最終更新日: 2021.03.04 公開日: 2021.03.05
暮らし

コロナ禍でメイク用品にお金をかけなくなった?マスク生活でのメイク事情

日本で新型コロナウイルスの感染者が確認されて1年以上が経ち、私たちの生活にマスクは不可欠のものとなりました。顔の半分以上が隠れるマスクをしているため、メイクをしなくなった、もしくはアイメイクしかしなくなった、という女性も多いことでしょう。
 
株式会社キャリアデザインセンターは、「女の転職type」会員736名を対象に「オフィスメイクどうしてる?」をテーマに調査を実施しました(※)。みんな、オフィスメイクはどうしているのでしょう? マスクの下もバッチリメイクをしているのでしょうか。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

職場でメイクするのは約9割だが、メイク時間はコロナ前より短くなっている

職場でメイクをしているかと聞いたところ、「はい」は88.3%で、9割近くの人がメイクをしていると回答しました。やはり、仕事に行くときはメイクをするのが社会人のマナーですね。
 
平日のメイクにかける時間を聞いたところ、コロナ前では「10~15分未満」(29.5%)が最も多く、次いで「15~20分未満」(21.9%)、「5~10分未満」(19.3%)となりました。
 
一方、コロナ禍の現在では「5~10分未満」(29.9%)、「10~15分未満」(24.2%)、「5分未満」(16.4%)の順でした。コロナ禍ではメイク時間が短くなり、10分未満でメイクする人がコロナ前の25.1%から46.3%と大きく増えました。コロナ前よりメイクが適当になっているのかもしれませんね。さらに「メイクをしない」という人も3.0%から6.1%に増加しました。
 

コロナ禍ではマスクで隠れる口紅やチークを塗らなくなった人が多い。逆にアイメイクに力を入れる人も

コロナ前とコロナ禍で、メイクの仕方は変わったかと聞いたところ、「口紅(グロス)を塗らなくなった」(70.1%)が圧倒的に多く、次いで「チークを塗らなくなった」(46.3%)となりました。
 
これらはマスクで口と頬が隠れるので不用という人が多いようです。さらに、「ファンデーションを塗らなくなった」(24.6%)という回答も多く見られました。一方、目は出ているので、「アイメイクだけになった」(22.6%)という人もいました。
 

コロナ禍では1ヶ月のメイク用品代はプチプラに

1ヶ月のメイク用品代(基礎化粧品含む)を尋ねたところ、コロナ前では「1000円~2000円未満」が19.8%と1位で、2位は「2000~3000円未満」と「3000円~5000円未満」が同率で19.3%でした。
 
コロナ禍においては、1位は「1000~2000円未満」で22.7%と、コロナ前より2.9%増え、2位「500~1000円未満」(21.1%)はコロナ前の12.5%から8.6%も増えています。3位は「3000~5000円未満」(14.8%)で、コロナ前より4.5%減っています。
 
コロナ禍では「1000円未満」のプチプラコスメがコロナ前の17.7%から33.9%と倍近く増えており、メイクにかける予算が減っていることが分かります。在宅勤務のときはノーメイクという人も多いと思われ、化粧品の減りが遅いため、メイク用品を買うサイクルが長くなっているかもしれませんね。
 

職場でのノーメイクは半数は気にしないが、メイクは最低限のマナーと考える人も多い

職場でノーメイクの女性をどう思うか聞いたところ、半数近くの48.3%が「なんとも思わない」と回答。続いて「あまりよくないと思う」が34.1%となっており、「いいと思う」(14.5%)より2倍多い結果となりました。
 
「あまりよくないと思う」と思う理由は、「最低限のマナーだと思うから」「血色が悪く見える」「化粧は自分のためにするのではなく、見る人に不快感を与えないようにするものだと思う」といった意見が見られました。特に接客業であればメイクするのはマナーといえるのかもしれません。
 
新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、これから暖かい季節を迎えることもあって、コロナ禍の終息を期待します。一日でも早くマスクなしでメイクが楽しめる日が来るといいですね。
 
[出典]
※株式会社キャリアデザインセンター「約半数の女性が10分以内でメイク完了! コロナ禍でメイクにかける時間も予算も削減/『女の転職type』が働く女性にアンケート【第20回】」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

年収1000万円を超える人は、日本にどれくらいいる?
生活保護を受けられる主要4つの条件とは
1万円チャージした「Suica」をなくしてしまった・・それでも残額が保護される裏技