2018.07.03

【PR】年収700万円、妻1人子供2人の男性が選んだカードローンとは?

都内の商社に勤める中村健二(35歳)は勤続10年を迎え、指導する部下も増え始めていた。

仕事はやりがいがあり、自分に合っていると健二は言う。会社では厳しい上司の一面もあるが、勤続10年ともなると、年収もそこそこ貰えていて、半年前の昇給時には年収700万円を超える給料をもらえる事ができた。

だからと言っては何なんだが、家では4歳、2歳の姉妹のお父さん。かわいい娘たちの言いなりになって、おもちゃやお菓子をほいほいと買い与える様は、完全に親ばかだ。

給料と共に、毎月何かと増えていく出費

そんな健二だが、最近月末になると財布が厳しいことが多くなった。3年前に買ったマイホームの住宅ローンに加え、部下が増えた健二は、昼食や飲み会で部下におごらないわけにはいかない

また、部下や友人が結婚した、子供ができたなんていう時は、お祝いも奮発する。そして、娘へのご奉仕があるとくれば、月末に自分のために使うお金などほとんど残らなかった

 

「お祝いごとなどで、どうしても必要なときは、クレジットカードのキャッシングとか、カードローンを使ってみたらどうですか?便利ですよ」

 

健二は同期の言葉を思い出していた。

「今まで敬遠してたんだけど、考えてみるかなあ・・・」

 

カードローンとクレジットカードを検討してみる

健二はまずクレジットカードのキャッシングと、カードローンを比較した。

 

調べてみると、クレジットカードのキャッシングは、一般的にカードローンよりも金利が高いことがわかった。そのため、カードローンの中から選んでみようと考えた。カードローンには以下の3つの種類がある。

 

銀行カードローン銀行が提供しているカードローン

消費者金融系カードローン消費者金融が提供しているカードローン

 

信販系カードローンクレジットカード会社が提供しているカードローン

 

一般的に、この中で全体的に金利が低く限度額が大きいのが、銀行カードローンだ。
健二は銀行カードローンに心が傾いた。

カードローンの金利について

とはいっても、やっぱり今まで敬遠してきた理由がカードローンは利息の積み重ねで返済額が大きく膨れ上がり、最終的に多重債務や自己破産に陥れられる可能性があり「カードローンは怖い」というイメージがあったからだ。


しかし、色々と調べていくうちに一番、重要なのは「金利」なのではないかと?
金利に関する理解が不十分なまま、カードローンを利用することが危険なんじゃないか?
であれば、カードローン金利について正しく理解して計画的に利用すれば十分に有益なツールなのではないか?

とさえ思い始めてきた。

そこで、健二は徹底的に金利について調べたことで、一番重要だと感じた、金利に係わる需要と供給が理解できた。

つまりはこうだ、カードローン会社は、金利が上がるほど多くの利益を得ることができるため、融資金の供給曲線は金利に対して右上がりに上がっていく。

一方で、借り入れ側は、金利が上がるほど借り入れ金額に対してかかる利息が増え、負担が大きくなる。つまり、融資金の需要曲線は金利に対して右下がりに下がっていく。

これら二つの曲線が交じり合う点で、融資金の需要と供給が均衡することとなるのだ。
 

だからと言って、カードローン会社は無尽蔵に金利を上げられるのか?と言えばそうではなく、カードローンにおいて、金利の上限は「出資法」で年20.0%と決まっているようだ。

また、「利息制限法」によって融資額に応じた上限金利が決まっており、10万円未満であれば20.0%、100万円未満であれば18.0%、100万円以上であれば15.0%が上限となっていることも分かった。

ここでカードローンに対する恐怖感を担っているのが、この金利を上回る貸付業者、いわゆる「闇金」や「街金」と呼ばれる金融機関は出資法違反を犯しており、いくら甘い言葉で融資をしてもらえると謳っていても絶対に利用してはならない事も学んだ。

健二の選んだカードは?

 

銀行のカードローンと言っても、たくさんある。健二の家ではよくネットショッピングをしたり、インターネットからホテルの予約をしたりしている。そんな健二の目についたのが、「楽天銀行スーパーローン」だった。健二は、楽天市場をよく、使用しており、楽天ブランドに親しみを感じたためだ。

また、楽天ポイントをためている健二にとって、「楽天銀行スーパーローン」は、カードをつくったり、利用することで楽天ポイントが貯まるらしい。そして何より金利が安い。初めて使うカードローンとしては安心

健二は早速ネットの公式ページから申し込んだ。その数日後には審査結果がメールで届き、在籍確認の電話が来た。必要書類の提出は郵送意外にもアプリでOKだったので、アプリでさっと送ることができた。とても手軽だ。無事に契約は成立し、健二がもともと持っていた楽天銀行の口座にお金が振り込まれた

楽天銀行スーパーローン」があれば、、周りの結婚報告に肝を冷やすこともない。借入は、計画的に行おうと決意するとともに、これからは、娘のご機嫌取りはほどほどにしなくちゃな、と思う健二であった。

 

▼▼▼楽天銀行スーパーローンをお申込の方はコチラ▼▼▼

ファイナンシャルフィールドとは?