2017.10.01

【PR】女性だからってどこか諦めてませんか?今、女性の転職市場が活況なわけ!

まさに今、女性人材は売り手市場です。
 
女性の社会進出が珍しい時代ではなくなりましたが、いまだ日本は、多くの女性が活躍しているとは言い難い社会です。
 
もっと多くの女性に活躍してもらうことを求めて、国が成立させたのが女性活躍推進法という法律。企業に対して、より多くの女性が活躍できるような取り組みを求めています
 
これまでどおり「働き盛りの男性にバリバリ働いてもらおう!」というわけにはいかなくなったのです。労働力不足の解消につなげるために、もっと多くの女性に働いてもらうことを狙いとした法律が制定されたのです。

女性の転職市場が活況のなぞ!特に主婦層が人気?

特に地方は、女性の働き手、特に主婦層のニーズが高まっています。なぜなら、都心より労働人口の減少が激しく、人手不足に回復の兆しも見えないことで、主婦層やシニアの労働力に頼らざるを得ない状況に陥っているからです。

 

これまでと同じように多くの優秀な人材が確保でき、労働力が不足していない一部の大人気企業には関係のない話かもしれません。

 

逆にそうでなければ、企業が女性を活用できる環境を整えることが、労働力不足の中で生き残っていくための戦略となるのです。事実、女性の雇用に積極的になっている企業が増えています。

 

あなたは今の年収に満足していますか?

今の仕事に満足していますか?

正当な評価を受けていますか?

女性は高い評価を受け、自分の満足する職場で働ける時代になったのです。

今の職場に不満があるのであれば、今まさに転職を考えるタイミングです。

人材業界での女性に特化したマーケットについて説明

人材業界のマーケットは女性に追い風となっています。「働き方改革」により、テレワークや副業などの働き方、女性、高齢者、外国人というダイバーシティワーカーの活躍に関しても国が後押しし、多様な働き方を実現していく方向に進んでいます。

 

いずれ、この多様な働き方が標準になれば、正規や非正規などの雇用形態をベースにした枠組も変わってくることになります。正社員が標準という時代ではなくなります。

 

この非正規には、主に契約社員やパート、派遣社員という雇用形態がありますが、今後、同一労働同一賃金の風潮がさらに強まれば、正社員との給与格差もなくなることでしょう。

 

ただし、非正規で働き、正社員との給与格差がなくなったときに注意しておかなければならないことがあります。特に社会保険の関係で年収に制限のある主婦の方。

 

【関連記事】

将来的に大きな差が!分かってるようで分かっていない、改めて103万・106万・130万・150万の壁について解説します。

 

また、ダイバーシティワーカーのスタンダード化は、募集して、面接して、試用期間を経て正規へという、これまでの企業の雇用手段も変えていくことになります。例えば、非正規である派遣社員を活用し、派遣の期限である3年を待って、優秀な人材を正規雇用するという流れは、今後ますます広まっていくことでしょう。

 

働く側からすれば、正規を希望するのであれば、派遣を入口にして希望の仕事に就けることができるのです。働き方改革といえど、まだまだ正規で働くといった風潮が強い日本では、こういうケースで希望の仕事に転職する労働者が多いようです。

転職サクセスストーリー(1) Iさん 29歳の場合


アパレル業で接客と事務の仕事をこなす29歳のIさん。子どもが幼稚園に入園するタイミングで長く働きながら収入も増やしたいと、今後は経理事務の仕事転職を決意。

 

初めての転職で業種も未経験だったことから、思うように仕事が決まらなかったが、人材派遣会社に登録し、全ての仲介役を任せた。

 

初めての転職だったが、人材派遣会社を活用し、仲介役を全て任せた。派遣での就業先でキャリアアップも実現し、現在はその派遣先で正社員として働いている。

転職サクセスストーリー(2) Uさん 37歳の場合


Uさんは37歳、証券会社に勤務した経歴を持つキャリアウーマンだったが結婚を機に退職。旦那さんの転勤に伴い、縁もゆかりもない地域で生活することになる。

 

こちらも地域の派遣会社を活用し、これまでの経験を活かして証券会社へ就職。今後も転勤があるため、非正規での働き方を希望し、現在は派遣社員として勤務している。

 

女性だからって諦めてませんか? これからは女性の時代!

どちらも派遣会社という仲介役をうまく活用して、転職を決めています。いくら売り手市場とはいえ、まず自分の希望に合った求人を見つけ出すという転職の第一歩、これは意外と手間がかかります。

 

自分の希望を伝えれば、代わりにその条件に合った仕事を探してくれるのが派遣会社です。また、自分では探し出せないような求人案件を紹介してくれることもありますので、活用すべきシステムだと考えます。

 

派遣会社から仕事の紹介を受けるには、派遣登録が必要です。各会社で登録の方法は異なりますが、転職を考えるのであれば、まずは仕事の多い派遣会社に登録することをお薦めします。