公開日: 2020.06.02 暮らし

奨学金の返済口座を変更する際の注意点とは?

執筆者 : 柘植輝

奨学金を返済する際、所定の手続きによって返済口座を変更することができます。
 
しかし、奨学金の返済口座の変更にはいくつか注意点があり、不備があると予定通りに変更ができない可能性もあります。なお本記事は日本学生支援機構(JASSO)の奨学金についての解説となります。
 
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。
広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

詳細はこちら
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。
広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

詳細はこちら

奨学金の申し込みから返済までの流れ

奨学金の申し込み(※1・2)から返済までの一連の流れは「予約採用」と「在学採用」とで異なります。それぞれについて確認していきましょう。

(1)予約採用

予約採用とは、奨学金の貸与を受けながら進学したい場合、進学前に貸与の手続きを済ませておく制度です(※3)。予約採用は例年、進学する前年度の8月頃から申し込みの受付が始まります。申し込みは在学中の学校を通じて行うことが通常です。
 
採用候補者として決定された場合、申込期限から2ヶ月程度経つと採用候補者決定の通知が学校を通じて送られてきます(※4)。その後は採用決定通知書をもとに進学先の学校で手続きを行います。
 
すると、4月から6月の間に奨学金が振り込まれるようになり、以後は毎月定期的に振り込まれるようになります。なお、奨学金の返済は通常、貸与が終了してから7ヶ月目より開始されます。

(2)在学採用

在学採用とは、実際に進学してから奨学金の申し込みをする制度です(※5)。在学採用の申し込みの受付は毎年春に行われることが原則ですが、学校によって異なることもあるため、在学している学校に確認するようにしてください。
 
採用が決定されると、申し込みの締め切りからおおむね2ヶ月後より奨学金の振り込みが始まります(※4)。なお、奨学金の返済は基本的に貸与が終了してから7ヶ月目より開始されます。

奨学金の返済口座を変更する方法

奨学金の返済は口座振替によって行います。手数料は無料です。この振替口座は金融機関の窓口、あるいは郵送によって変更することができます。
 
ただし、変更の申し込みをしたからといって、すぐに奨学金の返済口座の変更が行われるわけではなく、1ヶ月から2ヶ月程度かかることが通常です。その間は、従来の口座で返済を続けることになります。

(1)金融機関の窓口で変更

金融機関の窓口で返済口座を変更する場合、事前に日本学生支援機構(JASSO)より申請書を取り寄せて記入し、それを金融機関の窓口に提出します。申請書はJASSOのホームページ、または奨学金相談センターにFAXか郵送で申し込めば取得することができます。
 
なお、一部信用金庫など奨学金の返済を取り扱っていない金融機関もあるため、事前に申し込みを希望している金融機関が対象外でないか確認しておいてください。

(2)JASSOに郵送で変更

郵送で奨学金の返済口座の変更を行う場合も、JASSOのホームページ、または奨学金相談センターにFAXか郵送で申し込んで申請書を取得し、必要事項を記入のうえJASSOに郵送します。
 
ただし、在籍していた学校の窓口へ申請書のコピーを提出することが必要な場合は、郵送での変更に対応していないため、金融機関の窓口に申請書を提出して返済口座の変更手続きを行うことになります。

返済金額の変更について

奨学金は、毎月の返済額を増額(繰上返還 ※6)することはもちろん、減額(減額返還 ※7)や猶予(返還期限猶予 ※8)も可能です。
 
繰り上げ返済は本人の希望に応じて行うことができますが、減額返還や返還期限猶予には災害や傷病、その他経済的な事情によって返還が困難であることの理由が必要です。詳細についてはJASSO奨学金相談センターへお問い合わせください。

Q&A

ここでは奨学金の返済や口座変更についてよくある質問にお答えします。

口座にお金がなくて、引き落としできなかった場合どうしたらいいの?

A 口座の残高不足により返済が行われなかった場合(※9)は、次回の引き落とし日までに、当月分と翌月分のお金を入金しておくことで延滞金が発生することなく振替が継続されます。
 
しかし、それが2回目(※10)および3回目(※11)となると、未納分と翌月分を振り込むだけでは足りず、一定の延滞金(※12)を併せて振替することになります。さらに、4回目からは回収会社からの督促も行われるようになります。(※13)
 
なお、1度でも振替不能が発生すると、次の引き落としまでの間に督促の電話や郵送による通知が届くようになります。
 

口座からお金が引き落とされるのは午前中?

A 奨学金返済の口座振替は原則として毎月27日に実施されます(※14)。実際に口座からお金が引き落としされる具体的な時間については公表されていません。
 
そのため、振替日の前営業日までにお金を口座に振り込んでおく必要があります。実際、JASSOでも前営業日までに返済用の口座へ振り込むよう周知しています。

まとめ

奨学金は返済中の事情に応じて返済額を変更したり、返済口座を変更したりすることができます。奨学金の返済口座などを変更する必要が生じた場合は、JASSOへ早めに申請するようにしてください。
 
[出典]
※1 独立行政法人日本学生支援機構「奨学金に関するよくあるご質問:申込方法と申込時期」
※2 独立行政法人日本学生支援機構「奨学金に関するよくあるご質問:採否結果の通知時期」
※3 独立行政法人日本学生支援機構「予約採用の申込み」
※4 独立行政法人日本学生支援機構「採用通知・振込開始」
※5 独立行政法人日本学生支援機構「在学採用の申込み」
※6 独立行政法人日本学生支援機構「繰上返還の申込方法」
※7 独立行政法人日本学生支援機構「減額返還」
※8 独立行政法人日本学生支援機構「返還期限猶予」
※9 独立行政法人日本学生支援機構「振替不能1回目」
※10 独立行政法人日本学生支援機構「振替不能2回目」
※11 独立行政法人日本学生支援機構「振替不能3回目」
※12 独立行政法人日本学生支援機構「延滞金」
※13 独立行政法人日本学生支援機構「奨学金に関するよくあるご質問:返還の延滞」
※14 独立行政法人日本学生支援機構「口座振替日」
 
執筆者:柘植輝
行政書士

関連記事

奨学金の返還口座変更をする際の注意点とは?
奨学金の返済ができなくて自己破産。知っておきたい奨学金の基本
社会問題化する「奨学金破産」企業や自治体による返還支援制度とは
 



▲PAGETOP