最終更新日:2019.05.17 公開日:2018.10.23
家計

共働き家庭の月収は約60万円!それでも家計のやりくり、仕事、家事と大忙しの共働きママ…悩みや一番欲しいものって?

総務省が発表した家計調査報告(※1)によると、夫婦共働きの世帯における実収入は月60万8491円、消費支出は33万5859円だそうです。いずれも前年に比べて0.6%増加しているとのことで、収入UP、消費UP、余ったお金は貯金……といった、いいサイクルを回せていそうです。
 
ただこれは金額だけの話。共働き世帯のママは仕事に家事に、とにかく忙しいものです。
 
今回は、そんな共働きママたちがいまなにに悩み、なにが欲しいのかを見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

共働きママたちは、自由を叫んでいた!?

仕事、家事、子育てと、毎日目まぐるしく働いている共働きママ。時短料理や宅配サービスなどを使い、日々家事の効率化を図っているひとも多いのではないでしょうか。
 
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社が、共働きママに対して行った意識調査(※2)をひも解いてみます。
 

【日々、仕事と家庭の効率化を行ってできた時間をなにに使いたいですか?】

1位:自由な(追われない)時間 76.4%
2位:子どもとの時間      43.3%
3位:心のリセットの時間    41.4%
 
圧倒的に多かったのが、自由な時間……!
 
朝は子どもの学校の支度や朝ごはんの用意、さらには自分の出勤時間に追われ、仕事が終わったあとは子どものお迎えや食料・日用品の買い物、そして帰宅すれば夕飯の支度に掃除・洗濯……。
そんな忙しい共働きママが一番欲しい時間は、誰にも邪魔されず時間に追われない自由な時間だったんですね。
 

【両立生活のなかで、悩んでいる・困っていることについて、教えてください。】

1位:ストレス、健康 72.6%
2位:料理 65.4%
3位:掃除、片づけ 65.0%
4位:子どもの急病 63.1%
 
自由を叫ぶ共働きママは、やはり日々の忙しさのなかでストレスが溜まっており、健康も気になっているようですね。
 
仕事をしているとなかなか家事の時間が取れず、忙しいときに子どもの具合が突然悪くなる……そんな慌ただしい毎日でお疲れの様子。
 
最近、こういった共働き世帯をターゲットに家事代行サービスが注目を集めたり、家事を少しでも楽にできる便利な家電が出てきたりと、お金でゆとり時間を買う方法が選ばれているのも納得です。
 

共働きママたちが注目するのは、やっぱりお金のやりくり

【現在、特に興味関心のあることはありますか?あてはまるものを全てお答えください】

1位:子育て・教育等    66.2%
2位:毎月のやりくり    62.7%
3位:家事の効率化等    62.4%
3位:貯蓄・ライフプラン等 62.4%
 
お子さんを持つママですもの、子育てや教育に関心があるのは当然ともいえます。自由な時間をつくるための家事の効率化が気になるのも納得。そしてやはり外せないのが、2位と3位に輝くお金関連です。
 
子どもには惜しみなくお金を使いたいけれど、将来の貯蓄も気になる……そんな切実な思いが伝わってきます。
 

時間をお金で買いたい共働きママも増えている

フルタイムで働く共働きママを対象に東京ガス株式会社都市生活研究所が行った調査(※3)によると、以下の結果が。
 

【時間をお金で買いたいと思うことがある】

・あてはまる      25.0%
・ややあてはまる    25.0%
・どちらともいえない  30.1%
・あまりあてはまらない 10.9%
・あてはまらない     9.0%
 

【家事を効率化するモノやサービスにはお金を惜しまない】

・あてはまる      12.2%
・ややあてはまる    27.6%
・どちらともいえない  35.9%
・あまりあてはまらない 16.7%
・あてはまらない     7.7%
 
いずれの調査も、あてはまる・ややあてはまるを選んだ人の割合が、ほかを上回っています。
 
収入や消費が増えている共働き世帯ではありますが、自分だけの自由な時間をつくるため、子どもとの時間をつくるため、働くママたちは日々頭を悩ませていることがわかりました。
 
これからも、そんな共働きママを助けるサービスや商品が続々出てきそうですね。
 
※1 総務省「家計調査報告(平成29年)」
※2 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社「共働きママが一番欲しいのは『追われない自由な時間』。3大悩みは『ストレス・健康』『家事』『子どもの急病』。時間に追われるママたちのストレスが鮮明に。」
※3 東京ガス株式会社都市生活研究所「共働きママの時間意識〜フルタイムで働く子育てママは、時間をお金で買いたい〜」
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部

商品比較
商品比較


▲PAGETOP