公開日: 2021.03.05 家計

時給? それとも勤務条件? 派遣で働く理由やメリットとは

正社員、パート・アルバイト、フリーランスなど、働き方はさまざま。派遣会社に登録し、派遣社員として働くという選択肢も人気です。
 
派遣社員として働いている方は、どのような理由で派遣という形態を選んだのでしょうか。また、派遣社員として働くことにどの程度満足感を得ているのでしょうか。
 
今回は、エン・ジャパン株式会社が発表した「派遣で働く理由調査」の結果(※)をひもといてみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

派遣の仕事を選んだ理由ランキング

この調査は、エン・ジャパン株式会社が運営する派遣情報サイト「エン派遣」のユーザーを対象に行われたもの。
最初に、派遣の仕事を選んだ理由を見ていきます。
 
【派遣のお仕事を選ぶ理由は何ですか?(複数回答)】
1位:勤務時間や勤務地などの条件を選びたい 49%
2位:アルバイトやパートより時給が良い 45%
3位:派遣会社を通したほうが就業チャンスが多い 29%
4位:事務の仕事は派遣での募集が多い 24%
5位:副業・ダブルワークとして働きたい 21%
6位:派遣という立場が働きやすい 19%
7位:条件に合う仕事を探したらたまたま派遣だった 13%
8位:仕事経験が少ないので経験を積みたい 11%
9位:正社員での仕事が決まらない 9%
10位:紹介予定派遣で正社員になりたい 7%
 
TOP10は上記のとおり。半数近くの人が、勤務時間や勤務地などの条件を自分で選んで仕事を見つけられることから、派遣の仕事を選んだと回答しています。
 
僅差で2位に入ったのが、アルバイト・パートよりも時給がいいという理由。このことから、「自分の都合にあわせた時間や場所で働けて、バイトよりも時給が高い仕事がいい」と考える人が派遣の仕事を選ぶことが多いといえそうです。
 
派遣会社に希望条件を登録しておけば、こまめに条件にあった仕事の紹介が来ることから「派遣会社を通したほうが就業チャンスが多い」「派遣ならさまざまな仕事経験が積める」というメリットを挙げる人も。
 
少数派にはなりますが、「正社員での仕事が決まらない」から派遣に甘んじているという人も。いっぽうで、紹介予定派遣で正社員になることを狙っている人もいるようです。
 
時給軸で選ぶ人より勤務条件で選ぶ人のほうが多いという結果は、派遣の仕事はさまざまな勤務条件を選ぶことができるという事実の裏付けなのかもしれません。
 

派遣で働く目標は、収入? それとも……

派遣で働いている人たちは、派遣の仕事を通じてどのような目標があるのでしょうか。
 
【あなたが派遣のお仕事を通じて叶えたいことは何ですか?(3つまで回答可)】
1位:普通に働いて生活できる収入を得たい 37%
1位:プライベートを充実させたい 37%
3位:収入を得て家族を支えたい 32%
4位:仕事の経験・スキルを磨きたい 27%
5位:限られた期間(時間)で出来るだけ稼ぎたい 26%
6位:事務の仕事に就きたい 19%
7位:充実した時間を過ごしたい 15%
 
同率1位は、「普通に働いて生活できる収入を得たい」と「プライベートを充実させたい」でした。仕事の対価のひとつは収入ですから、生活していくだけのお金を得るというのは至極当然の目標といえます。
 
そして、仕事だけでなく、自分のために費やす時間や家族と接する時間、家事や育児などの時間も確保したいもの。そのために自分に合った勤務条件の仕事を選ぶことで、仕事以外のプライベートを充実させたいという人も多いようです。
 
また、自分が収入を得ることで子どもの習い事の月謝や教育費などの足しにしたいという人や、経験を積みスキルを磨きたいという上昇志向の人も。
 
このランキングでも、派遣ならではの「ひとつの職場に長期間とどまらなくてもOK」「勤務時間や勤務地、職種などさまざまな条件から仕事を選べる」といったメリットが見えてきます。
 

派遣社員として働いて得られたものとは? そして思ったほど叶えられなかったこととは?

派遣の仕事を通じて叶えたいことや目標は、先述のとおり。最後に、実際にその目標は達成できているのかどうかを見てみましょう。
 
【派遣で就業してみて叶えられたことは何ですか?(複数回答)】
1位:仕事の経験・スキルを磨くことができた 37%
1位:色々な仕事や職場を経験できた 37%
3位:普通に働いて生活できる収入を得た 32%
4位:事務の仕事に就けた 28%
5位:プライベートを充実させられた 25%
6位:限られた期間(時間)で稼げた 23%
7位:収入を得て家族を支えられた 15%
 
先ほど4位だった「仕事の経験・スキルを磨く」ことが、1位になりました。実際に働いた経験が自分自身に還元されていることを実感できると、自信にもつながりますね。同率1位には、派遣ならではの強みといえる「色々な仕事や職場を経験できた」ことがランクイン。
 
「普通に働いて生活できる収入を得た」については、先ほどのランキングより少しポイントが下がっています。期待していたほど稼げなかったという人も、なかに入るのかもしれません。
 
少し気になるのが、5位の「プライベートを充実させられた」や、7位の「収入を得て家族を支えられた」です。目標として掲げていた人は多かったものの、実際に叶えられたかどうかという質問では大幅にポイントが下がっていることから、自分に見合った条件の仕事を見つけきれていない人がいたり、職場側にワークライフバランスの改善の余地があったりするのかもしれません。
 
いま派遣で働いている人を対象に働き方の満足度を問うと、「満足している」が73%、「満足していない」が27%という回答になりました。さらに今後も派遣社員として働きたいかを問うと、「派遣で働きたい」が70%、「派遣以外で働きたい」が29%という結果に。
 
派遣の仕事をしている人の満足度は73%と高く、さらに70%の人が今後も派遣社員として働きたいと考えていることがわかります。自分の条件に合った派遣の仕事に就くことができれば、仕事とプライベートのバランスもとれ、比較的満足のいく収入も見込めそうです。
 
正社員、派遣、パート・アルバイト、フリーランスなど、さまざまな働き方が広がり、社会全体が活性化していくことを期待したいですね。
 
[出典]
※エン・ジャパン株式会社「2021年『派遣で働く理由』調査 -『エン派遣』ユーザーアンケートー」(@Press ソーシャルワイヤー株式会社)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

130万円の壁によくある勘違いって?たくさんある「働き方の壁」の違いとは
103万、130万はどっちが得? 働く主婦が知っておきたい、年収の壁とは?
東京都の最低時給は1013円なのに、募集は900円。これってどうなの?