2018.01.04 暮らし

『メルカリNow』は手軽・便利・即金:いいこと尽くしなの?

Text : 柴沼 直美

フリマアプリ最大手のメルカリが「メルカリNowを始めました。スマホで売りたいものを撮影するだけで、即時に査定金額が表示され、その額でOKならすぐに登録した銀行口座に振り込まれる仕組ということですが、このメルカリNowはユーザーにとってお年玉プレゼントとなるでしょうか。

手軽・便利・即金:いいこと尽くし

従来のメルカリに比べて即座に不要品を換金できるのが特長で、初日からアクセスが殺到。開始十数分でサーバーが一時ダウンしたとも報道されています。メルカリNowのスキームはスマホで完結し、即金といういいこと尽くしです。アクセスが殺到するというのも納得です。
 
筆者も、不用品などを処分したいと思う時に、わざわざ業者に連絡するとしても、箱詰めをはじめとした手続きなどを考えて、二の足を踏むことがよくあります。
 
こういったユーザーの利用を阻むポイントを解消したサービスで、いいとこ尽くしのように見えます。いいこと尽くしの裏に何か抑制要因はないのでしょうか?

最大の関門は本人確認

メルカリNowで検索しても、出てくるのはやはり本人確認に関わる問題点です。「こちらの情報がうまく読み込めなかったので再送依頼とのメッセージがあった」などといったQ&Aが掲載されていました。
 
すなわち、サーバーや情報保全などの点でほんとうに万全なのか少し不安が残ります。

スムーズに機能するのかしばらく見守りたい

メルカリを運営する側としても、大量に売り物が入ってきて、とりあえずはキャッシュをユーザー側に出すわけですが、その入ってきた中古品はどのようなフローで掃けていくのでしょうか。
 
会社側がキャッシュを受け取るのはその中古品が売れた時点になりますから、その間のタイムラグがどのくらいあるのか? 過去の取引履歴に基づいた査定価格で買い取りを実施するということですが、過去の取引履歴≠将来の取引見込みですから、このあたりも気になるところです。
 
これらのことを考えると、メルカリNowは、お年玉プレゼントになるかどうか? もう少し見守りたいという感じでしょうか。
金融商品と違って「早く買わないと(スキームを使わないと)、買い時を逸してしまう」というものではありませんから。 
 
 
Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

柴沼 直美

Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com

ファイナンシャルフィールドとは?