最終更新日: 2020.10.27 公開日: 2020.01.29
クレカ

アメックス・ビジネスゴールドカードの特徴について徹底解説

【アメックス】と称されるアメリカン・エキスプレスには多くのクレジットカードの種類があります。

この記事では、充実したサービスでビジネスを飛躍させる、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードについて詳細を解説していきます。
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

アメリカン・エキスプレス・カードとは?

アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスの略称で親しまれています。アメックスは、誇りを持って使えるカードですが、これは個人だけの話ではありません。
 
法人や個人事業主のための、ビジネス用アメックスもあります。
 
経費や資材の購入ができて、会計を一本化できる法人カードは経営者の強い味方です。ビジネス用カードである法人カードの、ゴールドカード版が、この記事でご紹介するアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
 

アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカードならではのメリット

個人用のアメックスで、スタンダードであるアメックスグリーンと、アメックスゴールドとを比較すると、機能が大きく違います。
 
どちらも世間では格上の扱いを受けるカードですが、ゴールドのほうが、機能が相当に増えます。
 
年会費には差があるのですが、アメックスゴールドの優れた特典は、年会費の差を取り返すには十分なメリットがあると思います。
 
個人カードのこの違いを念頭に置いたうえで、今度は法人カードのグリーンとゴールドについて同じ比較をしてみます。年会費は、34,100円(税込み) であり、追加カードは13,200円(税込み)です。法人カードについては、個人のカードほど、グリーンとゴールドにおいて機能の差がありません。
 
ビジネスゴールド独自のメリットは、やや少なめですが、それでも事業をするにあたり、役立つサービスがあるので、見ていきましょう。
 

利用枠に一律の限度がない

一般的にクレジットカードは限度額が設定されており、その範囲内で利用できる事が一般的です。
 
アメックスの場合は考え方が異なっており、上限としての限度額は設定されていません。これは個人・法人カード、グレードを問わないで一緒です。
 
アメックスビジネスゴールドの場合、臨時の出費や設備投資等で日頃と異なる多額の出費が必要な場合に、柔軟に対応してもらえるというのがひとつのメリットです。
 
特に法人カードにおいては臨時の出費はあることも多く、このメリットが生きてくる場面もあるかと思います。
 

ビジネス・ダイニング byぐるなび

会食・接待の際にもアメックスビジネスゴールドは役立ちます。
 
人数や目的により、どんなお店を選ぶかは大変難しいものです。特に重要な接待ともなれば神経を使い、大変だと感じるビジネスマンも多いのではないでしょうか。
 
アメックスビジネスゴールドの場合、コンシュルジュに希望を詳しく伝え、お店を選んでくれるビジネス・ダイニング byぐるなびというサービスがあります。
 
ビジネス・ダイニング byぐるなび なら、適切なレストランを選んで予約をしてもらえますので安心ですね!
 

海外旅行傷害保険

クラスの高いクレジットカードの場合、海外旅行傷害保険に大きなメリットがあります。アメックスビジネスゴールドの補償は次の通りです。
 
ただし、旅行代金を事前にカード決済しておいた場合に適用される、最大額の補償の場合です。
 

最大額の補償
  • 疾病・傷害の際の医療費・・・300万円(200万円)
  • 賠償責任保険金・・・4,000万円
  • オンライン決済がすぐにできて、サービスの提供もすぐに受けられる
  • 救援者費用・・・400万円(300万円)

 
追加カード会員を含む、カード会員の家族にも、カッコ内の適用があります。上級カードらしく充実した内容なのですが、補償の重要部分については、ビジネスグリーンとほとんど差がありません。
 

プライオリティ・パスで年2回航空会社ラウンジが無料利用

国内空港とホノルルにある、カードラウンジが利用できるのは当然のことですが、アメックスビジネスゴールドの基本カード会員なら、もっと豪華な航空会社ラウンジ等も使えます。
 
このための会員証である、プライオリティ・パスが無料で入手できます。ラウンジ利用料金が基本的に1回32米ドル掛かりますが、ビジネスゴールドの場合、年2回は無料で、同伴者の入室もできます。
 

その他旅行の優待

「空港送迎優待」「航空機遅延・出張キャンセル時補償」は、ビジネスゴールドならではの特典です。
 
空港送迎優待は、安い料金でタクシーを空港まで手配してくれるものです。
 
航空機遅延・出張キャンセル時補償は国内線に適用されるもので、遅延・手荷物紛失等で発生した費用につき、最高40,000円まで補償するものです。
 
どちらも、カードによる事前の航空券購入が必要ですので注意が必要です。
 

アメックスビジネスグリーンのサービスは当然揃っている

アメックスのビジネスグリーンも優待豊富な法人カードですが、そのサービスは、ビジネスゴールドにはすべてあります。
 
・クラウド会計ソフト freeeとのデータ連携
・「帝国データバンク企業情報」等、ビジネスデータが年会費無料で利用できる
・福利厚生プログラム「クラブオフ」がある

 

ポイントプログラムの紹介

ポイントプログラムは、アメックスの場合はグレードで変化はありませんので、法人ゴールドの場合も同様です。
 
年会費以外に、メンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、ポイント還元率が上がり、ポイント有効期限がなくなります。
 
メンバーシップ・リワード・プラスの参加費は1年につき3,300円です。
 
メンバーシップ・リワード・プラスに加入して、貯まったポイントを、Tポイントや楽天スーパーポイントに交換すると、還元率は0.5%となります。あまり数字はよくないのですが、同じくメンバーシップ・リワード・プラスに加入して、ANAマイルに交換すると、マイル還元率1.0%となります。
 
ANAマイルに交換する事が多い方などはこの部分はメリットと感じるでしょう。
 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカードのデメリット

アメックスビジネスゴールドとしてのデメリットは、グリーンとのサービスの差の小ささです。
 
ですが、これはビジネスグリーンが優れているからであり、これを比較対象にしなければ、十分優秀なカードといえます。多少ある、デメリットも見てみましょう。
 

年会費が高い

法人カードの場合、年会費の高さは、経費に計上できるのでだいぶやわらぎはします。とはいえ、追加カードの枚数が増えると負担に感じることもあるかもしれません。
 

利用できないお店がある

これはビジネスゴールドの問題ではなく、アメックス全般のデメリットです。
 
ダイナースと並んで格の高いアメックスですが、意外と加盟店が多くありません。ホテルはともかく、海外の一般クレジットカード加盟店では、VISAやMastercardしか使えないことがよくあります。
 
日本では、JCBと提携しているので使えないお店は少ないのですが、オンライン決済の場合にアメックスのみ不可の場合がありますので不便に感じる方もいるでしょう。
 

アメックスビジネスゴールドカードの審査と入会条件

アメックスの場合、グリーンとゴールドで審査は大きく変わらないとされています。
 
一律の限度額設定もなく、さらに入会後も高額商品購入の場合は事前に相談してからおこなうなど、独自の考え方になっています。そうした仕組みの中では、グレードによる審査を変える必要は確かにないでしょう。
 
とはいえ、ビジネスゴールドの場合は高額商品購入が可能というのがメリットですから、グリーンよりも多少は厳しくなると考えられます。
 

年会費について

アメックス法人ゴールドは優れたカードですが、年会費は高いです。
 
・年会費34,100円(税込)
・追加カード13,200円(税込)

 
法人グリーンの場合、それぞれ13,200円、6,600円なので、大きな差があります。
 

入会条件について

アメックス法人ゴールドの申込資格として公式サイトに記載されているのは、「法人代表者」または「個人事業主」ということだけです。申込資格自体は難しくはありません。
 

審査について

審査に当たっては、法人代表者でも個人事業主でも、申込者個人の信用情報を確認します。
 
個人信用情報より、年収のほうが重視されるというのがアメックスの特徴です。
 
とはいえビジネスゴールドの場合はビジネス上の信用が大事です。ローンやクレジットの滞納等で個人信用情報に傷があるような人は、審査に通過しないこともあるでしょう。
 
まずは、個人・会社の信用を高める事が審査通過の近道でしょう。
 

アメックスビジネスゴールドカードとビジネスカードの違いとは

この記事では、ビジネスグリーンの優れたサービスをさらに上回る、ビジネスゴールドならではの特典につき、明確にして見てきました。
 
大きな差まではないものの、多額の決済が可能になることがあるなど、ゴールドならではのサービスが気に入る経営者なら、ゴールドを選ぶといいでしょう。気になる方は一度、公式サイトをご確認ください。
 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

アメックス・ビジネスカードの特徴について徹底解説
アメックス・ゴールド・カードの特徴について徹底解説
アメックス・グリーンカードの特徴について徹底解説
 



▲PAGETOP