ファイナンシャルフィールドPICK UPセミナー 【PR】
日本財託グループ オンラインセミナー

「ワンルーム投資はやめとけ」の真相は?

【主催会社】日本財託グループ
スケジュール
【開催形式】 ウェビナー形式の開催です
【開催日程】 2024-07-08 00:00
【参加費】 無料

締切:2024-07-14 22:00

申し込み
概要
テーマ
資産計9億のサラリーマン投資家ら4人がネットの“5大意見”を一刀両断! 初心者の不安を解消する特効薬
セミナーの内容

「ワンルーム投資叩き」の真相は、現役オーナーに聞け!
4人の先輩投資家が全てをさらけ出す―

「 ワンルーム投資に手を出すな」
「ワンルーム投資で成功した人はひとりもいない」

ネット上の動画などでよく見かけるタイトルです。
その一方で、サラリーマンでも手軽にできる投資として人気を集めています。

こうした相反する状況を前に、ワンルーム投資に興味があったとしても不安が先行しなかなか行動に移せない、という方も多いのではないでしょうか。

このような悩みを解消する最も確かな方法の一つが、実際に身銭を切って不動産投資を行った「できるだけ多くの」先輩オーナーから実体験を聞くことです。

そこで今回のイベントでは、総投資額計9億円を達成した4人の先輩投資家をお呼びし、ネット上のワンルームに関する動画を視聴いただき、それぞれに対して「実際のところ」を語っていただくことにしました―。

「ネットの動画には『1』をあたかも『100』 だとする傾向がありますね」。
登壇者の一人、村野博基氏(47)はそう言い切ります。

村野氏は債券や新規公開株などを行う一方で、28歳のときに都心中古ワンルーム投資を開始。

いまでは軸足を不動産投資に移し、都内に36戸の物件を所有家賃年収は3,700万となり、3年前の43歳でいわゆるFIREを達成したといいます。

さらに本イベントには

・家賃収入のおかげで会社での昇進よりも家族との時間を優先できるようになった「家賃年収800万」「1年間の育休取得」オーナー

・5年間で物件を10戸まで増やした「家賃年収750万」「33歳・ロジック至上主義」オーナー

・「借金なんてとんでもない!」主義から一転、不動産投資を始めた「家賃年収700万」「安全第一がモットーのミドル世代」オーナー

といった多彩な顔触れがそろいます。

イベントでは、ネット上で実際に見かける意見を5つピックアップし、サラリーマン目線で様々な角度から回答いただきます。

ウェブ記事や動画を見て勉強すればするほど、一歩が踏み出せなくなっている。
不動産投資は自分には無理だと思っている。

そんな方こそ、ぜひ一度ご視聴ください。

複数の先輩オーナーのノウハウをまるっと知ることができるここだけの、またとない機会です。

100の「意見」より、1の「経験談」。

期間限定配信ですので、お見逃しなく!

講師

村野 博基氏、大山 徹氏、沖田 真夏氏、富士田 徹也氏

開催日・開始時間

7月8日(月)~7月14日(日)

7時から23時の間のお好きな時間でご視聴いただけます!
※ご希望の日程を申込フォームにてご指定ください。

参加費

無料

開催形式

【オンライン】: アプリインストール不要 指定のURLへアクセスするだけで視聴可能です!
※顔出し不要
※お申込み後に詳細を記載したメールをお送りいたします。

セミナー特典など

【不動産投資で成功する人、失敗する人】
不動産投資で資産形成をしていく上で、成功と失敗を分ける考え方とは何か、そのポイントを7つに凝縮しご紹介。ebook版を贈呈。

【個別相談した方限定】書籍プレゼント
個別相談にご参加頂いた方のみ、書籍『43歳で「FIRE]を実現したボクの無敵不動産投資法』をプレゼントいたします。

講師プロフィール
村野 博基氏 (FIRE投資家/元サラリーマン)

1976年生まれの47歳。慶應義塾大学経済学部を卒業後、大手通信会社に勤務。
社会人になると同時期に投資に目覚め、外国債・新規上場株式など金融投資を始める。
その投資の担保として不動産投資に着目し、やがて不動産が投資商品として有効であることに気づき、以後、積極的に不動産投資を始める。
東京23区のワンルーム中古市場で不動産投資を展開し、2019年に20年間勤めた会社をアーリーリタイア。現在、自身の所有する会社を経営しつつ、 東京23区内に計36戸の物件を所有。年間家賃収入は3,700万円。
さらにマンション管理組合事業など不動産投資に関連して多方面で活躍する。

著書:『43歳で「FIRE」を実現したボクの”無敵”不動産投資法』(アーク出版)

大山 徹氏 (サラリーマン投資家)

1979年生まれの43歳。大学卒業後、大手通信会社に勤務。
村野氏からの誘いを受け、2007年から不動産投資を開始。現在は東京中古ワンルームを中心に6戸を所有する。
不動産投資ではどんどん戸数を増やすよりも、時間をかけて物件を増やしていくスタイル。

沖田 真夏氏

1983年生まれの39歳。IT会社勤務で、現在育休を取得中のサラリーマン投資家。
2013年より東京中古ワンルームで不動産投資をスタートし、現在10戸所有。
総家賃収入は年間約800万円。 不動産投資で得られる安定した家賃収入が後押しとなり、仕事よりも家族との時間を優先し、1年間の育休を取得した。

富士田 徹也氏

1989年生まれの33歳。新卒で総合電機メーカーに入社後、金融系企業に転職。
株式投資を行う傍ら、先輩オーナーからの紹介で2017年から20代にして不動産投資を開始。現在は東京中古ワンルーム10戸を所有する。
リスクを許容可能な範囲で、借り入れを最大限活用しながら不動産投資を行う。