最終更新日: 2020.03.23 公開日: 2020.01.27
保険

朝日生命のインターネット型の医療保険はおすすめ?

若いときは健康で大きな病気にもかかりにくいため、民間の医療保険に加入するのは保険料がもったいないと感じていませんか?
 
日本の公的医療保険制度では基本的な治療に関しては一定額の自己負担で受けることができますが、入院に伴う差額ベッド代や生活費、働けないことによる収入の減少など、公的医療保険制度ではカバーできない費用も多くあります。
 
医療保険というと結婚などのライフイベントがあったときや、病気が気になりだす年齢に差し掛かってから加入するというイメージがあるかもしれませんが、収入が比較的少ない若年層でも加入を検討した方がいいケースもあるでしょう。
 
近年は医療保険の選択肢も増え、店頭での対面販売の他に、家にいながらネットで契約を完了できるネット型もニーズを伸ばしており、新興の保険会社のみならず、老舗の大手保険会社もネット型の保険を拡充してきました。
 
選択肢が広がると、どの医療保険を選んだらいいのか分からなくなってきますよね。
 
今回は近年注目されているネット型医療保険について、朝日生命の『スマイルシリーズ』を解説していきたいと思います。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

「ネット型のメリット、デメリット」

ネット型医療保険は場所・時間を問わず、自分のタイミングでいつでも加入することができるという大きなメリットがあります。
 
しかしその反面、契約内容に関して誰にも相談することができないため、自分自身が必要とする保障内容や保険金額について理解する必要があります。
 
日々を忙しく過ごしていると医療保険への加入などは必要と感じていても、ついつい後回しにしてしまいがちです。
 
ネット型はそうした問題を解決してくれる強力な選択肢ですが、メリット・デメリットをよく把握してから利用するようにしましょう。
 

「医療保険はどう選ぶ?」

医療保険と言っても様々なタイプがあり、自分に合った医療保険はどのようなものか、見極めが大切です。以下に医療保険申し込み時に確認・検討したいポイントを紹介させていただきます。
 

(1)何に備える?

特定の病気に重点的に備えるのか、病気を限定せず様々な事由での入院・通院などに備えるのかを検討しましょう。
 

(2)どの状態で受け取ることができるのか

医療保険では支払事由によって給付金が支払われるタイミングが異なります。診断確定や入院・手術、人工透析療法の実施といった所定の状態になったときなど、どの場合に給付金を受け取ることができるのかを把握しておくことが大切です。
 

(3)受け取り方を確認する

医療保険の給付金には、入院日数に応じて支払われる入院給付金や、支払事由に該当するとまとまった金額が支払われる一時金などがあるので、確認しましょう。
 

(4)保険料・健康状態について

医療保険は、払込期間や被保険者の性別・加入時の年齢によって保険料が異なります。
 
また、医療保険では加入時の健康状態が重要なポイントとなります。
 
健康状態が悪い場合、加入できる医療保険が限られてしまったり、保険料が高くなってしまうなどの問題もありますが、告知内容によってはそもそも加入できない場合もあります。
 
病気になってから医療保険を利用しようとするのではなく、できるだけ健康なうちからの加入を心掛けましょう。
 

「7大疾病をカバー!朝日生命のスマイルセブンSuper」

ここからは、実際に2つの保険について解説をしていきたいと思います。
 
「スマイルセブンSuper(7大疾病保険(返戻金なし型)S)」は、日本人に多い7大疾病(がんと6大疾病(急性心筋梗塞・脳卒中・慢性腎不全・肝硬変・糖尿病・高血圧性疾患))になった場合、まとまった一時金で保障する保険です。
 
がんと診断確定された場合や6大疾病で所定の状態となった場合に7大疾病一時金が、がん・6大疾病それぞれにおいて1年に1回を限度に回数無制限で一生涯受け取ることができます。
 
また、主契約にプラスするオプションとして、7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)Sや先進医療特約(返戻金なし型)Sなどを付加することができ、7大疾病への備えを手厚くすることができます。
 

「様々なリスクに備えるなら!朝日生命のスマイルメディカルSuperワイド」

2つ目は、「スマイルメディカルSuperワイド(引受基準緩和型新医療保険(返戻金なし型)S)」です。
 
「スマイルメディカルSuperワイド」は持病や既往症があっても申し込むことができる引受基準緩和型の医療保険です。
 

注意書き

※この保険は、健康上の理由(持病・既往症)により、通常の保険にご加入いただけない方のために設計された引受基準緩和型の医療保険です。そのため、朝日生命の他の医療保険に比べて保険料が割高となっています。健康状態によっては、「引受基準緩和型新医療保険(返戻金なし型)S」よりも保険料が割安な朝日生命の他の医療保険にご加入いただける場合があります。


 
基本保障は入院給付金日額と、入院一時金(医療費充当給付金)や手術給付金・放射線治療給付金の給付金額が選べる保障との組み合わせで申し込みができます。
 
オプションとして引受基準緩和型先進医療特約(返戻金なし型)Sや、引受基準緩和型通院一時金特約(返戻金なし型)Sなどがあるので安心して療養することができます。
 
この保険では下記2つの告知事項が「いいえ」であれば申し込みできます。仮に2つ目の項目が「はい」でも、病気やケガの内容によっては申し込みできるケースもあります。

注意書き

※告知事項に該当しない場合でも、ご職業、過去の契約状況等によりお引き受けできないことがあります。

 

告知事項

1.最近3か月以内に、医師や歯科医師から入院・手術・放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)をすすめられたことや説明を受けたことがありますか?
 
2.過去1年以内に、入院・手術・放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)を受けたことがありますか?
 
「スマイルメディカルSuperワイド」は、健康状態に不安がある場合の有力な選択肢と言えるでしょう。
 

「まとめ ~創業131年の実績!安心安全の朝日生命~」

 
朝日生命は創業131年の老舗ですが、ネット型の医療保険にもサービスを拡大しています。ネット型は従来の対面型と異なり、時間・場所を選ぶことなく申し込みを行うことができる上、保険料が割安な場合が多いです。
 
しかしその反面、契約者が単独で保障内容を選択する必要があるので保険に関する知識が求められます。
 
医療保険を検討する場合には、それぞれの医療保険がカバーしている保障内容などをよく把握してから申し込むことが大切です。
 
今回取り上げている朝日生命の『スマイルシリーズ』にも『スマイルセブンSuper』と『スマイルメディカルSuperワイド』などのバリエーションがあり、それぞれ強み・特長が異なりますので、必要とする保障内容に合致した医療保険を選ぶようにしましょう。
 
上記は「スマイルセブンSuper」「スマイルメディカルSuperワイド」の特長を記載しています。お申し込みにあたっては「商品パンフレット」「ご契約のしおり(抜粋版)/契約概要/注意喚起情報」「ご契約のしおり‐約款」をご確認ください。
 

 

朝日生命保険相互会社 

朝日生命保険案内デスク:0120-964-581 
営業時間:11:00~20:00(木曜日・年末年始を除く)
 

関連記事

持病や手術を受けたことがあっても加入しやすい保険ってありますか?
7大疾病の治療に備えられる保険ってどんな保険?
生命保険を解約したいと思ったときに知っておきたいこと
 

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?



▲PAGETOP