最終更新日: 2020.04.06 公開日: 2019.04.25
資産運用

Jリートには、どんな物件がありますか?

執筆者 : 大泉稔

Jリートとは、投資家から資金を集め複数の不動産を運用し、それによって得た賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。
 
つまり、Jリートは「大家さん業」への投資と言えます。家賃収入から経費を引いた残りが分配金の原資になるので、大雑把に言うと「不動産投資」の一つと考えられなくも無いと思います。
 
Jリートのメリットとして、個人では考えられないような不動産投資も可能な点が挙げられると思います。「個人では考えられないような不動産投資」とは、どのようなことなのでしょうか?
 
※なお、本稿ではJリートのメリットと考えられることのみを挙げております。もちろん、Jリートにもリスクはあります。Jリートのリスクは別稿にて考えていきたいと思います。
 
 
大泉稔

執筆者:

執筆者:大泉稔(おおいずみ みのる)

株式会社fpANSWER代表取締役

専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師
明星大学卒業、放送大学大学院在学。
刑務所職員、電鉄系タクシー会社事故係、社会保険庁ねんきん電話相談員、独立系FP会社役員、保険代理店役員を経て現在に至っています。講師や執筆者として広く情報発信する機会もありますが、最近では個別にご相談を頂く機会が増えてきました。ご相談を頂く属性と内容は、65歳以上のリタイアメント層と30〜50歳代の独身女性からは、生命保険や投資、それに不動産。また20〜30歳代の若年経営者からは、生命保険や損害保険、それにリーガル関連。趣味はスポーツジム、箱根の温泉巡り、そして株式投資。最近はアメリカ株にはまっています。

詳細はこちら
大泉稔

執筆者:

執筆者:大泉稔(おおいずみ みのる)

株式会社fpANSWER代表取締役

専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師
明星大学卒業、放送大学大学院在学。
刑務所職員、電鉄系タクシー会社事故係、社会保険庁ねんきん電話相談員、独立系FP会社役員、保険代理店役員を経て現在に至っています。講師や執筆者として広く情報発信する機会もありますが、最近では個別にご相談を頂く機会が増えてきました。ご相談を頂く属性と内容は、65歳以上のリタイアメント層と30〜50歳代の独身女性からは、生命保険や投資、それに不動産。また20〜30歳代の若年経営者からは、生命保険や損害保険、それにリーガル関連。趣味はスポーツジム、箱根の温泉巡り、そして株式投資。最近はアメリカ株にはまっています。

詳細はこちら

一本のJリートで、全国のアパート・マンションに投資することができる?

一本のJリートには、複数の不動産が対象になっています。
 
例えば、ある「賃貸住宅」に特化したJリートの場合。首都圏はもちろんのこと、北は北海道から名古屋圏や近畿圏、それに岡山や福岡にまで、アパートやマンションなどの物件があります。
 
個人が複数の都市にアパートやマンションを持つのは、資金さえ調達できれば可能なのかも知れませんが、管理が大変なのではないでしょうか?もちろん、管理会社に「お任せ」で良いとは思いますが、それぞれの都市(=地域)の管理会社を利用することになるでしょう。
 
このJリートに投資するだけで、国内の多数の都市に跨って、アパートやマンション投資を行っているイメージになります。そして、「不動産の(地域的な)分散投資」を実現していることにもなります。
 

まさか、飛行機の整備場を?

Jリートの中には、空港にある飛行機の整備場を保有しているものもあります。飛行機の整備場を「個人が不動産投資の対象とする」ことって、なかなかできることではありませんよね。
 
また、この飛行機の整備場を対象にしているJリートは、何と建物の延べ床面積が1万坪を超える物流センターも対象としています。この巨大な物流センターにテナントとして入居し、利用しているのは、皆が知っている著名な運送業者です。しかも1社だけで利用しているのです。
 
巨大な物流センターを「個人が大家さんになる」ことって、まず不可能ですよね。
 

みんなが憧れる、あのホテルもJリートに?

みんなの憧れの、あのホテルを所有しているJリートもあります。つまり、「憧れのホテルの大家さん」「観光地にある不動産への投資」というイメージなのです。
 
加えて、このJリートは観光地にあるホテルだけではなく、都市にあるビジネスホテルも保有しています。また、観光地のホテルも都市のホテルも、どちらも複数所有しています。
 
地理的な分散だけではなく、目的も分散した、ホテルに特化したJリートです。
 

他にも色々

オフィスビルに特化したJリートもあれば、ショッピングモールなどの商業施設に特化したリートもあります。オフィスや商業施設などの「(特定の)用途に特化した」Jリートは、「物件を用途に活かすノウハウ」が如何なく発揮されることでしょう。
 
逆に、「(特定の)用途に特化」せず、複数の用途、例えば「オフィスビルと商業施設」の両方を所有するJリートもあります。用途の分散が実現しているのですね。いずれにせよ、個人ではなかなかできない不動産投資と言えるのではないでしょうか?
 

まとめ

Jリートを「個人では考えられないような」不動産投資という視点で書いてみました。
 
Jリートは、何と言っても、物件を直接見ることが可能なのが魅力と言えるでしょう。特に、商業施設のJリートなら、入居しているテナント(=お店)の中にまで入ることができますし、オフィスも共有スペースやエントランスを覗くことができますね。
 
住宅のJリートの場合、お住まいの方がいらっしゃいますから、さすがに中までとはいきません。偶然にも、筆者のお客さまがJリートの保有の物件にお住まいで…。訪問が、運良く見学になってしまったことがありましたが……。
 
株式投資に比べれば、不動産への投資の方がイメージしやすかったり、馴染みを感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
執筆者:大泉稔(おおいずみ みのる)
株式会社fpANSWER代表取締役
 



▲PAGETOP