最終更新日: 2021.04.26 公開日: 2021.04.27
年金

国民年金と厚生年金の受給要件と注意点は?

執筆者 : 柘植輝

日本に住んでいる20歳以上の人は国民年金か厚生年金のどちらかに加入しています。加入する年金によって受給要件に違いはあるのでしょうか。また、注意点はあるのでしょうか。国民年金と厚生年金に関してよくある疑問について解説していきます。
 
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

国民年金と厚生年金、加入者の区分けは?

国民年金に加入するのは主に20歳以上60歳未満の自営業者や専業主婦、扶養内で働く方、学生、無職といった方です。厚生年金に加入するのは会社員や公務員、フルタイムで働くアルバイトや派遣社員といった方々がメインとなります。
 
つまり、国民年金に加入するか厚生年金に加入するかは、主に就業形態と労働時間によって区分けされると考えてよいでしょう。
 
なお、同じ勤務先の正社員より少ない労働時間であっても、1週間および1ヶ月の所定労働時間が正社員の4分の3以上であったり、週の所定労働時間が20時間以上であるなど一定の要件を満たしていれば、厚生年金に加入することとなる場合があります。
 

国民年金と厚生年金、受給要件の違いは?

国民年金と厚生年金の受給要件の違いは加入期間です。国民年金は保険料納付済期間、保険料免除期間などを合算した資格期間が10年以上ある場合に受け取れます。
 
対して厚生年金は加入期間が1ヶ月以上あれば受け取ることができます。ただし、65歳未満の方が受け取れる厚生年金は1年以上の加入が必要です。なお、厚生年金を受け取るには前提として国民年金の加入要件を満たしている必要もあります。
 

年金を受給する際の注意点は?

年金は何も考えずに受給しようした場合、思うような形で受給できないこともあります。特に次のようなケースでは確認が必要です。
 

国民年金は満額受けられるか確認する

国民年金を満額受け取るには、保険料を40年(480月)以上納めていなければなりません。学生や無職などで収入が少なく、保険料の納付猶予を受けていたような期間がある場合は後から保険料を追納したり、60歳以降も年金に任意加入するなどしなければ国民年金を満額受けられません。
 

受給手続きを行う

国民年金と厚生年金ともに、年金を受けようとするのであれば申請の手続きが必要です。年金の受給手続きや繰下げの手続きなどを取らないまま5年を経過してしまうと、経過した分は時効により受け取れなくなる可能性があります。
 
年金を受け取るために必要な年金請求書が届いたら、速やかに何らかの手続きをしてください。
 

繰り上げをすると年金額が下がる

年金を受給できるのは国民年金、厚生年金ともに原則65歳からなのですが、60歳まで受給開始時期を繰り上げさせることができます。しかし、繰り上げをすると受給できる期間が早まる分、給付額が少なくなります。
 
具体的には、1ヶ月繰り上げるごとに毎月の給付額が0.5%減額されます。
 

在職老齢年金に注意

厚生年金を受け取りながら働く場合、勤務先で厚生年金に加入していると、年金と給与の合計額によっては支給される厚生年金の一部ないし全額の支給が停止されます。
 
ただ、就労中に支給が停止されても退職後は通常どおり年金が支給されますし、その間に納めた保険料もしっかり今後の受給額に反映されるため、完全に損をするわけではありません。
 

国民年金と厚生年金には違いがあることを理解する

国民年金と厚生年金は加入対象者が異なることから、受給要件をはじめとしてさまざまな点で違いが生じます。また、どちらの年金も受給する際には注意点があり、何も考えずに受給してしまうと老後の生活に大きな影響を及ぼす可能性もあります。
 
年金について少しでも気になることがあれば最寄りの年金事務所や街角の年金相談センター、ねんきんダイヤルなどへ相談するとよいでしょう。
 
執筆者:柘植輝
行政書士