最終更新日:2019.01.10 公開日:2017.07.03
暮らし

片づけの美学② お片づけを成功させる、ゴール設定と心を潤すご褒美の効用

奥野愉加子

執筆者:

Text:奥野愉加子(おくの ゆかこ)

美学のある暮らし 代表

整理収納アドバイザー認定講師。(photo:キャラバンサライ)
奈良生まれ。大学では生活環境学部にて建築やインテリアを学び、英国インターンや建築設計会社勤務を経て、2011年より愛知県で結婚生活をスタート。長男出産後、夫の赴任で2年間のドイツ生活を経験。帰国後の現在は建築家デザインの家で暮らす、5歳と2歳の男児の母。子育てがひと段落したら、建築や暮らしに関連するような仕事をしたいと考え、「一般社団法人ハウスキーピング協会」の整理収納アドバイザーの資格を取得。認定講師として資格取得のための講座を定期的に主催している。

<美学のある暮らし>

https://www.bigakurashi.jp

詳細はこちら
奥野愉加子

執筆者:

Text:奥野愉加子(おくの ゆかこ)

美学のある暮らし 代表

整理収納アドバイザー認定講師。(photo:キャラバンサライ)
奈良生まれ。大学では生活環境学部にて建築やインテリアを学び、英国インターンや建築設計会社勤務を経て、2011年より愛知県で結婚生活をスタート。長男出産後、夫の赴任で2年間のドイツ生活を経験。帰国後の現在は建築家デザインの家で暮らす、5歳と2歳の男児の母。子育てがひと段落したら、建築や暮らしに関連するような仕事をしたいと考え、「一般社団法人ハウスキーピング協会」の整理収納アドバイザーの資格を取得。認定講師として資格取得のための講座を定期的に主催している。

<美学のある暮らし>

https://www.bigakurashi.jp

詳細はこちら

頑張ったら、ご褒美を。

理想的なゴールに向けて小さなゴールを積み重ねて頑張るというスタイルだけでは動けないという方はいらっしゃいますか?そんな場合は、〇〇が出来たら、おいしいコーヒーを飲む。とか、ケーキを食べる。というような、ワクワクするご褒美をご自分で用意されてはいかがでしょうか。
もしくは、頑張るという宣言をSNSでしてみる、というのもおすすめです。人に伝えると、私たちは、「できなかった」と言いたくないので、無意識に見られているような感覚を持ち、頑張れるという具合です。
そして、ゴールを達成したことを伝えると、お友達から「頑張ったね」や「今度見せて」と声をかけてもらえるはずです。すると、さらに頑張るモチベーションにつながります。
自分を満たすご褒美は、行動を加速してくれるので、ぜひお役立てください。

納得!お片づけにも目的が必要

恥ずかしながら、私の家族を例に、目標の有無で現れる成果の比較をご紹介します。
私には、お片づけの明確な目的があります。それは、小さな子どもたちに家で楽しく奔放に遊んでもらうということで、かつ、自分がイライラしたくない。というものです。そのために、触られては困るモノは高い場所に、目立たない場所に。と考えてお片づけをしています。
一方、私の実家の両親は、明確な目標がありません。母はスッキリ暮らしたいとは言いますが、のどかな地方の広い家に夫婦2人で暮らしていますから、お片づけは差し迫った悩みにはならないようです。モノがあふれている暮らし。それでも家が広い分、置く場所に困らないので、根本的なお片づけをしない暮らしを続けています。
両者には、一見するとお片づけが得意か、そうでないか、や、好き嫌いの差があるように思いますが、実は行動する目的があるか、ないかという違いだけなのです。
皆さんもこのような出来事に、心当たりがありませんか?
ぜひ、お片づけをするときは、目標を設定するところから始めてくださいね。

商品比較
商品比較


▲PAGETOP