメージをしやすくなります。
 
さらに、子どもの目標大学や、将来の夢などが決まっている場合は、それにかかる教育費をチェックしてみましょう。
 
大学の入学金や授業料のほかに、大学入学までに必要となる塾のお金、大学での教材費や実習費、さらに大学が遠方の場合は、交通費や一人暮らしのために必要となる仕送りなどを見積ります。
 
今まで何となく貯蓄をしてきた方は、具体的に必要な金額が明確になることで、お金の管理について、よりモチベーションが高まるでしょう。

貯蓄の具体的な方法をチェックする

最後に、このままのペースでお金を貯めていって、最終的にきちんと目標金額まで貯蓄することができるのかを確認します。
 
毎月行っている財形貯蓄や先取り貯金の金額は適切なのか、より節約した方が良いのかなど、貯蓄の方法や家計の見直しには時間があるときしかじっくりと取り組むことはできません。外出自粛ムードの中で増えた家での時間を利用して、貯蓄や家計について見直してみましょう。
 
そして、まだ家計に余裕がある方は資産運用にチャレンジするという方法もあります。現在は、コロナショックの影響で株式市場も乱高下を繰り返しており、資産運用初心者の方は少し難しいと感じるかもしれません。
 
そんな場合は日本国債など、比較的リスクが低いといわれている安全資産からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。資産運用を行うために、証券会社に口座を開設したり、金融商品の種類について勉強したりと、自分のペースで始めていきましょう。
 
せっかく家で家族と過ごす時間が生まれたので、ぜひ有効活用する方法を考えてみましょう。まずは、今回ご紹介した内容を参考にしながら、家族みんなのそれぞれの夢を話し合うことから始めてみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:下中英恵
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

関連記事

子どもの教育費は、早めのマネープランでしっかり貯金。メリハリをつけた賢い使い方を
こんなときこそチャンス! 週末は<お家の資金計画>を立ててみよう
おうち時間が長い今だからこそ考えたい家計のこと
 



▲PAGETOP