2017.10.05年金

私の誕生日は11月28日ですが、いつから年金もらえますか?

Text : 柴沼 直美

キーワード :


年金って、長い期間保険料を納めて、長い期間給付を受けるしくみであることと、実際に口座に振り込まれるまでの間は中身がどうなっているのか見えないことから、ついついそのまま放置してしまっています。

65歳から老齢給付が始まるといわれているけれど、実際誕生日になればもらえるの?という今更ながらの質問について確認しましょう。

 

誕生日の前日の翌日から!?

 
このように書いてしまうと混乱してしまうので、ご自身の誕生日で考えましょう。ちなみに筆者は11月28日が誕生日なので、「65歳の誕生日の前日、11月27日の翌月分、つまり12月分から」支給開始になります。

 

1日生まれの人は例外

 
誕生日が10月1日の人はその前日が9月30日。その翌月ということは10月からとなるので、1日生まれの人は誕生日の月からの支給開始となります。ご自身や身近な人が1日生まれのかたは、その月からということですね。

 

振り込まれるのはいつ?

 
年金の支給は原則的に偶数月、つまり2月、4月、6月、8月12月にその前の2か月分がまとめて振り込まれます。筆者は11月28日ですから、「支給開始は12月」からですが、実際に振込が開始するのは翌年の2月からで、これは12月分と翌年1月分ということになります。15日が土・日・祝日の場合はその前営業日となります。

 

はじめての振込は遅れることがしばしば

 
65歳までにもらう「特別支給の老齢厚生年金」の場合と違って、国民年金だけの人はどうしても初回の振込は遅れてしまいます。これはあくまで手続き上の問題なので、もらいそびれるということはありません。

以前ご紹介した「裁定請求の手続き」の受付は誕生日の前日からとなっており、あらかじめ手続きしておくことができません。加えて裁定請求手続きは通常2~3カ月かかりますので、どうしても振り込みが遅れてしまうのです。

ただし、遅れた分はまとめて振り込まれますし、初回だけ、偶数月ではなく奇数月に振り込まれるという例外も発生します。

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

柴沼 直美

Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com