2018.11.09

【PR】「ヤバい!今すぐ現金が必要なのに。。。」カードローンで問題を解決した3名の賢い利用方法とは?

世間的にイメージが、決して良くはない「カードローン」
 
クレジットカードの引き落とし前」「クリスマス前の貴重な合コン」「突然の辞令で直ぐにでも引越しをするための資金」などなど人によってはお金の使い方や悩みは、人それぞれですね。
 
クレジットカードや電子マネーが少しずつ当たり前になってきている現代でも現金が必要になるときって結構ありませんか?
 
そんな中、一般的に見て大した問題では無いけれど、当人にとっては重要な問題をカードローンを賢く使って、解決した3人の活用術をご紹介しましょう。

そもそもカードローンって何?何でイメージが悪いの?

何かを買ったり、売ったりする時に必ず手にする「お金」やっぱり大事ですよね?カードローンは本当に現金が必要なときに、限度額の範囲内であれば必要なだけ現金を貸してくれる魔法のカードです

これだけ聞くと「素晴らしいカードじゃん」「今すぐ欲しいよね」って簡単に思っちゃうかもしれませんが、当然ながら貰える訳ではありません

 

現金を金融会社から借りているだけです。借りたら返す。基本的な事ですが、これを守らない人がいて、金融会社は返してもらうために督促します。

これを怖いと感じている人が多いのです。借りたものを返していれば何も怖くないです。むしろ生活をちょっとだけ楽に出来る可能性もあるのです。

CASE1:買い物依存症 OLの場合「カードローン入門編」

高坂 美由紀さん(仮名)は32歳独身で都内の商社に勤める普通のOLです。日々の生活の溜まったストレスを発散するのが買い物しかないそうでした。

 

あるとき、クレジットカードの引き落としで、予想していた返済額より多く引き落とされてました原因は海外サイトで買ったバッグ、買ったときと返済月でレートに大きく変動があったのが原因でした。

 

しかも、1週間後には友達の結婚式がありご祝儀分も引き落とされてしまったからビックリ

 

友達にはお金がないから結婚式に行けないなんて口が裂けても言えない美由紀さんは、困り果てていたときにネットでカードローンの広告を発見。CMなどで耳には入ってたカードローンというカード、でも借金は嫌だったので、作る気は更々ありませんでした

ただ、背に腹はかえられないと悩んだ挙句、カードローンを作る事に決めました

 

しかし、美由紀さんは作るときに決めたそうです。これは借金なんだ!だから返済の用意が出来たらすぐに返す!

翌月、給料が振り込まれたら、その足でカードローンの返済に、、、返済額は「元金+数百円」えっ、こんなもんでいいの?思ったのが最初の印象でした。

 

今では、逆にお金にシビアになったと聞きます。
「カードローンは借金なんです。借金をしなくちゃ生活が出来ない状況を想像したらゾッとしちゃって今では家計簿なんかも付けてしっかりお金の管理してますよ。貯金も少しずつ出来てますし」って笑って話す美由紀さん

 

最後に一言
「えっ?今でも使ってるかって? ふふふ、たまには自分へのご褒美も必要でしょ?」

 

審査書類の記入が一切不要!WEB申込完結

 

CASE2:あると使っちゃう営業マンの場合「カードローン基本編」

中村 健二さん(仮名)は28歳独身で医療器具の販売営業マンです。

11月に入り、そろそろ来月に迫ったクリスマスに向けて彼女がいる同僚から旅行先やらプレゼントやらの相談を毎日のように受けていました。

 

はじめは真面目に答えてあげていたが、段々自分には彼女さえいないのに、何でこいつの相談を受けなきゃなんないんだ、俺も彼女欲しいな~~~。と思い始めたそうです。

 

しかし、思いとは裏腹に年の瀬に向かうに連れて、忘年会という名目で接待が連日のように入ってしまい、財布の中身も寂しくなってきて、彼女を作る暇もなくなっていた中その同僚からこんなお誘いが。。。

 

「彼女の友達がぜひ、健二に会いたいって言ってるんだけど、今週の金曜日、暇?」

 

二つ返事で「空いてます!!」

 

でも連日の接待で財布の中身はギリギリ経費とはいえ、振り込まれるのは来月だし、やばい今月ピンチだ。。。その時、初めて自分の置かれている状況に気付いたそうです

 

そんな時に、スマホで見つけたカードローンの広告、そういえば同僚も、今月足りない場合はカードローンを活用しているって言ってたっけ?

健二さんも、ものは試しと申し込んでみたら、その日に希望金額が口座に振り込まれ、後日カードが送られてくる形に

 

合コンを何とか乗り切った健二さんはカードローンについて同僚に相談したら、

「良いんじゃない?賢く使って賢く生きようよ。だけどな、これだけは覚えておけよ、借りたら返す当たり前の事だ。カードローンを当てにして生活レベルを上げるんじゃないぞ。あくまでもカードローンは借金なんだから!それだけは忘れないように!」

 

なんとなく同僚が自分よりも大人に見えた健二さんだったそうです。

 

10秒で簡易審査結果表示 時間が無い人へ

CASE3:急な転勤ばっかり保険営業マンの場合「カードローン応用編」

佐野 慎一郎さん(仮名)は32歳既婚で損害保険の販売をしている営業マンです。

仕事も順調、家庭でも先日、第1子が誕生したばかりで、今以上に仕事に燃えていたそうです。ただ、この業界は転勤族といわれる職業でした。

 

慎一郎さんも妻も転勤に関しては、何ら不満も不安も無く過ごしていたのですが、今は、子どもも生まれたばかりでしたので、上司には子どもが少し大きくなるまでは転勤は無しでお願いしますと直談判し上司からも承諾を得ていたので安心しきっていたそうです

 

とにかく子どもはお金がかかり、慎一郎さんが出世したことも重なり、部下との飲み会などでは慎一郎さんが多く払う事も多々あったそうです

貯金を切り崩しての生活にも「子どもがもう少し成長して妻がまた働けるようになったら、また貯金をしていこう」と話し合っていた矢先に転勤の辞令が慎一郎さんに出てしまいました当然、反論はしたものの会社の命令には勝てず、渋々承諾してしまったそうです。

 

困ったのは。引越し資金でした。貯金はあったものの引越し資金にまわすと、当面の生活も危うくなる状況でした。会社からは引っ越し手当ては出るものの、来月の給料と同時に振り込まれるため、先立つ資金がありませんでした

 

そんな時に見つけたカードローンの広告。最初は戸惑いましたが、妻とも話し合い、引越し資金のみに使うという条件で申し込むことを決めました。

申し込みが完了したその日に希望金額が口座に振り込まれ、無事に引越しも完了して、翌月の給料日には一括返済をしたそうです。

 

今では子どもも大きくなり妻も働けるようになったため、貯金も少しずつ出来てきて、もう少し貯まったら妻からはもう一人ぐらい欲しいな~と言われているそうです。

 

最短3分で銀行口座へ入金可能 ※詳しくはHPをご覧ください

ファイナンシャルフィールドとは?