奨学金の保証制度が変わって学生の負担が増えるって本当?

報道によれば、財務省と文部科学省が2020年春にも日本学生支援機構の貸与型奨学金の保証制度を見直す方向で検討しています。保証人を求める人的保証制度をなくし、延滞時に保証機関が代位弁済する機関保証制度に一本化されます。
 
支援機構にとっては奨学金の回収が確実になりますが、学生の負担は増えることになります。