最終更新日: 2021.03.05 公開日: 2021.03.07
暮らし

インターネットで物を買うときに重視することは?みんなの購入頻度はどれくらい?

インターネット通販が身近になってきた今。さまざまな理由から、複数の通販サイトを使い分けている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そんなネット通販の使い分けについて、株式会社ドゥ・ハウスが発表した「ECサイトの使い分けに関する調査結果」(※)を見てみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

ネット通販でモノを買う時、もっとも重視するのは?

この調査は、全国20代から60代の男女を対象に行われたもの。まず、ネット通販をする際に重視するポイントを見てみましょう。
 
【インターネットサイトで購入する際に重視していること(複数回答)】
1位:商品の価格 82.9%
2位:送料・手数料 78.2%
3位:品揃え 47.9%
4位:商品のスペック 35.0%
5位:ポイントの還元率 34.7%
6位:配送の早さ 25.1%
7位:レビュー・口コミ 23.4%
8位:サイトの見やすさ 23.1%
9位:キャンペーン情報 21.4%
10位:扱っているブランド 16.8%
 
TOP10は上記の結果に。ダントツで重視されているのは「商品の価格」「送料・手数料」でした。通販サイトを選ぶ際、ある品物を手に入れるのにトータルでいくらかかるのか、ということがもっとも重視されているということがわかります。
 
買ったものはなるべく早く手元に届いてほしいという人が多いと思いきや、配送の早さに関してはそこまで重視されてない様子。ある程度品数がそろっていて、商品の品質もそこそこ保たれ、ポイント還元もあった上で、なるべく安く買えるサイトを決める人が多いという結果になりました。
 

複数のネット通販を使い分ける理由とは?

では次に、複数のネット通販の使い分けについて見てみましょう。
 
【普段、商品を購入する際にインターネットサイトを使い分けているか】
・意識して使い分けている 30.8%
・なんとなく使い分けている 44.1%
・使い分けていない 25.1%
 
使い分けている人は合計でおよそ75%、使い分けていない人はおよそ25%という結果になりました。
 
使い分けている人は、「セールやポイント倍増等の時に使い分けている」「送料が安かったり、ポイント還元率が高かったりと、それぞれに強みがあるため」「価格、ポイント、送料価格、到着日数により使い分けをします」などの理由で、使い分けをしていることがわかります。
 
いっぽうで、使い分けていない人からは、「ポイントをためているサイトが限られるから」「面倒だから」「サイトごとに個人情報を登録することが不安だから(漏洩など)」という理由が挙がりました。
 
この調査から、4人に3人は、最初の質問で1位と2位だった「商品の価格」「送料・手数料」をあわせたトータルの支払額を抑えたり、5位の「ポイントの還元率」を考慮したりして、複数の通販サイトを使い分けているということがわかります。
 
そこまでするのは面倒だし、個人情報も不安だし、ポイントを一元化したい……という人は、使い分けをしていないということになりそうです。
 

ほぼ毎日買っている人も! ネット通販の頻度について

最後に、ネット通販での購入頻度を見てみましょう。
 
【普段、インターネットサイトで購入する頻度】
1位:月2~3回 21.8%
2位:月1回 18.9%
3位:2~3ヶ月に1回 16.1%
4位:ほぼ毎日 10.1%
5位:週1回 9.2%
 
5人に1人は、月に2回から3回ネット通販で買い物をしていることがわかります。週に1回以上買うという人は、およそ4人に1人という結果に。意外にみなさん、頻繁にネット通販を利用しているようです。
 
普段、インターネットサイトで購入している商品を問う項目では、「日用品」「書籍」「家電」「衣料品」などが多く挙がっていました。
 
インターネットがより身近になった今、これからもネット通販は便利に進化していくことが予想されます。今後どのようなサービスが生まれるか、楽しみですね。
 
[出典]
※株式会社ドゥ・ハウス「複数のECサイトを意識して使い分けている人は3割」(@Press ソーシャルワイヤー株式会社)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

年収1000万円を超える人は、日本にどれくらいいる?
生活保護を受けられる主要4つの条件とは
1万円チャージした「Suica」をなくしてしまった・・それでも残額が保護される裏技