公開日: 2019.08.05 暮らし

新しいキャンプの形「グランピング」その魅力に迫ってみた

いよいよ梅雨も明け、夏ならではの遊びをしたいですよね。夏のアクティビティと言えば「家族でキャンプ!」「山や湖に行くぞー!」というイメージがありませんか?
 
ところが楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区)の「キャンプに関する調査」※によるとちょっとイメージと違ってくるようです。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

1年以内にキャンプに行った人は約1割

この調査でわかったことは「思ったよりキャンプに行く人が少ない」ということです。調査では直近1年以内にキャンプに「行っていない」(87.3%)との回答が最も多く、キャンプに行った人は約1割しかいないようです。けっこうキャンプの記事など見ている気がしていましたが、実態はそんなものなんですね。
 
そのなかでも“20代は、他の年代に比べ、キャンプに行った経験があるという回答が8ポイント以上多かった”とあり、また、「行く予定がある」(15.3%)、「行く予定はないが、行きたい」(31.8%)と回答した人が多いようです。ここからみるとキャンプはファミリーで楽しむというよりは、20代の若い人たちが友達どうしで楽しむもの、というように見受けられます。小さな子どもがいると、山や川で目を離すと危険だったり、トイレなどの設備が整っていないキャンプ場ではお世話が大変かもしれません。ましてや、テントや寝袋で小さな子どもを寝かせるのは抵抗があるのではないでしょうか。
 
直近1年以内にキャンプに行った人に、キャンプ用品はどのように揃えたかを聞いたところ、「購入した」(51.2%)と回答した人が最も多く、次いで「家にあるもので済ませた」(32.3%)「有料で借りた」(28.3%)「無料で借りた」(20.5%)となりました。キャンプは年に1回行くか行かないかなので、借りて済ます人が多いようです。特に女性は、キャンプ用品を「借りた」人が有料・無料あわせて男性より30.9%も高い結果に。女性はキャンプにあまりお金をかけたくないのだと思われます。
 
直近1年以内にキャンプに行った人に、1回のキャンプにかける一人あたりの費用はどのくらいかを聞いたところ、最も多いのは「5000円以上~1万円未満(37.0%)」で、2万円以下が83.5%という結果となりました。なお、1回のキャンプにかける一人あたりの平均費用は1万3150円でした。
 

キャンプ用品を買うのは男性中心。バーベキューは全世代が楽しみにしているキャンプのハイライト!

今後、キャンプに行く予定があるかを聞いたところ、「誘われれば検討する」も含めると、50.1%と半数は行きたいと考えているようです。
 
今後キャンプに行く予定もしくは意向がある人に、自分で購入して持っていきたいアイテムを聞いたところ、全体では、「寝袋」(47.1%)との回答が最も多く、「テント」(43.5%)がそれに続きました。男性では「テント」が20代・40代で平均より10ポイント以上高いのが特徴的で、ほかにも「ランタン」「カセットコンロ」といった回答が多くみられました。女性は全体的に購入意向が低く、女性平均で唯一男性を上回ったのが「皿やコップなどの食器」で、女性30代・60代で50%を越えたぐらいです。男性が張り切って、女性はそれほど興味がない構図が垣間見えます。
 
キャンプでしたいことでは、「バーベキュー」(84.2%)と回答した人が最も多く、特に女性20代で95.8%、30代で94.9%と100%近い回答が得られました。やはりキャンプの醍醐味はバーベキューであり、キャンプに興味のない女性でも楽しみにしているようです。
 

アウトドアでホテル並みのサービスが受けられる「グランピング」に若い女性は興味津々!

キャンプでの不安や心配ごとのトップは「虫に刺されそう」(73.7%)で、続いて「トイレが汚そう」(55.7%)、「シャワーやお風呂に入れなさそう」(48.4%)、「トイレが無さそう」(42.4%)となりました。女性のすべての年代で、男性に比べ「日焼けしそう」が20ポイント以上高くなりました。ここですね!女性にとっては日焼けが問題。もちろん虫や汚いトイレなども避けたいですよね。
 
そんななか女性に支持されているのが「グランピング」。グランピングとは、山野に設置された豪華なテントやロッジに宿泊してホテル並みの快適なサービスを受けながら、自然との触れ合いを楽しむ、ちょっとセレブ感のある新しいタイプのキャンプです。
 
「グランピング」という言葉を知っているかを聞いたところ、「知っている」が45.5%にとどまり、半数が知らないことがわかりました。一方、女性20代では67.1%、30代では71.7%が知っており、アンテナの高さがうかがえます。
 
グランピングを知っている人に、グランピングに行ったことがあるかを聞いたところ、「行ったことがある」はわずか6.6%で、まだまだ知られざるアクティビティのようです。
 
また、「行ったことはないが、行ってみたい」は69.0%と、多くの人が興味を持っていることがわかりました。特に20代では男女とも8割以上が「行ってみたい」と回答しており、豪華なグランピング体験に興味津々なようです。アウトドアでホテル並みの寝室、トイレやシャワーも完備したグランピングは、虫刺されやトイレ、お風呂、さらに日焼けの不安が解消されるので、キャンプにあまり興味がない女性に人気があるのでしょう。まだまだ認知の低いグランピングですが、今後認知が高まれば、さらに人気になるかもしれませんね。
 
※「キャンプに関する調査」(楽天インサイト)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部



▲PAGETOP