公開日:2019.07.30 暮らし

友達から「競売物件は市場価値より安く手に入るからお得だよ!」これって本当?

ときどき耳にする競売物件という言葉。通常、不動産を購入する場合は不動産会社などから購入することになりますが、それとは別に裁判所から競売物件を購入するという方法もあります。
 
競売物件は、市場価格より安い価格で手に入るなどの理由で注目を集めていますが、どのように購入し、またどのような点に注意すべきでしょうか?
 
宮路幸人

執筆者:

執筆者:宮路幸人(みやじ ゆきひと)

税理士・AFP その他宅建、マンション管理士資格保有

不動産・相続に強みがあります。会計事務所勤務が長く実務経験が豊富です。フットワ-クが軽くお客様のニーズに応えるよう日々努力しております。また離島支援活動も積極的に行っております。

詳細はこちら
宮路幸人

執筆者:

執筆者:宮路幸人(みやじ ゆきひと)

税理士・AFP その他宅建、マンション管理士資格保有

不動産・相続に強みがあります。会計事務所勤務が長く実務経験が豊富です。フットワ-クが軽くお客様のニーズに応えるよう日々努力しております。また離島支援活動も積極的に行っております。

詳細はこちら

そもそも競売物件とは?

競売物件とは、債務の返済が不可能になった人の土地や建物を、裁判所が入札方式により売却する物件のことを言います。
 
例えば住宅ローンが返せなくなったような場合、金融機関が担保にとっている物件を競売にかけてその代金の回収にあてたりします。土地と建物がセットで売られることもありますし、土地だけや建物だけという場合もあります。
 

おすすめ関連記事

メリット・デメリットってなに?

競売物件のメリットは、なんといっても物件を割安で購入できることでしょう。一般的に競売物件は相場と比較して安く購入できるといわれています。それは、競売物件は購入後の物件に係る諸費用を落札者が負担するためです。
 
不動産会社から買う場合、室内はリフォームされていることが多いのですが、競売物件の場合、現況に問題があっても、そのまま売り出されます。このことを加味して、相場より安く入札価額が設定されているのです。
 
また、競売物件は多様な物件が売り出されるといったメリットもあります。居住用の土地や建物に限らず、事務所や商業用店舗、工場、投資用のビルやマンションなども競売にかけられることがあり、中には掘り出し物もあったりします。
 
では、一方のデメリットはなんでしょうか。一番大きなデメリットは得られる情報が制限されていることでしょう。競売物件は、基本的に購入前に内覧をすることができないため、物件の詳細を把握することができません。
 
また競売物件は不動産会社が物件を説明してくれるわけではないため、「3点セット」と呼ばれる、「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」の三つの資料を読み込み、物件の良しあしを自分で判断しなければならず、どうしても一般の方にはハードルが高く感じられることとなります。
 
また競売物件は、入札までの期間が限られていることがあげられます。入札する場合、短期間の間に競売物件を評価し、判断する必要があります。
 
競売と聞くと値段がつり上がっていくオークションを想像するかもしれませんが、競売は一発入札となります。一度希望価格を決めて入札してしまうと変更や取り消しをすることができません。物件に対する目利きが必要となりますので、これも一般の人には難しく感じられるでしょう。
 
それ以外にも、落札したとしても引き渡しが保証されないなどのリスクがあります。例えば前の所有者が占有している場合は、ご自身で占有解除しなければなりませんし、残置物があった場合、法にのっとった処分の手配や費用が必要となります。
 
以上、競売物件についてのメリット・デメリットについて簡単に確認してみました。入札される場合は、購入後発生する諸費用を考慮することや、上記「3点セット」をよく確認することです。
 
また、内覧をすることはできませんが、どのような周辺環境であるのか実際に現地を視察してみるのもよいでしょう。
 
このようなことをご自分でやるのを大変に感じるなら、競売代行業者に依頼するという手段もあります。費用はかかりますが、競売は不動産のプロでも「3点セット」を十分読んでから入札するといわれています。入札されるときは十分に注意してください。
 
執筆者:宮路幸人
税理士・AFP その他宅建、マンション管理士資格保有
競売不動産取扱主任者
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP