更新日: 2020.12.01 暮らし

ポイント還元ってなに? Go To Eatキャンペーンはこう使おう!

執筆者 : 長崎元

報道などで頻繁に取り上げられているGo To Eatキャンペーンですが、皆さんは利用されたことがあるでしょうか? 現在は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、利用が制限されている地域もあります。
 
ニュースでは「ポイントを不正に取得」や「ポイントを利用して家族でお得にお食事」など、ポイントに関することが多く取り上げられている印象です。では、Go To Eatキャンペーンでいわれている“ポイント”とは何でしょうか?
 
ポイントはどこにたまるのか? それをどのように使うのか? ポイントの仕組みが分からないと利用できないのか?今回は、「Go To Eatキャンペーンのポイントってよく分からない」という人に向けて解説します。
 
(※)執筆当時(2020年10月時点)の情報です。
 
長崎元

執筆者:

執筆者:長崎元(ながさき はじめ)

行政書士/特定行政書士
長崎元行政書士事務所 代表

学校を卒業後、IT企業に就職。約15年勤めた後、行政書士として開業。前職で培ったITの技術と知識を活かし、効率的で、お客様にストレスのかからないサービスを提供している。主な取扱業務は、「許可の取得」や「補助金の申請」。

長崎元行政書士事務所 HP
https://www.office-hnagasaki.com/

長崎元

執筆者:

執筆者:長崎元(ながさき はじめ)

行政書士/特定行政書士
長崎元行政書士事務所 代表

学校を卒業後、IT企業に就職。約15年勤めた後、行政書士として開業。前職で培ったITの技術と知識を活かし、効率的で、お客様にストレスのかからないサービスを提供している。主な取扱業務は、「許可の取得」や「補助金の申請」。

長崎元行政書士事務所 HP
https://www.office-hnagasaki.com/

 

そもそも、Go To Eatキャンペーンって何?

Go To Eatキャンペーンは、感染予防対策に取り組みながら頑張っている飲食店や、食材を供給する農林漁業者を応援するものです。購入価格以上の価値が付く食事券(プレミアム付食事券)を発行したり、次回以降の飲食時に使用できるポイントを付与したりすることで、飲食店利用者の増進を図るものです。
 
■対象となるお店
Go To Eatキャンペーンは、本キャンペーンに登録したお店のみが対象となります。すべての飲食店が自動的にGo To Eatキャンペーンの対象になるということではありません。Go To Eatキャンペーンへの参加登録を行ったお店が対象です。
 
また、飲食店がこのキャンペーンに参加するには、消毒液の用意や換気対策、座席の間隔確保など、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策に取り組んでいる必要があります。
 


 
■キャンペーン期間
2020年10月末時点では、2021年3月末までとなっています。ポイントが付与された場合、そのポイントの利用期限も3月末までとされています。期限内に使い切れるように、うまく調整しましょう。
 

Go To Eatキャンペーンってオンライン予約だけなの?

Go To Eatキャンペーンには2つのキャンペーンが用意されています。1つは、報道でよく見かける、予約来店によりポイントが付与される「オンライン飲食予約」と呼ばれるキャンペーン。もう1つは「食事券」を用いる「プレミアム付食事券」と呼ばれるキャンペーンです。
 


 
■キャンペーン(1) オンライン飲食予約
これは、Go To Eatキャンペーンに参加している全国13の事業者が運営する予約サイトを通じて、飲食店の予約・来店を行うと、次回以降の飲食に利用できるポイントが付与されるものです。
 

 
上の予約サイトを使って、飲食店の予約を行い、実際に来店するとポイントが付与されます。付与されるポイントの種類は、利用したサイトによって異なりますが、次回、Go To Eatキャンペーン参加店で飲食する際に利用できる、という点は同じです。
 
例えば、食べログを利用すると“T-POINT”が付与されますが、これは次回の「食べログのネット予約でのみ」利用可能です。今回、ぐるなびを利用して得たポイントを、次回、食べログのお店で使うことはできません。ポイントの種類が異なると利用できない点は十分にご注意ください。
 
《例》
ぐるなびを利用する ⇒ ぐるなびポイントが付与される
食べログを利用する ⇒ T-POINTが付与される。
 
ぐるなびポイントを、T-POINT利用可能なお店では使えません。
 
また、Go To Eatキャンペーンで得たT-POINTは、このキャンペーン以外の利用には使えません。ご注意ください。多くの予約サイトは自身のIDを作成する必要があるので、使う予約サイトは1つ、もしくは数個程度に抑えておくと、混乱しなくて良いと思います。
 
また、1回の飲食代が1名につき1000円以下の場合も、ポイントが付与されないといった条件もあります。このようなポイント付与の条件や、付与されたポイントの有効期限などは、予約サイトに書かれているので、事前に確認しておくことをお薦めします。
 
■キャンペーン(2) プレミアム付食事券
これは、販売額の25%を国が負担する食事券です。よって、1万円で、1万2500円分の食事券が購入できます。この食事券は、オンライン予約と同じく、Go To Eatキャンペーンに参加している飲食店で利用できます。
 
食事券を使用した場合、おつりはでません。
 
例えば、800円の食事をして、1000円分の食事券で支払った場合、200円のおつりは返ってきません。1200円の食事をして、1000円分の食事券と併せて、200円の現金で支払うことは可能です。
 
食事券の購入場所は、地域ごとに異なります。以下の農林水産省のホームページ(※)に販売する事業者の一覧が掲載されており、それぞれの購入方法についても書かれています。
 
一例として神奈川県では、次の方法によりプレミアム付食事券を購入することができます。
 
(1)LINE:LINEを使って電子クーポンの形式で購入できます。
(2)コンビニ:全国のローソン・ミニストップ・セブンイレブンで購入することができます。

 
取り扱うコンビニの種類は今後変わる可能性があります。レジでの購入の他、備え付けの端末からの購入も可能となっています。こちらは、“紙“によるチケットになります。
 
なお、非常に重要な点となりますが、オンライン予約キャンペーンと、プレミアム付食事券キャンペーンはそれぞれ別物です。オンライン予約キャンペーンで付与されたポイントを、食事券代わりに使用することはできません。
 
登録されているお店も、オンライン予約とプレミアム付食事券では異なります。この2つのキャンペーンは、完全に別物と考えたほうが良いでしょう。本キャンペーンに登録されているお店は、感染予防対策がとられているお店ですが、ご自身での対策も忘れることなく、外食を楽しく利用しましょう。
 
(※)農林水産省「Go To Eat キャンペーン」
 
執筆者:長崎元
行政書士/特定行政書士
長崎元行政書士事務所 代表