2017.10.15暮らし

奨学金を担保にお金を借りる方法の盲点

Text : 新美 昌也

キーワード :


日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金のひとつに「入学時特別増額貸与奨学金」があります。

奨学金は入学後に振り込まれますが、この奨学金の採用候補者は、労働金庫で入学時必要資金融資を受けることができます。

入学手続き時の納付金に使えるのですが、意外な盲点が・・・・。

 

入学時特別増額貸与奨学金とは?

 
貸与奨学金には無利子の第一種奨学金、有利子の第二種奨学金、有利子の入学時特別増額貸与奨学金(増額奨学金)があります。

増額奨学金は初回の奨学金(第一種・第二種)振込時に、たった1回だけ最高50万円振り込まれる奨学金です。申込時の家計収入が一定以下の生徒が申し込めます。ただし、増額奨学金だけ申し込むことはできません。
 

増額奨学金を担保にお金を借りるしくみ

 
増額奨学金の採用候補者は、労働金庫で、この奨学金を担保に、申込み時に選択した金額(最高50万円)以内で、つなぎ融資を受けることができます(入学時必要資金融資)。30万円を選択した場合、融資額は30万円までです。

ただし、採用候補者決定通知書に、「日本政策金融公庫の申込手続き必要」と記載されている方は、事前に国の教育ローンを申し込む必要があります。この結果、国の教育ローンが利用できる場合は、「入学時必要資金融資」を利用することはできません。

「入学時必要資金融資」を申し込む場合は、本人及び親(親権者)全員で来店が必要です。また、奨学金の振込口座を労働金庫に指定することが必要です。こうすることで、労働金庫は融資資金を確実に回収できます。

なお、増額奨学金の予約は進学先が決まってなくてもできます。進学先が奨学金対象校でない場合は融資を受けることはできません。

 

入学時必要資金の盲点

 
入学時必要資金を利用すると、進学後に増額奨学金が振り込まれるまでの間、入学時に必要な資金(入学金・授業料)の融資を受けることができます。ただし、既に、入学金等が納付済みの場合は融資を受けることができません。

見落とされがちな点(盲点)は、利用できる時期です。

高校3年の春に奨学金申込んだ場合、採用候補者決定通知書は10月下旬になります。したがって、入学時必要資金を利用できるのもこれ以降になります。

入学金等の納付期限は、一般的に合格発表後1~2週間以内です、合格発表の時期は、入試方法により異なります。早ければ、AO入試の合格発表は9月、推薦入試は11月にあります。合格発表の時期によっては、入学時必要資金の利用ができない場合がありますので、注意してください。国の教育ローンは、申込完了から融資決定まで10日程度かかります。申込は、合格発表の2~3か月前から申し込みができます。早めに申し込んでおきましょう。
 
 
Text:新美 昌也(にいみ まさや)
ファイナンシャル・プランナー。

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

新美 昌也

Text:新美 昌也(にいみ まさや)

ファイナンシャル・プランナー。

ライフプラン・キャッシュフロー分析に基づいた家
計相談を得意とする。法人営業をしていた経験から経営者からの相談が多い。教育資
金、住宅購入、年金、資産運用、保険、離婚のお金などをテーマとしたセミナーや個
別相談も多数実施している。教育資金をテーマにした講演は延べ800校以上の高校で
実施。また、保険や介護のお金に詳しいファイナンシャル・プランナーとしてテレビ
や新聞、雑誌の取材にも多数協力している。
http://fp-trc.com/