大人なら持っておきたいクレカを徹底比較
年会費
発行スピード
こだわり条件
▼さらに詳しい条件を追加する
国際ブランド
移行可能マイル

三井住友カード ゴールド

インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカード!

国内主要空港の空港ラウンジが無料で利用可能!
ボーナスポイントも通常の2倍、医師へ24時間・年中無休の無料電話相談ができ、3,000円の割引を受けることができる宿泊予約サービス利用ができます。

年会費(税抜) 発行期間 ポイント
還元率
旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー
初年度 2年目以降
無料 4,400円~11,000円(税込)
※条件により変動
最短2営業日 0.50%~2.50% 年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
ANAマイル Apple Pay
Google Pay
楽天ペイ

お申込みはこちら

Tカードプラス(SMBCモビット next)

カードローン・クレジット・Tポイントが1枚に!

【10秒簡易審査◆その場でわかる!】カードローン・クレジット・Tポイントが1枚に!「WEB完結」申込で、お申込から契約でネットで完結。電話連絡なし!郵送物なし! 審査状況や審査結果回答をネットで確認できるから安心です。

年会費(税抜) 発行期間 ポイント
還元率
旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー
初年度 2年目以降
無料 無料 1~2週間程度 0.5% 〇※ 年会費:500円(税抜)※ ANAマイル ID(専用カード)
ID(携帯型)
Apple Pay
Google Pay

お申込みはこちら

最適の1枚が決められない時の裏ワザ

年会費無料で還元率が高く、海外旅行保険やETCも付いているカード…など、欲しい要素が複数ある場合、全部を兼ね備えたカードを見つけるのが難しい場合もあります。
そんな時に使えるのが2枚持ちです。
年会費とポイント還元率を重視した1枚をメインカードとして選び、サブカードとして海外旅行保険やETCなど、欲しい特典が付帯されたカードを選びます。サブカードでメインカードを補填するようにすると、必要なサービスをまんべんなく利用することができます。

2枚選びをする時のポイント

  • クレジットカードの利用者には、メインカードとサブカードの2枚(もしくはそれ以上)を持ち、有効に活用する人がいます。クレジットカードの2枚持ちをする際に注意すべきポイントはどこなのでしょうか。
    おすすめの方法は、メインカードをポイント還元目的のカードにし、サブカードをそれ以外のサービス目的(旅行保険や特定のお店での割引)で利用する方法です
    ポイント還元重視のカードは公共料金の支払いや大きな買い物などで使うことになるので、必然的にメインで使うことになります。サブカードはメインの弱いところを補完するか、強みを増強させるかで選ぶのがスマートです。
    例えば、サブカードを選ぶうえで注目すべき項目は、

    ETCカードが作れるか
    家族カードが作れるか
    ロードサービスがあるか
    ショッピング保険の有無と内容
    電子マネーへのチャージの不可


    などが挙げられます。これらがメインカードに付帯してなく、必要な場合はサブカードで補うとよいでしょう。
    クレジットカードによっては2枚のポイントやマイルを合算できる場合もあるので、そのあたりにも注目してカードを選んでみてください。

■Tカードプラス(SMBCモビット next)
・旅行保険(海外):
年間100万円までのお買物安心保険
※一部補償の対象とならない商品・損害がございます。
※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。
・ETC(税抜):
※ETCカードご入会初年度無料
※翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料

注目!おすすめ特集

PageTop