看護師の転職対策!面接では自己紹介で差別化しよう |ファイナンシャルフィールド

看護師の転職対策!面接では自己紹介で差別化しよう

齋藤里香

キャリアコンサルタント、訓練対応キャリアコンサルタント

大学卒業後、国内・国外メーカーに勤務。2社の起業も経験。   現在は、フリーランスのキャリアコンサルタントとして、公的機関、企業、個人を対象に目標実現に向けた支援に取り組む。メンタルトレーニングやコーチングも対応。   ビジネス、自己啓発セミナー講師としても活躍中。   「人はみな価値のある存在」学生へのキャリア教育、就職転職相談、働き方改革、女性活躍推進、老後の生き方など、すべての方へ理解と敬意を持って対応いたします。

執筆者の詳しい情報はこちら
看護師の離職率は約10.7%(2018年度)と言われています。看護師として就職しても、何年か経過するとさまざまな理由で転職を考える場合があります。どのような病院に勤務するにしても、避けられないのが面接試験。面接は合否に直結します。中でも、自己紹介は面接をスムーズにすすめていくためにも重要です。他の人たちと差別化できるように、事前に、しっかりと対策を立てていきましょう。

今回は面接試験で好印象を持たれる自己紹介について、解説していきます。ぜひ参考にしてください。

【看護師転職者向け】面接での自己紹介について

面接の冒頭では、「まず、簡単にあなたの自己紹介をしてください」と言われることも少なくありません。しかし、改めて自己紹介と言われると、どのように答えてよいのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。アタフタしないためにも、ポイントを押さえて、自分らしく回答できるよう、準備しておきましょう。


自己紹介と自己PRの違い

ときどき、自己紹介と自己PRとをごちゃ混ぜにして理解している方がいます。面接の中で両方とも尋ねられることもあるので、ここで一度整理しておきましょう。

まず、自己紹介とは初対面の方へのあいさつという意味も込めて、自分自身について簡単に話すことです。例えば、氏名、所属、専門分野、趣味など。ハキハキとした大きな声で話し、相手に自分自身を印象付けましょう。

一方、自己PRとは自分自身の長所や強みをアピールすることです。応募先の職場の様子を把握して、いかに転職先で自分が必要な人材であるかという点を述べます。この際にはこれまでの経験を踏まえて、自分の強みなどと関連付けて述べるとよいでしょう。


自己紹介で伝えるべきこと

実際に、看護師の転職者向けの面接試験において、自己紹介で伝えることは以下の点です。

自己紹介
  • 氏名
  • 最終学歴
  • 現在の所属先(勤務先)
  • 職務経歴・働いていた期間
  • 保有資格


そのほか、時間的にゆとりがある場合には、専門スキルや面接への意欲などについて触れてもよいでしょう。



好印象を与える自己紹介の心構え

自己紹介で話すことは一見、ありきたりなことのように思いがちです。しかしだからこそ、人によって差がつくのです。機械的に話さず、相手に自分のことを知ってもらいたいという気持ちが伝わるように、丁寧に話すようにしましょう。

特に、看護師は患者の心に寄り添う存在ですから、コミュニケーション能力が求められます。明るさや温かみのある雰囲気を出せると、面接担当者に好印象を与えられるでしょう。


よい自己紹介の回答例



例文
加藤明子と申します。〇〇看護大学を卒業後、□□病院△△科に勤務しておりました。認定看護師の資格も持っています。〇〇分野の資格を生かしていきたいと考え、△△科の医療に力を注いでいらっしゃる御院に応募いたしました。本日はよろしくお願いいたします。


一般的に、自己紹介は1~3分程度で収まるように、簡潔に話すことが大切です。「~分以内で話してください」と時間指定をされることもありますが、そうでないときには長々と話さないように注意しましょう。

また、面接担当者によっては自己紹介の内容から後の質問内容を考える人もいますので、曖昧なことは答えないようにしなければなりません。



自己紹介での注意事項

看護師は医師や患者とのパイプ役でもあるため、円滑なコミュニケーションがとれることが大切です。そのため、面接は人物重視の傾向にあります。したがって、自己紹介ではネガティブな印象を持たれることだけは避けましょう。


NGな自己紹介の回答例



例文①
佐藤しおりと申します。本日はよろしくお願いいたします。


氏名とあいさつだけの自己紹介は不適切です。自分自身がどのような人間か相手に伝わるように、最低限の情報は伝えましょう。

例文②
佐藤しおりと申します。□□病院△△科に勤務しておりましたが、非常に厳しい先輩看護師がいて、神経を張り詰める毎日でした。後輩看護師たちとは良好な人間関係を築けましたが、その先輩だけはダメでした。

その後、別の病院に勤務したこともありましたが、お給料が安いため、もっと労働に見合った職場にうつりたいと考え、御院を応募させていただきました。本日はよろしくお願いいたします。


これまでの職場の悪口や労働条件に関する不満などネガティブな情報を盛り込んだ自己紹介はしないようにしましょう。ネガティブな情報は相手に好感が持ってもらえるように、ポジティブな内容に言い換えること。「不満を持ちやすい人」か、「プラス思考の人」かどちらがよいかは一目瞭然ですね。

こうした態度は人柄が出るものです。面接担当者は看護師としてふさわしい人間かどうかを判断していることを念頭において、話すようにしてください。



看護師転職を成功させる自己紹介のコツ

看護師転職のための面接試験では、好印象を与えるためにも自己紹介で差別化する必要があります。いわゆる「印象づけ」のためにあるのが自己紹介と考えてよいでしょう。転職先で必要な人材であると判断してもらうためにも、ポジティブで明るい印象を与えられるようにふるまうことが大切です。

一度、自己紹介文を紙に書いてみてから、何回も声に出して練習してみてください。できれば、家族や友人など第三者に聞いてみてもらって、フィードバックをもらうとよいでしょう。そして、面接試験では自信を持って丁寧に答えるようにしましょう。「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるような自己紹介を心がけることが大切です。


関連記事


看護師転職の時期と年数は? 迷ったらまず転職の進め方を知ろう
看護師のための転職サイト3選|求人サイトの賢い選び方
看護師におすすめの転職サイトはどれ? 転職を成功させるポイントも紹介

条件別で転職サイトを探す

「看護師転職」についての新着記事

「看護師転職」についての人気記事

サイト一覧