更新日: 2021.01.25 年金

【FP解説】「ねんきん定期便」に記載されている標準報酬月額とは?

執筆者 : 柘植輝

毎年送られてくる「ねんきん定期便」に記載されている、「報酬月額」について理解できていますか?
 
いまいち分からないから読み飛ばしているという方は今すぐ本記事を読んで標準報酬月額とは何か理解するべきです。
 
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

ねんきん定期便とは

ねんきん定期便とは、年金の加入記録や将来受け取れる年金の見込み額など、年金について重要なことが記載された書類で、基本的に毎年はがきで届きます。35歳、45歳、59歳といった節目の年には封書の形式で届きます。
 
参考までに、はがき形式のねんきん定期便のサンプル(50歳未満の方に届くもの)を以下に掲載しておきます。
 

出典:日本年金機構 「ねんきん定期便」の様式(サンプル)と見方ガイド(令和元年度送付分)
 

ねんきん定期便に記載されている標準報酬月額って?

そもそも標準報酬月額とは、毎年1回、4月から6月に支払われた給与(残業代や交通費など基本給以外の諸手当を含む)を基に決められるもので、標準報酬月額を基準に厚生年金の保険料や健康保険の保険料が決定されます。標準報酬月額は昇給や転職など一定の変化がなければその年の9月から翌年8月までの1年間利用されるものになります。
 
ねんきん定期便には必ず標準報酬月額が記載されています。先に掲載したねんきん定期便のサンプルでは、表面右側の表に記載されています。もっとも、今回掲載したものは空白になっていますが、実際のねんきん定期便にはあなたの標準報酬月額が記載されます。
 

標準報酬月額と毎月の給与の額が違うのはなぜ?

標準報酬月額は4月から6月の間の平均給与を基にして、その平均が何円から何円の間に該当する人は、標準報酬月額がいくらであるといった感じで決まります。
 
例えば、4月から6月の給与の平均が31万円から33万円の間にある人の標準報酬月額は32万円となります。このように一定の金額で区切られる関係上、標準報酬月額は実際の給与より高いこともあれば低いこともあります。
 
また、標準報酬月額は昇給など大幅に給与が変更となった際にも変更されますが、変動があってから4ヶ月目に、直近3ヶ月間の給与を基に変更されます。
 
そのため、標準報酬月額が改定されるまでの間は実際に支払われている給与と標準報酬月額の金額が正しく一致していないこともあり得ます。
 

標準報酬月額の変更がねんきん定期便に反映されていないのはなぜ?

ねんきん定期便は誕生日の月の2ヶ月ほど前に作成され、誕生月に届くよう発行されています。そのため、ねんきん定期便に記載されている内容は必ずしもリアルタイムの情報が反映されているとは限らないことにご留意ください。
 

ねんきん定期便に記載された標準報酬月額に誤りがあった場合は?

ねんきん定期便に記載された標準報酬月額に間違いがあった場合は最寄りの年金事務所に確認することで調査と修正手続きを行うことができます。
 
手元に「年金加入記録回答票」(35歳、45歳、59歳の節目の年にねんきん定期便とともに送られます)があれば、そちらを利用して郵送で簡単に行うこともできます。
 
もし、誤りや漏れを確認したら早めに最寄りの年金事務所へ相談するようにしてください。
 

ねんきん定期便に記載される標準報酬月額は保険料の基になる指標

ねんきん定期便に記載される標準報酬月額は毎年4月から6月の給与を基に決定されるもので、それによって厚生年金の保険料が決まります。
 
標準報酬月額は算定方法やねんきん定期便の発行時期により、必ずしもねんきん定期便に記載された標準報酬月額が実情とリンクしているとも限りません。
 
標準報酬月額について疑問点や気になる点があれば、最寄りの年金事務所へ問い合わせるとよいでしょう。
 
出典
日本年金機構 「ねんきん定期便」の様式(サンプル)と見方ガイド(令和元年度送付分)
 
執筆者:柘植輝
行政書士