公開日: 2020.01.12 暮らし

女性は月にいくらくらいコスメを購入してるの?購入場所の1位はドラッグストア

コスメは女性の必須アイテム。10代からシニアまで、女性にメイクは欠かせませんよね。化粧品といってもピンからキリまでありますが、スキンケアからメイクアップまで、毎月何かと買っているので、かかる金額はばかになりません。富士経済のレポートによると、国内の化粧品市場は2020年に3兆円規模に成長すると予想されています。
 
株式会社ミュゼプラチナムは、全国10代~50代の女性1817人に意識調査を実施しました(※)。コスメにかける金額や買う場所、どんなコスメが欲しいかなどについて調査しています。それでは、早速結果を見てみましょう。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

1ヶ月のコスメ購入金額の平均は、3000円未満が6割

まず、1ヶ月に購入するコスメの平均金額を聞くと、1位「1000円~2999円」(36%)、2位「3000円~4999円」(22%)、3位「5000円~9999円」(12%)となりました。そのほかの価格帯では「500円以内」(12%)、「999円以内」(11%)ですので、3000円未満が約6割、5000円未満で約8割ということになります。
 
どこでコスメを購入しているか聞くと、すべての年代で「ドラッグストア」が1位になりました。生活圏に何店舗かがあって、安い商品が多く、気軽に買えるからでしょう。
 
2位以降は30代前半までが「百貨店・デパート」、30代後半~50代前半までが「通販」、50代後半以上が再び「百貨店・デパート」と年代により違いが見られました。子育て期間は忙しくてデパートに行く暇がないのかもしれませんね。
 
ちなみに、コスメ購入時に一番気にするのは「価格」(26%)、次に「効果」(22%)、「口コミ」(13%)という順になりました。安さや効果はもちろんですが、口コミが大事なようです。多くの人が、コスメの口コミサイトを参考にしているのでしょうね。
 

20代前半より55歳以上のほうが韓国ブランドコスメの購買経験がある人が多い

次に、近年国内で店舗が増えている韓国ブランドのコスメについて、買ったことがあるかと尋ねると、48%が「ある」と答えました。20代前半まででは、買ったことがある人は60%、55歳以上は70%となりました。若い女性には人気があるだろうと思っていましたが、意外と年配の人にも人気があるようですね。
 
購入した人にその理由を聞くと、1位は「安いから」、2位は「口コミがよかったから」、3位は「機能的だから」でした。韓国アイドルはみな美肌ですから、韓国コスメがよさそうな気がするのでしょう。KPOP好きな若者のみならず、2004年頃「冬のソナタ」をきっかけに始まった第一次韓流ブームの世代にも人気のようです。
 
また、リップやチーク、アイシャドウなどポイントコスメを選ぶときに重視する点について聞くと、「色味」(25%)を挙げた人が最も多く、次に「発色」(18%)、「つけ心地」(12%)となりました。
 

テクニック不要で時短できるコスメが欲しい

最後に、今後どのような機能を持ったコスメが欲しいと思うか聞いたところ、1位「テクニック不要のコスメ」(44%)、2位「時短になるコスメ」(41%)、3位「パーソナライズされたコスメ」(15%)でした。
 
忙しい朝に短い時間でさっとメイクできるコスメが欲しいようです。また、自分の肌質や顔立ちに合うコスメも求められているみたいですね。
 
出掛けるときにメイクが面倒くさいと思うこともありますが、ノーメイクでは人前に出られないという人は多いです。メイクひとつで別人になる人もいるように、テクニック次第で誰でも美しくなれる可能性があります。毎月ちょこちょこ出費してしまいますが、女性ならではの特権として、メイクを楽しみたいですね。
 
出典 ※株式会社ミュゼプラチナム「コスメ事情」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

「なるべくお金も手間もかけずに綺麗になりたい」 周りは美容費に月々いくら使っているのだろうか
なんでも揃う便利なドラッグストア、ヘビーユーザーは意外な世代
「毎日のメイクを格上げしたい」ブランドコスメを手軽に安く取り入れるコツ!
 



▲PAGETOP