最終更新日:2019.01.07 公開日:2018.10.13
家計

出産・育児の前に考えたい ライフスタイルによって必要・不必要が分かれるものベスト5

「出産」は人生でも多くはない、一大イベントですよね。だからこそ、万全に、そして思うように準備をしたいと考えるもの。
 
でも、はやる気持ちをちょっと落ち着けて、考えてみてください。ライフスタイルによって必要なものやいらないもの、実はなくても問題なかったものなどがあるのです。
 
出産はゴールではなく、そこから育児のスタートです。そして、子どもを育てるには、お金がかかるもの。最小限にできることは最小限にして、しっかりその先の育児に備えてはどうでしょうか。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

ライフスタイルによって必要・不必要が分かれるものベスト5

一軒家かマンションか、狭いのか広いのか、里帰りするのかしないのか、上の子がいるのかいないのかなど、状況によって出産・育児準備で必要なもの、不必要なものは変わります。
 
中でも、その差が特に大きいものを挙げてみます。
 

■必要な家庭では必要!でも、使う期間はとても短い大物「ベビーベッド」

赤ちゃんが生まれてすぐに必要なベビーベッド。でも、ライフスタイルによっては邪魔になる存在かもしれません。寝室のスペースが狭かったり、敷布団で生活をしている夫婦の場合、その存在感はかなりのものです。本当に必要か、検討の余地があるかもしれません。
 
さらに、赤ちゃんはどんどん大きくなるもの、動きも激しくなるので、ベビーベッドに寝かせられる期間は意外と短いのです。ただ、上の子がいる場合は、上の子から踏まれないようにベビーベッドは必須という家庭もあります。
 
準備品の中でも大物で、金額も数万円はするので、しっかり検討が必要そうです。さらに、使わなくなったときに物置になったなんて声も!月に数千円でレンタルも可能なので、そのような手段も選べそうです。
 

■新生児期に限っては、赤ちゃんの居場所として、とっても便利「クーファン/ベビーキャリー(赤ちゃんかご)」

これも使う期間が数ヶ月、あっという間に入らなくなるという声が多く上がります。それでもあった方が便利そうという人は、先輩ファミリーに譲ってもらうのも一つのアイデアかもしれません。
 

■絶対にフルセット必要か!?準備グッズの代表的存在「哺乳瓶セット」

ミルク育児をするならば必ず使うものですが、「母乳育児をしようかな」「足りなければ混合で」くらいに考えているならば、最低限の哺乳瓶とミルク、洗浄剤をそろえておくことをお勧めします。
 
これも、何種類もの哺乳瓶のついたブランド物のフルセットだと数万円するものもあるので、そのようなフルセットを買ったり、ミルクを何缶も買い込んだりせずに、状況によって買い足すだけでよさそうです。
 

■赤ちゃんといえばコレ!かわいくていくつもほしくなっちゃう「スタイ(よだれかけ)」

これは、子どもによって明確に必要・不必要が分かれるもの。子どもによっては、1日に何回も替えなくてはならないほどよだれが出る子もいれば、まったく出ない子もいます。
 
状況によって買い足せばいいので、最低限の枚数をそろえればよさそうです。さらに、出産祝いとしていただくことが多い品でもあります。かわいいからといって、たくさん買い込めば、スタイであってもそれなりの金額になるので要注意です。
 

■実際に何が必要なのかちょっと分かりにくい「お風呂周りの道具」

赤ちゃんのお風呂といえばベビーバスをイメージされる方が多いと思いますが、それ以外にもバスチェアやバス用のマット、温度計、洗面器など、さまざまなものがあります。
 
これも数ヶ月しか使わないものが多く、バスチェアやマットは結構大きいので、いらなくなってからはかなりの邪魔になるという声も。ベビーバスに入る時期には使わないものなので、必要と感じてからそろえるだけでよさそうですね。
 

まずは様子見をして、周囲に相談をしてみては?

いかがでしたでしょうか。特に初めての子どもであれば、いろんな期待や楽しみもこめてたくさんのものをそろえたくなりますよね。
 
そこはちょっと落ち着いて、周りの先輩ファミリーにアドバイスをもらったり、譲ってもらったり、レンタル品を利用するなどして、出産・育児の準備をしてみてはいかがでしょうか。
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部

商品比較
商品比較


▲PAGETOP