格安シム比較

おすすめの格安シム、格安携帯をご紹介!

     

おすすめ 格安SIM

                                                       

エキサイトモバイル

学生から社会人まで充実の4プラン

今なら初期登録手数料0円!強みは1GBあたりのコスパ。節約するならエキサイトモバイル。

             
商品名エキサイトモバイル
SIMの種類・データ通信専用SIM
・音声通話機能付きSIM
データ容量0~50GB/月
対応回線docomo
         
お申込みはこちら
格安SIMは賢く活用することで月々のスマートフォンの料金を抑えることができますし、実際に「格安SIM」という言葉を目にすることも増えているのではないでしょうか。

しかし、実はよく分かっていないという人も多いようですので、改めて格安SIMとは何かについて、解説します。

格安SIMってなに?

格安SIMとは、auやdocomo、softbankといったキャリアとは異なるスマートフォンの回線契約サービスです。前途の3社は自社にて回線を用意・提供していますが、格安SIMはキャリアから回線を借り、ユーザーに提供しています。

なぜ「格安」なのか

格安SIMの特徴として、キャリアよりも料金が安い点が挙げられます。キャリアの料金には各キャリアがそれぞれ投資した設備の回収費用が含まれています。

キャリアとしても営利を追求する企業である以上、黒字になるよう価格設定しますので、結果、「高い」と囁かれる料金となっているのですが、格安SIMはキャリアの回線を借りるのみです。

そのため、キャリアと比べて安価での提供が可能となっています。そして、キャリアと比較して格安であることから、「格安SIM」と呼称されるようになりました。

格安SIMにも種類がある

格安SIMもまた、様々なタイプが登場しています。回線のみを提供している業者もいれば、キャリア同様回線+端末にて提供している業者もいます。

それまで使っていた端末があれば回線のみの契約で問題ありませんし、端末と回線であればわざわざ端末を用意する必要がありません。

格安SIMのおすすめポイント

格安SIMのおすすめポイントについて、代表的なものを以下にまとめてみました。

月額料金を抑えられる

格安SIMは、月額料金を抑えられます。キャリアの場合、通話料+通信料だけではなく端末料金、さらにはオプション等で月額料金は安くとも3,000円程度です。

ましてや最低ラインですので、利用できる通信量もわずかです。 一方、格安SIMの場合は安いプランであれば1,000円を切るものもあります。最低でも月額3,000円かかるキャリアに対し、格安SIMであればあまり使わない人であれば月額1,000円に満たない金額でスマートフォンを保有できます。

月額で2,000円差がでるとすれば、年間にすると約24,000円。この差は大きな魅力なのではないでしょうか。

選択肢が豊富

格安SIMは様々な点に於いて選択肢が豊富です。

例えばタブレットを外で使いたい場合、通話は必要ありませんので音声のない通信のみの格安SIMを利用することが可能です。先述したように料金を抑えることもできれば、キャリアよりも安い価格で大容量通信が可能な格安SIMも可能です。選択肢の豊富さという点に於いては、キャリアに勝るとも劣らないのが格安SIMです。

例えばですが、家や職場ではWI-FIを使う場合、通信回線は外のみで利用することになります。その場合、通信量の少ない安い格安SIMを選ぶことで月額料金を抑えられます。このように、自分自身のライフスタイルに応じた格安SIMのプランを利用することで、無理のない範囲でキャリアよりも格安でスマートフォンを保有できます。

「縛り」がキャリアよりも緩い

近年、キャリアも徐々にではありますが「縛り」が緩和されています。

それでも、「○年契約」「契約途中の解約は違約金」など、縛りが多々設定されています。時には分かりにくい縛りがあるなど、ただ単に「縛られている」と感じるだけではなく、分かりにくさにイライラしている人、あるいは解約しようと思ったら違約金が発生するなど不便さを感じる人も多いのではないでしょうか。

その点格安SIMは縛りが少ないです。辞めたいときに辞めることが可能なプランも用意されているなど、料金以外での使い勝手もキャリアと比べるとユーザーフレンドリーです。

格安SIMのデメリット

キャリアメールが使えない

格安SIMはキャリアメールが使えません。

キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といったものです。キャリアメールは、サービスによっては身分認証代わりにもなるものです。

そのため、キャリアメールでの登録が必須のサービスの利用を考えている場合は格安SIMがデメリットになります。

但し、通話や相手との連絡はメールよりもLINE等のチャットアプリを問題なく利用できますし、メールアドレスもフリーメールアドレスを活用できるので、あくまでも認証として利用できない点がデメリットです。

繋がりにくい時間帯がある

格安SIMはキャリアから回線を借り、お客にサービスを提供しています。そのため、回線のキャパシティはキャリアよりも劣ります。高速道路に例えると、キャリアは高速道路を自ら建設し、好きなだけ車線を使えますが、格安SIMは車線だけを借りている状態です。そのため、アクセスが集中すると回線速度が落ちます。

キャリアであれば「他の車線に」となりますが、格安SIMの場合、あくまでも「車線を借りているのみ」なので、仮に他の車線が空いているとしても、利用できるのは「借りている車線のみ」なので、特に正午からなど、多くの人間が昼休みに入り、スマートフォンでWEBブラウジングを始めるタイミングは回線が重くなりやすいです。

店舗がない業者もある

近年、店舗を構える格安SIM業者も増えているのですが、ネットのみの業者もまだまだ多々あります。自分自身で格安SIMの切り替え・設定ができる人にとっては何ら問題ありませんが、よく分からない人は、店舗のない格安SIMを利用する場合、全て自分自身で調べて行わなければなりません。

キャリアのように、「分からないからお店に行って聞きてくる」ができない点もまた、デメリットの一つです。

格安SIMを検討してみよう

格安SIMにはそれぞれメリット・デメリットがありますが、使いこなすことでキャリアよりも月額料金を抑えることができるのは事実です。

スマートフォンの月々の料金が高いと感じている方は、格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。



▲PAGETOP