公開日: 2020.12.18 ローン

ARUHI(アルヒ)の住宅ローンの審査のポイント

ARUHIといえば住宅ローン専門の金融機関。住宅ローンを探している人にとって、チェックしておきたい会社なのではないでしょうか。
 
そこで、ARUHIで住宅ローンを検討している人が覚えておいた方がよい点をリサーチしてみましたのでご覧ください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

執筆者:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

【PR】おすすめの住宅ローン

ARUHI

ARUHIの住宅ローンバナー

おすすめポイント

  • ・【フラット35】10年連続シェアNo.1!
  • ・通常フラット35より金利が低い「スーパーフラット」や、
     10割融資が可能になる組み合わせプランあり!
  • ・通常フラット35より金利が低い「スーパーフラット」や、10割融資が可能になる組み合わせプランあり!
ARUHIフラット35

1.040%

※2021年04月適用金利

ARUHIスーパーフラット

0.630%

※2021年04月適用金利

ARUHIフラット35

1.040%

※2021年04月適用金利

ARUHIスーパーフラット

0.630%

※2021年04月適用金利

 

ARUHIの住宅ローンの特徴

 
住宅ローン専門の金融機関・ARUHI。まずはその特徴について見てみましょう。
 

フラット35において10年連続シェア1位

 
2010年度から2019年度のフラット35実行件数において、ARUHIは10年連続でシェア1位を獲得しているとのことです。あくまでもARUHI調べではありますが、10年連続での1位は、大きな信頼を集めていると考えてよいのではないでしょうか。
 
フラット35は、どの金融機関で利用するかで審査や返済等、微妙に異なるものです。10年連続でシェア1位を獲得しているという事実は、それだけ多くの住宅ローン希望者がARUHIを頼りにしたからこそでしょう。
 

最短当日も可能なスピード審査

 
ARUHIは最短で当日も可能なスピード審査を行っています。事前審査であれば最短で1日、本審査であれば最短で3営業日での審査を可能としていますので、すぐに結果が分かります。
 
住宅ローンは、時にはスピード感が求められます。設計士との話がまとまっているものの、ローンの結果が出ていない…といったケースも決して珍しくありませんが、スピード感のある審査を行っているARUHIであれば、そのようなリスクを軽減してくれる可能性が高いです。
 

保証人・繰上返済手数料不要

 
保証人や繰上返済手数料が不要なので、保証人を用意したり、返済の途中で繰上返済したときに手数料を考慮する必要がありません。保証人不要にせよ繰上返済手数料不要にせよ、それらを求める人にとっては大きなメリットです。
 

ARUHIの住宅ローンを利用するメリット

 
ARUHIの住宅ローンを利用すると、どのようなメリットがあるのかも見てみましょう。
 

全国1,000以上の金融機関から選べる返済口座

 
全国1,000以上の金融機関から返済口座を選べるので、選択肢が豊富です。住宅ローンのために新しい口座を作る手間を省きやすいのがARUHIのメリット。新規借り入れの場合、返済口座として指定できるのは、給与口座、もしくは生活口座となりますが、現在利用している口座を返済口座として選べる可能性が高いです。
 

Web申し込みは24時間可能

 
Webからの場合、24時間いつでも好きな時に申し込みが可能です。24時間常に審査を行っている訳ではありませんが、すぐにでも行動したい人や、忘れがちなことを早めに済ませておきたいには大きなメリットになるのではないでしょうか。
 

住宅ローンに精通したスタッフが在籍

 
ARUHIは住宅ローン専門の金融機関なので、ARUHIに蓄積されているノウハウは住宅ローンのみ。いわば、ARUHIのスタッフは住宅ローン専門のスタッフでもあり、ARUHI住宅ローンに関する知識のみを深めています。
 
住宅ローンは何十年と返済が続くものです。見切り発車ではなく、すべての面において納得してから組みたいものですが、ARUHIのスタッフであれば豊富な実績によって培った知識に基づいてさまざまな疑問を解決してくれることでしょう。
 

ARUHIの住宅ローンの審査に通るために

 
ARUHIの住宅ローンの審査に通るためのポイントについても見てみましょう。基本的に、ARUHIというよりも住宅ローン全般に共通している部分もありますので、ARUHI以外の住宅ローンでのマイホームを検討している人にとっても参考になる部分が多いはずです。
 

住宅ローンシミュレーションで計画を立ててみよう

 
ARUHIは公式ホームページ上に借り入れシミュレーションを用意しています。こちらのシミュレーションは新規・借り換え双方のシミュレーションが無料で行えるツール。無料シミュレーションには下記の3種類が用意されています。
 

・借入希望額からの試算
・現在の年収から試算
・毎月の返済額からの試算

 
さまざまなシミュレーションが行えるので試してみるとよいでしょう。特に審査に関しては「現在の年収からの試算」で、ARUHIでどれだけお金を借りられるのかが明示されます。必ずしもシミュレーション通りの金額を借りることができると保証されているものではありませんが、マイホームの資金繰りにおける一つの目安になることでしょう。
 
あくまでもシミュレーションではありますが、どれくらい借りられるのか、返済額、あるいは借入希望額とさまざまな角度からシミュレーションできる有益なツールです。
 

借り入れを減らしておこう

 
住宅ローンの審査の申し込みの前に、可能であれば他社からの借り入れを減らしておくとよいでしょう。理想を言えば、他社からの借り入れは0円です。どこでどれだけお金を借りているのか、金融機関は情報を共有しています。
 
他の金融機関からの借り入れがある場合、そちらへの返済も行いつつ、住宅ローンの返済も行うことになりますので、金融機関としての印象はよくありません。
 
申込者に対し、単刀直入に「問題なく住宅ローンを完済できるのか」という疑問を持つことでしょう。そのため、借り入れを0円にすることで、「他社からの借り入れがありません」と申告できます。
 
他社からの借り入れの有無は印象を大きく左右しますので、手元のお金に余裕があり、かつそのお金で他社からの借り入れを0円にできるのであれば、一括返済してから審査に申し込んだ方がよい印象を与えることになります。
 

頭金のバランスを考えてみよう

 
頭金を少なく設定している場合、多めにすることで住宅ローンの借入額を多少減らせますので、バランスを考えてみるのもよいでしょう。もしもの時のためにある程度現金を持っておきたいと考える人も多いのですが、頭金が少なければ少ないほど、住宅ローンでの借入金額が増えることになります。
 
借入金額が増えれば、当然審査も厳しくなります。そのため、頭金と住宅ローンでの借入額のバランスを見直してみるのもよいでしょう。頭金が多ければ、借入額を抑えられるので、毎月の返済額、ひいては返済総額の抑制にもつながります。
 

削れる部分を削って借入額を減らしてみよう

 
この点も基本的な原理は頭金の部分と同じです。マイホーム購入は妥協したくないものです。そのため、あれもこれもとオプションをつけて予算を超えてしまうケースも珍しくありません。
 
長く住むのだから妥協したくない気持ちもよく分かるのですが、オプションでいろいろと付与すると、その分費用も高まるので必要な資金が増え、住宅ローンの借入額が増えることにもなりかねません。抑えるべき部分は抑え、なるべく予算をおさえることで住宅ローンの借入額を抑えることにつながるので、審査の結果にも影響を与えます。
 

ARUHIの住宅ローンで審査を受けてみよう

 
ARUHIは住宅ローン専門の業者として、豊富なノウハウ・実績があります。公式ホームページでは会員登録で利用できるシミュレーションも用意されていますので、ある程度の目安を把握することも可能です。
 
しかし、審査に通過するためには抑えるべきポイントもありますので、それらを意識し、審査の際によい印象を与えられる状態でARUHIの住宅ローンに申し込んでみるのもよいでしょう。マイホームのために妥協をしたくないのは当然ですが、住宅ローンを組むためのポイントを把握することも重要です。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
 

関連記事

住宅ローン控除期間終了後も繰り上げ返済しないほうがいいワケ
住宅ローン控除の還付金が少ないと感じたら確認したいポイント
60歳からだと住宅ローンは組めない?老後生活の不安

住宅ローン 金利別ランキング ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

住宅ローン 金利別ランキング

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

【PR】おすすめの住宅ローン

ARUHI

ARUHIの住宅ローンバナー

おすすめポイント

  • ・【フラット35】10年連続シェアNo.1!
  • ・通常フラット35より金利が低い「スーパーフラット」や、
     10割融資が可能になる組み合わせプランあり!
  • ・通常フラット35より金利が低い「スーパーフラット」や、10割融資が可能になる組み合わせプランあり!
ARUHIフラット35

1.040%

※2021年04月適用金利

ARUHIスーパーフラット

0.630%

※2021年04月適用金利

ARUHIフラット35

1.040%

※2021年04月適用金利

ARUHIスーパーフラット

0.630%

※2021年04月適用金利

 


住宅ローンランキング表はこちら