更新日: 2022.06.17 ローン

auユーザー必見! auじぶん銀行の住宅ローンがお得な理由

auユーザー必見! auじぶん銀行の住宅ローンがお得な理由
auのスマートフォンを利用している人のなかには、au回線の契約と連動して受けられる住宅ローンの金利優遇サービスがあることを、知らない人も多いのではないでしょうか。auじぶん銀行の住宅ローンでは、auユーザー向けの金利優遇を実施しており、一般の利用者より低い金利で借り入れができます。
 
ここでは、auじぶん銀行のauユーザー向けサービスやその他のメリット、注意点などをまとめました。住宅ローンの検討に、ぜひ活用してください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

%

※全期間引下げプラン

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

auユーザーはauじぶん銀行のローンがお得

auじぶん銀行の住宅ローンがauユーザーにとってお得になる最大の理由は、auユーザー向けの優遇金利の設定があることです。
 
ネット銀行であるauじぶん銀行の住宅ローンは、一般銀行の住宅ローンと比較すると、金利が低い傾向にあります。加えてauユーザーであればさらに低い金利で借り入れができるため、毎月の返済額や総返済額を抑えることが可能です。
 
auじぶん銀行の基本の住宅ローン金利と、auユーザー向けの優遇金利の詳細を見てみましょう。

 

auじぶん銀行の住宅ローン金利

auじぶん銀行の金利プランは大きく「全期間引下げプラン」と「当初期間引下げプラン」に分かれています。
 

■全期間引下げプラン

借入期間全体にわたって借入金利が引き下げられるプラン。当初期間引下げと比べて、固定期間中の金利が高く固定期間終了後の金利が低い。

 

■当初期間引下げプラン

当初期間の金利引き下げ幅が全期間引下げよりも大きい代わりに、当初期間終了後の金利は全期間引下げよりも高いプラン。

 

auユーザーの優遇金利

auじぶん銀行の住宅ローンには「auモバイル優遇割」の設定があり、au回線契約者は一般申込者の適用金利から年0.07%引き下げられた金利が適用されます。auモバイル優遇割の適用条件は、次のとおりです。
 

●auじぶん銀行口座に登録されたau IDが家族割プラスに加入していること
●家族割プラスの対象回線がauじぶん銀行に登録されたもの以外に1回線以上あること
●auじぶん銀行が提示する規約に同意すること
●住宅ローン契約手続申込完了日までにauモバイル優遇割の適用手続きが完了していること

 
また、 KDDIがじぶん銀行住宅ローン利用者向けに提供する電気サービス「じぶんでんき」を契約している人であれば、さらに0.03%の引き下げが適用されます。

 

住宅ローンの返済シミュレーション

auじぶん銀行で借り入れをした場合、毎月の返済額と総返済額はどのくらいになるのでしょうか。ここでは通常の金利で借り入れた場合とauモバイル優遇割が適用された場合について、それぞれ試算してみましょう。
 

《共通条件》

●借入額:2000万円
●借入期間:35年
●返済方式:元利均等方式
●ボーナス返済:なし
●借入期間中の金利の変化はないものとする

 

auユーザー以外の金利

auモバイル優遇割の適用を受けない場合の、変動金利および全期間引下げ固定金利の毎月の返済額と総返済額は、図表1のとおりです。
 
図表1

当初金利 毎月の返済額 総返済額
変動金利 0.410% 5万1125円 2147万2498円
全期間引下げ10年固定 1.640% 6万2617円 2629万9227円
全期間引下げ35年固定 2.230% 6万8637円 2882万7566円

※auじぶん銀行「住宅ローンシミュレーション」による概算値です。
※記事作成時の金利でシュミレーションを作成しております。住宅ローンの金利は毎月変動する可能性がございます。
最新金利でのシュミレーションは各金融機関のHPにてご確認ください。
 
同じ全期間引下げプランでも、金利や借入期間の長さによって、総返済額には大きな差が生じることが分かります。変動金利と35年固定金利では、その差は700万円以上にもなる可能性があります。

 

auユーザー向けの金利

auモバイル優遇割が適用された場合、金利プランごとの毎月の返済額と総返済額は、図表2のとおりです。
 
図表2

当初金利 毎月の返済額 総返済額 auユーザー以外との
総返済額の差額
変動金利 0.340% 5万515円 2121万6201円 -25万6297円
全期間引下げ10年固定 1.570% 6万1924円 2600万8308円 -29万919円
全期間引下げ35年固定 2.160% 6万7906円 2852万534円 -30万7032円

※auじぶん銀行「住宅ローンシミュレーション」による概算値です。
※記事作成時の金利でシュミレーションを作成しております。住宅ローンの金利は毎月変動する可能性がございます。
最新金利でのシュミレーションは各金融機関のHPにてご確認ください。
 
このケースでは、金利優遇によって適用される金利が下がった結果、総返済額が25~30万円程度抑えられることがわかります。元の借入額が大きく返済期間が長いほど、優遇を受ける場合と受けない場合の差額は大きくなる計算です。

 

auじぶん銀行の住宅ローンには他にもメリットがある

auじぶん銀行の住宅ローンには、auユーザーが優遇金利の適用を受けられることに加えて、次のようなメリットもあります。
 

●「一般団信」と「がん50%保障団信」が無料で選択できる
●ネットのみで申し込みが完結できる

 
住宅ローンの選択基準として、保証の充実や利用時の利便性を重視している人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。それぞれ、詳しく解説します。

 

「一般団信」と「がん50%保障団信」が無料

住宅ローンの借り入れをする際には、ほとんどのケースで、死亡や一定の病気・ケガなどで返済できなくなったときの保障として、団体信用生命保険(以下、団信)への加入を求められます。
 
団信の保険料は、スタンダードな内容の団信は無料、保障内容を拡大したものは金利に上乗せ、というのが一般的です。しかしauじぶん銀行の住宅ローンでは、スタンダードな「一般団信」に加えて、がんと診断されたときに残高の半分を保障する「がん50%保障団信」も無料で選択できます。
 
また、auじぶん銀行の住宅ローンは有料の団信の種類も多彩なので、自身のニーズに合わせて充実した保障を受けられるという魅力もあります。auじぶん銀行の住宅ローンで選べる団信の種類と保障内容、費用は、図表3のとおりです。
 
図表3

団信の種類 保障内容 費用
一般団信 死亡、所定の高度障害状態、余命6ヶ月以内と判断された際に住宅ローン残高相当額を保障。 なし
がん50%保障団信 ・一般団信と同様の保障
・すべての病気、けがで継続入院180日以上となったときに住宅ローン残高相当額を保障
・がんと診断されたときに住宅ローン残高の50%を保障
・すべての病気、けがで入院30日以上となったとき、以降入院日数が30日に達するごとに毎月の住宅ローン返済額を給付
なし
ワイド団信 健康上の理由で一般団信に加入できない人を対象にした、引き受け範囲を拡大した団信。保障内容は一般団信と同様。 金利+0.3%
がん100%保障団信 ・一般団信と同様の保障
・すべての病気、けがで継続入院180日以上となったときに住宅ローン残高相当額を保障
・がんと診断されたときに住宅ローン残高相当額を保障
・すべての病気、けがで入院30日以上となったとき、以降入院日数が30日に達するごとに毎月の住宅ローン返済額を給付
金利+0.2%
11疾病保障団信 ・一般団信と同様の保障
・がんと診断されたときに住宅ローン残高相当額を保障
・特定の生活習慣病で継続入院180日以上となったときに住宅ローン残高相当額を保障
・がん診断時、入院時、がん先進医療を受けたときに一時金を給付
金利+0.3%

 

申し込みはネットのみで完了

auじぶん銀行はオンラインで営業を行うネット銀行のため、仮審査の申し込みから本審査の結果が分かるまで、申し込みに必要なすべての手続きが、インターネットで完結できます。
 
必要事項はパソコンやスマートフォンの画面上で入力し、必要書類はアップロードして提出可能です。また、審査の結果はメールで届くため、店舗の営業時間などを気にすることなく、時間が空いたときに申込手続きや結果の確認ができます。
 
仕事をしていて日中の時間が空けづらい人や、忙しくてなかなかまとまった時間を作れない人でも、申し込みをしやすいでしょう。

 

auじぶん銀行の住宅ローンの手続き

auじぶん銀行の住宅ローンの申し込み手続きでは、専用の住宅ローンマイページを登録し、ページ上で必要事項の入力や提出物のアップロード、通知の確認などを行います。申し込みをする前に、必ずマイページの登録手続きを行いましょう。
 
マイページの登録ができたら、次の流れで手続きを進めます。
 

  • 1.auじぶん銀行の口座を作る
  • 2.仮審査を申し込む
  • 3.本審査を申し込む
  • 4.契約手続きと最終意思確認

 
それぞれ詳しく説明します。

 

auじぶん銀行の口座を作る

auじぶん銀行住宅ローンは、返済口座がauじぶん銀行の口座に限定されています。そのため、口座を持っていなくても仮審査・本審査へは申し込めますが、本審査完了時には口座の解説を終えている必要があります。口座の開設には約2週間かかるため、auじぶん銀行口座を持っていない人は、早めに口座開設の手続きをしましょう。
 
auじぶん銀行では、口座の開設もWEBやアプリを使ってオンラインで手続き可能です。事前にauじぶん銀行の口座を所持していると、住宅ローンマイページ登録時に口座登録情報を引き継げるため、手続きが楽になります。
 

《用意するもの》

●本人確認書類(運転免許証、個人番号カード、健康保険証など)

 

仮審査を申し込む

auじぶん銀行の住宅ローンでは本審査の前に仮審査が行われ、申込者が申告した内容をもとに、融資の可・不可が判断されます。申告する内容は、主に次のようなものです。
 

●借入希望額
●毎月返済額
●勤務先情報
●家族の情報(年齢など)
●対象物件の情報(担保、所在地、面積、構造など)
●他社からの借り入れの情報

 
情報が分かる書類などを手元に用意しておくと、入力がスムーズです。
 
仮審査の申込後には、団信の申し込みと告知も行います。
 

《用意するもの》

●申告情報について確認できる書類など

 

本審査を申し込む

仮審査が終わると、審査完了の通知が、登録したメールアドレス宛に届きます。住宅ローンマイページ上で結果を確認しましょう。
 
仮審査を通過したら、仮審査の結果画面から本審査を申し込めます。必要な書類を用意して、パソコンやスマートフォンでアップロードすると、本審査の申し込みは完了です。書類は、FAXや郵送でも送付できます。
 
必要な書類の種類は収入や対象物件、借入金額などの条件によって詳細に決められているため、必ず事前に確認して抜けのないように揃えましょう。
 

《用意するもの》

●本人確認書類:住民票の写し(マイナンバーのないもの)、運転免許証またはパスポート、健康保険証
●収入証明書類:源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書など
●物件に関する書類:売買契約書、需要事項説明書など
●その他必要な書類

 

契約手続きと最終意思確認

本審査の完了通知も、登録メールアドレス宛に届きます。結果は、住宅ローンマイページで確認しましょう。結果を確認したら、その画面から契約手続きに進められます。
 
契約手続きでは、借入希望日、借入金額、金利タイプなどを入力する必要があります。不動産会社の担当者に、引渡日(=借入日)などを確認しておきましょう。また、借入日の3営業日前までに、借入金の振込先の情報が分かる書類の提出が必要です。
 
契約内容を送信すると、最終意思確認の電話がかかってくるため、対応すれば契約手続きは完了です。このあとは、振込日までに、auじぶん銀行が選定した担当司法書士と、抵当権設定のための面談をする必要があります。
 

《用意するもの》

●振込先情報が分かる書類
●抵当権設定に必要な書類(印鑑登録証明書、住民票の写し、権利証、本人確認書類など)と実印

 

auじぶん銀行の住宅ローンの注意点

auじぶん銀行の住宅ローンは、オンラインでいつでも申し込みができ、auユーザーならば金利の優遇も受けられるなど、メリットの多い住宅ローンです。ただし、金利の低さだけを理由に契約すると、借入時にかかる事務手数料などの諸費用が思ったよりも高い場合があるため、注意しましょう。
 
住宅ローンの条件を比較する際には、諸費用も含めたトータルの金額をシミュレーションしてみるのがおすすめです。
 
また、auじぶん銀行の住宅ローンの申し込みにあたっては、以下の点にも注意する必要があります。
 

●審査が厳しい
●povo契約者は基本的には優遇対象外

 
それぞれ解説します。

 

審査が厳しい

auじぶん銀行の住宅ローンにはインターネットで手間なく申し込めるために、借り入れのハードルも低そうなイメージがあるかもしれません。しかし、他の銀行の住宅ローンと同じように、返済能力があるかどうかを判断する厳格な審査基準をクリアしなければ、借り入れできないため注意しましょう。
 
例えば、次のような人は審査の通過が難しい可能性があります。
 

過去に他社借入の延滞や、債務整理などの履歴がある

収入が少ない、安定していない

 

「povo」申込者は原則優遇対象外

auモバイル優遇割の適用条件のひとつに、家族割プラスへの加入があります。2021年9月29日より提供されている「povo2.0」は家族割プラスにカウントされないため、povo2.0のユーザーはauモバイル優遇割の適用を受けられません。
 
povo2.0への移行により受付を終了した「povo1.0」は家族割プラスにカウントされる早期申込特典が適用されているため、auモバイル優遇割の対象です。ただし、povo2.0に変更すると優遇対象外となるため注意しましょう。

 

auじぶん銀行の住宅ローンのQ&A

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴を知って、選択肢に加えようと考えた人も多いのではないでしょうか。最後に、auじぶん銀行の住宅ローンへの申し込みを検討している人がよく抱く次の3つの疑問について、Q&A方式で回答します。
 

●auユーザー以外も申し込めるか
●申し込みの年齢制限はあるか
●店舗での申し込みは可能か

 

auユーザーでなくても申し込めますか?

auじぶん銀行の住宅ローンは、auユーザー以外も申し込みできます。ただし、auユーザーになると、auモバイル優遇割りによって金利が0.07%低くなるため、住宅ローンの申込前に、キャリアの変更を検討してもよいかもしれません。

 

年齢の制限はありますか?

auじぶん銀行の住宅ローンに申し込めるのは、満20歳以上満65歳未満の人と決められています。
 
また、満80歳の誕生日が、返済が完了するタイミングの上限です。そのため、45歳の誕生日以降に借り入れをすると、最長の借入期間が上限の35年よりも短くなります。

 

ローンの申し込みは店舗でもできますか?

店頭での住宅ローンの相談や申し込みは、auの直営店au Styleで開催される住宅ローン相談会で受け付けています。開催エリアは限られますが、インターネットでの手続きに自信がない場合や、対面で相談をする方が安心感があるという人は、参加を検討してみましょう。

 

auユーザーならauじぶん銀行の住宅ローンがおすすめ

auじぶん銀行の住宅ローンは、auユーザーであれば-0.07%の金利優遇が受けられるという、大きなメリットがあります。また、オンラインでいつでもどこでも申し込める点、無料の団信でも保障内容が充実している点も魅力でしょう。
 
現在、auのモバイル回線を契約している人や、auへの乗り換えを検討している人は、住宅ローンの選択肢にauじぶん銀行を加えてみてはどうでしょうか。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

住宅ローン 金利別ランキング ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

住宅ローン 金利別ランキング

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

%

※全期間引下げプラン

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード

住宅ローンランキング表はこちら