2017.11.08資産運用

貯蓄率で見ると、アメリカはキリギリス?日本はアリ?

Text : 柴沼 直美

キーワード :

米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた9月の貯蓄率(貯蓄額/手取り収入)は3.1%と歴史的な低水準だったようです。また金融業界平均賞与1,600万円という報道もありましたが、この強気ぶりから何を読み取るべきでしょうか。

興味深いコメントが英ガーディアン誌に掲載されていました。

アリとキリギリス

トレンドとして対GDP(国内総生産)民間消費支出比率で日本の60%に対して米国は70%と言われており、これだけを見ても、米国のほうが一般的に「稼げば使う」傾向が強いように思われます。
 
加えて今回のこの報道で、昨今の株高および雇用で潤った分はそっくり消費に回す国民性が顕著に現れています。まさに「キリギリス」と言える一面を物語っているのかもしれません。

「ごろつきバンカーが公的資金で又候ギャンブルに手を染める」ブラウン元英首相(英ガーディアン誌)

ただ貯蓄率が低いというだけなら上げ相場での無邪気な報道で済みますが、ウォール街金融関係者の推定平均賞与が日本円換算で1,600万円との報道。かつて2008年のリーマンショック直前を思い起こすとブラウン元英国首相は回顧しています。
 
結局好きなように振る舞い、おいしい蜜を吸うのは金融関係者でその後処理は国民に回ってくると。ゴードン元首相の言葉を借りれば「ごろつきバンカーが公的資金で又候ギャンブルに手を染める」。「金融危機に陥れた当事者たちは塀の中で大人しくしているべきだった」。
https://www.theguardian.com/politics/2017/oct/31/gordon-brown-bankers-should-have-been-jailed-for-role-in-financial-crisis

饗宴はほどほどに

たしかに収益力の回復、筋肉質に生まれ変わった企業の業績回復に裏打ちされた株高というのは正論でしょう。
 
しかし、短期的には需給バランスによって価格は決定されます。
 
旺盛な需要の背景には景気を浮上させようと、世界中がこぞって超低金利政策を継続させ、溢れたマネーが行き場を求めて暴走を始めているという感覚を抱かずにはいられないと感じている人も少なからずいるのではないでしょうか。
 
Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

柴沼 直美

Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com