最終更新日:2019.08.19 公開日:2019.07.29

【PR】発売されたジャパンネット銀行住宅ローンがお得って本当?

今から遡る事、約1年前、2018年8月21日付けの日経新聞にてYahoo・三井住友銀行のグループ会社である、ジャパンネット銀行が、2019年夏に住宅ローン事業に参入すると発表がありました。
 
そして、2019年7月30日、ついにジャパンネット銀行から待望の住宅ローンが発売されることとなり、話題となっています。
 
ジャパンネット銀行の住宅ローン内容を確認してみると、魅力的なポイントが多々ありますので、今回はジャパンネット銀行の住宅ローンについて解説をしていきます!
 
新井智美

執筆者:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

詳細はこちら
新井智美

執筆者:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

詳細はこちら

ジャパンネット銀行の住宅ローンが持つ3つの特徴

まずは、ジャパンネット銀行の住宅ローンの特徴について見ていきます。

業界最低水準の魅力的な金利

ジャパンネット銀行住宅ローン金利
変動金利0.415%
固定金利(10年)0.580%

住宅金融支援機構が行なっている住宅ローン利用者実態調査によると、住宅ローンを提供する会社が多々あるこの時代において住宅ローンを選んだ決め手として圧倒的な割合を占めるのが【金利が低い】ということです。(※フラット35以外の利用者)
出典:住宅金融支援機構

やはり、人生の中で大きな買い物の1つである【住居】において、返済額が少ない方がいいと考える人が多いのでしょう。当たり前といえば、当たり前ですが、ジャパンネット銀行の住宅ローンはこのニーズをきっちりと補っているといえるでしょう。

より詳細の金利は公式サイトで確認してください。

 

FPから見たポイント!!

ジャパンネット銀行の住宅ローンは低金利を実現しており、魅力的な住宅ローンであることは確かです。
その中でも注目するべきは、一般団信、並びにがん100%保証団信については最低金利を実現している点です。団信で該当する項目を網羅したいと考えている人には特におすすめです

 

団体信用生命保険も充実のラインナップ

団体信用生命保険、通称【団信】とは、住宅ローン返済中に発生する万が一の事態に対しての保障制度です。人生100年時代といわれる中、将来のことなど誰も予測ができません。

例えば・・・・・
・突然収入が激減することもあるかもしれません
・突然、体調を崩してしまうかもしれません

そんな時、団信に加入していればそれ以降のローン返済は生命保険会社から支払われる保険金によって弁済されるというものです。

以下のようにジャパンネット銀行の住宅ローンも他社と同様、充実したラインアップを用意しています。内容的にはかなり充実しており、加えて前述の低金利で利用できるメリットは大きいといえます。しかも後述のように一般団信の保険料は無料というのは諸費用削減の意味でもかなり魅力的です。

団体信用生命保のラインナップ

一般団信死亡・所定の高度障害状態、余命6ヶ月以内と判断された場合、住宅ローン残高が「0円」に。
がん50%保障団信一般団信+がんと診断確定されたら住宅ローン残高が「半分」に。
がん100%保障団信一般団信+がんと診断確定されたら住宅ローン残高が「0円」+給付金特約つき。
11疾病保障団信がん100%保障団信+10種類の生活習慣病で180日継続入院時住宅ローン残高が「0円」+給付金特約つき。
ワイド団信健康上の理由で一般団信にご加入いただけない方でも加入しやすいように引受基準を緩和したプラン。
(保障内容は一般団信と同一。)

 

 

 

少しでも負担を小さくする0円の魅力

住宅ローンを組んでいく場合、建物や土地以外にも【諸費用】というものが発生します。この諸費用は意外にも数十万を超えるケースもあり、知らない人からすると「意外な出費」になる可能性があります。

 一部例ですが、諸費用の例として・・ 
  • 一般団信の保険料
  • 収入印紙代
  • 融資手数料
  • ローン保証料
  • 火災保険料
  • 地震保険料
  • その他

などがあります。

ジャパンネット銀行の住宅ローンは他社と比べて新しい住宅ローンとして発売されることもあり、少しでも負担を小さくする為の【0円】を用意しています。諸費用は意外と掛かるものです。今まで当たり前のようにかかっていたこれらの諸費用が0円になる魅力は大きく感じるのではないでしょうか。


 

 

気になる疑問をファイナンシャルプランナーが解消

手続きの仕方がめんどくさいイメージがあるのですが???

手続きはとってもシンプルです。お手元のスマートフォンからでも簡単に行なう事が可能です

 ファイナンシャルプランナーからの一言アドバイス 
  • 利用要件として、ジャパンネット銀行の普通預金口座をお持ちの方となっております。現在お持ちでない方は、申し込み前に口座開設をしておくとスムーズでしょう!

 

審査時間はどのぐらいかかりますか??

事前審査であれば、最短で30分で回答が戻ってきます!申し込みから借り入れまでの流れとしては・・・・

 お申し込みからお借り入れまでの流れ

STEP1


申込ナビ登録


STEP2


事前審査。最短で30分で回答


STEP3


本審査


STEP4


ご契約手続


完了


お借り入れ

 

申込ナビとは?

ジャパンネット銀行が提供するサービスで、事前審査のお申し込みからご契約まで、お客さまのお手続きをナビゲートするサービスです。

 

ジャパンネット銀行の住宅ローンに向いている人はどんな人ですか?

 

チェックシート!!
  • ジャパンネット銀行の口座を既に持っている人
  • 金利は少しでも低い方がいいと思っている人
  • 団信付帯の中でも【一般団信】【11疾患保障】【ワイド団信】を付帯して金利を抑えたいと思っている人

上記、うち1つでも当てはまる項目がある場合は、是非とも公式サイトから詳細を確認してみましょう!

まずは公式サイトチェック&シュミレーションをしてみよう

ジャパンネット銀行ならではの魅力的な特徴を今回はご紹介しました。

低金利を実現しており、団信の内容についても他社と同様にしっかりと用意されております。自分にあった住宅ローンを選択する事は悩ましいことです。人それぞれが【自分はどんな住宅ローンを探しているのか】という事を再度確認をして、比較検討する事が、一番適した住宅ローンを探す為の近道ですので、確認してみてください!

また、実際の返済額の試算も公式サイトでは可能となっておりますので、実際に自分がどの程度の返済額で【新規借入れ】【借換え】が可能なのかチェックしてみてくださいね


>>新規でお借り入れした際のシュミレーションを確認

>>他社からのお借り換えした際のシュミレーションを確認

記事監修者:新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員

商品比較


▲PAGETOP