住宅ローンはリフォーム費用も借りられる? リフォームローンとの違いは? |ファイナンシャルフィールド

更新日: 2021.11.11 その他

住宅ローンはリフォーム費用も借りられる? リフォームローンとの違いは?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部 / 監修 : 新井智美

住宅ローンはリフォーム費用も借りられる? リフォームローンとの違いは?
中古住宅の購入を考えていて、住宅ローンはリフォーム費用も借りられるのか疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。
 
結論からいえば、住宅ローンはリフォーム費用も借りることが可能です。リフォーム費用を含む住宅ローンであれば、通常のリフォームローンよりも借入金額が大きく低金利で、返済期間は長めです。
 
ここでは、リフォーム費用を含む住宅ローンを利用するメリットや住宅ローンとリフォームローンの違いについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:新井智美

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

仮審査最短即日回答!
・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.380%

※2021年12月適用金利

※全期間引下げプラン

※じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定

0.575%

※2021年12月適用金利

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

0.975%

※2021年12月適用金利

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

住宅ローンはリフォーム費用も借りられる

住宅ローンとセットでリフォーム費用を借りることは可能です。すべての金融機関で取り扱っているわけではありませんが、住宅ローンと同じ条件でリフォーム費用を借りられるため、通常のリフォームローンよりも借入金額は大きく低金利で、借入期間は長めです。
 
「中古物件を購入してリフォームをしたい」という方は、住宅ローンとリフォームローンを別々に利用する必要がなく、住宅ローンのみで物件購入費用とリフォーム費用の借り入れができます。

 

リフォーム費用を含む住宅ローンを利用するメリット

リフォーム費用を含む住宅ローンは、住宅ローンの金利が適用されるため低金利でお得です。返済期間は35年と長く、毎月の返済額を安く抑えられます。最大1億円など借入金額も大きいため、大規模なリフォームを実施する際も安心です。
 
ここでは、リフォーム費用を含む住宅ローンを利用するメリットについて見ていきましょう。

 

金利が低い

リフォーム費用を含む住宅ローンは、リフォームローンを単独で利用するより金利が低いのがメリットです。リフォーム費用を含む住宅ローンは、通常の住宅ローンとほぼ同じ金利が適用されます。
 
単独のリフォームローンだと金利は2.0%~4.0%前後ですが、リフォーム費用を含む住宅ローンは0.5%~1.0%前後です。

 

返済期間が長い

リフォーム費用を含む住宅ローンは返済期間が最長35年と長めです。返済期間が長いと毎月の負担を安く抑えられます。
 
例えば、リフォーム費用と住宅購入費用の3500万円を、金利1.0%で借り入れした場合、返済期間によって、次のような毎月の返済額が変わります。
 

・返済期間35年:9万8799円
・返済期間30年:11万2573円
・返済期間25年:13万1905円
・返済期間20年:16万963円
・返済期間15年:20万9473円

 
※全期間固定金利、元利均等返済方式でシミュレーション
※シミュレーションには住宅保証機構株式会社の「返済額の試算」を使用しております。
※概算になりますので実際の金額とは異なる場合があります。
 
このように、リフォーム費用を含む住宅ローンは返済期間が長いので、毎月の返済額を安く抑えることが可能です。

 

借入金額が大きい

リフォーム費用を含む住宅ローンは、借入金額が大きいのもメリットです。金融機関によっては最大1億円まで借り入れできます。借入金額が大きいため、規模の大きいリフォームでも安心です。

 

住宅ローンとリフォームローンの違い

住宅ローンとリフォームローンでは担保の有無が異なります。リフォームローンは担保は必要ありませんが、住宅ローンは連帯保証人や土地・建物などの担保が必要です。
 
借入金額は住宅ローンのほうが大きく、返済期間はリフォームローンが短くて住宅ローンが長めです。金利は住宅ローンのほうが低水準になります。
 
ここでは、住宅ローンとリフォームローンの違いについて見ていきましょう。

 

担保

住宅ローンとリフォームローンの違いが、担保の有無です。担保とは、ローン返済困難時の返済を保証するために、債務者が金融機関に提供するものです。連帯保証人などの人的担保と土地・建物などの物的担保の2種類があります。
 
基本的にリフォームローンは担保不要で利用できます。身内に連帯保証人のお願いをしたり建物や土地を担保として差し出す必要がありません。
 
一方、住宅ローンは担保が必要です。購入して居住予定の不動産を担保にしなくてはなりません。また、連帯保証人や連帯債務者が必要となるケースもあります。
 
このように、住宅ローンとリフォームローンでは担保の有無が異なります。

 

借入金額

一般的にリフォームローンの借入金額は最大500万円~1500万円程度です。一方で住宅ローンの借入金額は最大5000万円~1億円程度になります。

 

返済期間

返済期間は住宅ローンのほうが長くなります。
 
リフォームローンの返済期間は最長10年~15年程度、住宅ローンは最長35年のケースが多いです。リフォームローンは返済期間が短いため、借入金額が少なかったとしても毎月の返済額は多くなる可能性があります。
 
一方、住宅ローンは借入金額は大きいですが返済期間が長いため、毎月の返済額を抑えることが可能です。

 

金利

金利は住宅ローンのほうが低いのが一般的です。住宅ローンの金利は0.5%~1.5%程度が多いですが、リフォームローンの金利は2.0%~4.0%程度が相場となっています。
 
大手金融機関においても、住宅ローンとリフォームローンでは1.0%~2.0%程度の差があります。住宅ローンのほうが低金利で利用可能です。

 

リフォーム費用を借りるなら住宅ローンとセットがお得!

リフォーム費用を含む住宅ローンは、通常の住宅ローンと同じ条件で物件購入費用とリフォーム費用を借り入れできます。リフォームローンよりも借入金額が大きく低金利で、返済期間は長めです。
 
中古物件を購入してリフォームも検討している方は、住宅ローンとリフォームローンを同時に利用するより、リフォーム費用を含む住宅ローンのほうが有利な条件で借り入れができます。
 
早速、リフォーム費用を含む住宅ローンのシミュレーションをしてみてください。

 
出典
※住宅保証機構株式会社「返済額の試算」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
 

住宅ローン 金利別ランキング ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

住宅ローン 金利別ランキング

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

仮審査最短即日回答!
・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.380%

※2021年12月適用金利

※全期間引下げプラン

※じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定

0.575%

※2021年12月適用金利

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

0.975%

※2021年12月適用金利

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

条件別で住宅ローンを探す

新着記事一覧

住宅ローンおすすめ記事

金融機関別に「住宅ローン」を見る

CLOSE

キーワードで記事を検索