公開日:2019.09.17 年金

国民年金をクレジットで支払う、メリット&デメリットとは?

日本国内に住む20歳以上60歳未満で、厚生年金に加入していないすべての人が加入する「国民年金」。その支払い方法は自分で選択でき、しかもお得度が変わることはご存知でしょうか?
国民年金の支払い方法やそのメリット・デメリットについて解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

国民年金の支払い方法は?

現金で支払う
金融機関、郵便局、コンビニエンスストアで、日本年金機構発行の納付書「領収(納付受託)済通知書」を使って支払います。前納すると割引額が適用されますが、ポイントなどは付与されません。
 
電子納付する
ATM、インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレフォンバンキングを利用して納付します。ATM以外の場合は、あらかじめ金融機関との契約が必要です。
 
クレジットカード払いをする
継続的にクレジットカードで支払う方法で、前もって申請書を年金事務所の窓口に直接、または郵送で提出します。支払額に応じてポイントが貯まり、支払い時期に猶予も生まれます。
反面、保険料はカード利用限度額内でなければ決済されず、分割払いはできません。
 
口座振替をする
金融機関や年金事務所の窓口で手続きをします。郵送でも可能です。
手続きには、「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書 兼 国民年金保険料口座振替依頼書」、基礎年金番号の分かるもの、口座番号の分かるもの、金融機関の届出印が必要となります。

クレジットカードで支払うと、お得になるかも?

以上のような支払い方法の中でも、特に「お得なクレジットカード払い」について見ていきましょう。
 
クレジットカードでの支払いでは、2年前納、1年前納、6ヶ月前納も可能です。クレジットカードでの前納額は現金払いの前納と同額で、6ヶ月前納で800円、1年前納で3500円、2年前納で1万4520円の割引となります。
 
さらにクレジットカード払いであれば、現金払いなどとは異なり、ポイントが加算されることになるのです。
それではどのくらいポイントが付くのでしょうか?
 
令和元年度・2年度分の保険料は、合計39万5400円です。ここから1万4520円が割引されるので、納付額は38万880円となります。
この支払いに使うクレジットカードがポイント還元率1%であれば、3808ポイントが還元され、割引額と合わせて1万8328円分がお得になります。
 
もう1つ、前納することで割引となる支払い方法は口座振替払いです。6ヶ月前納で1120円、1年前納で4130円、2年前納で1万5760円が割引されます。このほか、納期より1ヶ月早く口座振替をする早割制度では、50円割引となります。
 
一見、クレジットカード払いより割引額の多い口座振替払いですが、もちろんポイントは付きません。ポイント還元分も含めて比較すると、クレジットカード払いのお得度が上回っていることが分かります。

国民年金をクレジットカードで支払う方法は?

STEP1
「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を用意します。年金事務所窓口に備えてあるほか、日本年金機構ホームページからダウンロードできます。
 
STEP2
「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入します。
あわせて、年金手帳や納付書など基礎年金番号が分かるもの、利用するクレジットカードを用意しましょう。被保険者とカード名義人が異なる場合は、「国民年金保険料クレジットカード納付に関する同意書」も必要です。
 
STEP3
必要書類を年金事務所窓口に提出、または郵送します。手続きには1ヶ月ほどかかるので、前納を希望する場合は余裕をもって提出しましょう。

Q&A

どんなクレジットカードでも大丈夫?
国民年金のクレジットカード払いの手続きをとるのであれば、どのクレジットカードでも構いません。ただし、コンビニなど店頭でのクレジットカード払いはできません。
nanacoやWAONといった電子マネーが付帯されているクレジットカードあれば、まずはクレジットでチャージし、支払うことは可能です。
 
クレジットカードを持っていない場合、電子マネーで支払える?
コンビニなどで、電子マネーでの支払いはできます。

まとめ

毎月分の支払いが必要となる国民年金。
前納制度やポイント還元など、お得になる方法を取り入れながら、上手に支払っていきたいものです。
 
[出典]
日本年金機構 「国民年金保険料」
[参考]
三井住友カード「クレジットカードで国民年金を支払う方法」
SAISON CARD「【国民年金の2年前納】クレジットカード決済なら約19,000円削減可能!」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

■国民年金保険料のおトクな支払い方法は?そのメリット・デメリットとは
■韓国では、クレジットカードを使うと節税できる
■ついつい使っちゃう?「クレジットカード払い」は家計的にアリなのか

商品比較
商品比較


▲PAGETOP