最終更新日: 2021.03.18 公開日: 2021.03.20
暮らし

デート代、男女で支払う金額にどれくらい差がある? 年齢や年収での違いとは

カップルでさまざまなところに出かけたり、食事をしたりして楽しむ時間はこの上ないもの。そんなデートですが、「毎回割り勘派」という人もいれば、「なんとなくどっちかが多めに払っている」という人もいるのではないでしょうか。

実際、世間のデート代の支払いはどうなっているのでしょう。男女差や年収での差など、リーディングテック株式会社が発表した「デート代実態調査」の結果(※)をひもといてみます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

男女差は確かに存在した! デート代の平均金額とは

この調査は、異性とデートをしたことがある全国の18歳以上の男女2450人(うち有効回答1200人)を対象に行われたものです。さっそく、デート代の金額から見てみましょう。
 

【1回あたりのデート代】

1位:5000円~6000円 22.4%
2位:1000円未満 17.9%
3位:3000円~4000円 16.9%
4位:2000円~3000円 14.5%
5位:1万円~1万1000円 9.5%
→平均値:4041円

 
TOP5は上記の結果に。もっとも多かったのは「5000円~6000円」という回答でした。また、およそ半数の人は4000円以下に収めているということもわかります。
 
いっぽうで、6000円以上と回答した人の合計は、約16%。毎回のデートに高いお金をかけている人は少数派といえそうです。
 
では、男女別に見た平均金額はいくらになるのでしょうか。
 

【1回あたりのデート代の平均値】

・男性:6805円
・女性:2612円

 
なんと、4000円以上の差が開きました。一般的に男性のほうが女性より多くの金額を払っているということがわかります。
 
実際に、主な支払者は以下のような結果に。
 

【デート代は誰が支払うか】

・割り勘 30.1%
・男性が多めに支払う 50.4%
・男性が全額払う 17.8%
・女性が多めに払う 0.8%
・女性が全額払う 0.9%

 
半数の人が、デート代は男性が多めに払うと回答しています。どうりで、先ほどのような金額差が出るわけですね。割り勘派は3割。さらに男性が全部払うという人も2割近くいることがわかります。女性が多めに払ったり女性が全額払ったりするケースは、かなりの少数派ということに。
 
また、この回答を年代別に見てみると、ちょっとおもしろい傾向が見えてきました。
 

【「割り勘」と回答した率(約)】

・10代 約40%
・20代 約35%
・30代 約30%
・40代 約20%
・50代 約20%

 
年齢が若くなるにつれ、割り勘派が増えていることがわかります。近年における女性の社会進出や男女平等の風潮が、若い世代には当たり前のように受け入れられているのかもしれません。
 

年収とデート代は比例する?

デート代というものは、いわゆる身の丈にあった金額になるものなのでしょうか。年収とデート代の関係が気になります。
 

【本人年収別:デート代平均金額】

・年収100万円未満 2251円
・年収100万円台 3357円
・年収200万円台 3998円
・年収300万円台 4956円
・年収400万円台 6432円
・年収500万円台 5689円
・年収600万円台 5741円
・年収700万円台 7500円
・年収800万円以上 8803円

 
年収500万から600万円台で少し落ちるものの、やはり年収が上がるにつれてデート代も上がるという結果になりました。デートだからといって無理に背伸びはせず、みなさん懐を痛めすぎない程度にお金を使っているということがわかります。
 

未婚と既婚でもデート代に差が出る

最後に、未婚と既婚でデート代にどのような違いが出るのかを見てみましょう。
 

【性別・婚姻状況別:デート代平均金額】

<既婚>
・男性 6116円
・女性 2233円
 
<未婚>
・男性 7357円
・女性 3142円

 
男女ともに1000円ほどの差ではありますが、未婚者より既婚者のほうがデート代を抑えているという結果に。結婚して生活をともにしている相手だけに、そこまで肩肘をはらずリーズナブルにデートを楽しむという考えが生まれるのかもしれません。
 
今回の調査でわかったことは、デート代は男性のほうが多めに払うケースが多く、既婚者より未婚者のほうがデート代が高いということ。さらに、デート代は自分の年収に見合った金額になっているということ。
 
時間が経って割り勘派がもっと増えてくると、男女の金額差もかなり縮んできそうですね。今後の調査にも注目です。
 
※リーディングテック株式会社「デート代平均は男性が6805円、女性が2612円|デート代実態調査」(株式会社共同通信ピー・アール・ワイヤー)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

年収1000万円を超える人は、日本にどれくらいいる?
生活保護を受けられる主要4つの条件とは
1万円チャージした「Suica」をなくしてしまった・・それでも残額が保護される裏技