最終更新日: 2019.06.28 公開日: 2019.02.20
暮らし

いったいランドセルの予算はどれぐらい?ランドセル活動、略して「ラン活」!出資者もチェック!

そろそろ入学、新学期の準備を始める季節でしょうか。特に小学校にあがるお子さんをお持ちの家庭は、なにかとバタバタしだす頃かもしれません。
 
毎年話題を集めるのが、ランドセル。ランドセルを下調べしたり買ったりする活動のことを、「ラン活」と略すこともあるのだとか。車メーカーや有名ブランドとコラボレーションしたランドセルなど、個性的な商品も出てきていますね。
 
ところでランドセルといえば、男の子は黒、女の子は赤というのが昔ながらのイメージですが、最近はどうなっているのでしょうか?楽天株式会社が発表した、「楽天ママ割“ラン活”調査」(※)の結果をチェックしてみましょう。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

パパもおじいちゃんも奮発?ランドセル購入価格の実情とは

6年間使うランドセルだからこそ、子どもの好みを優先したいもの。とはいえお金を出すのは保護者ですから、やっぱり価格は気になりますよね。いったいどの価格帯のランドセルが一番選ばれているのでしょうか。
 
【購入する予定の/購入したランドセルの価格を教えてください】
1位:5〜6万円未満 26.8%
2位:6〜7万円未満 16.8%
3位:4〜5万円未満 14.0%
 
TOP3は上記の結果に。4〜7万円未満の価格帯が、全体のおよそ6割を占めていました。あまりに安価なものだと数年持つかわからないし、あまりに高価なものだと手が出しにくいし……という保護者の悩みが伝わってくるようですね。
 
では、ランドセルを購入する際、一番多くお金を出しているのは誰になるのでしょうか。
 
【ランドセルを購入する際の、出資者は誰ですか/誰になると思いますか。複数いる場合は1番多く出資している/出資すると思う方についてお答えください】
1位:パパ        26.0%
2位:ママ側の父親    16.0%
3位:まだ決まっていない 15.0%
4位:パパ側の父親    14.0%
5位:パパ側の母親    10.5%
6位:ママ側の母親    10.0%
7位:ママ         5.5%
 
上記の回答は、2019年入学の新1年生の保護者のもの。まだ決まっていないという回答を除くと、多くは父親、祖父がもっとも出資しているという傾向が伺えます。出資者が決まったところで、実際に購入するランドセル選びを始める、いわゆるラン活のスタート時期はいつ頃が多いのでしょうか。
 
【ランドセル選びを始める/始めた時期はいつ頃ですか】
1位:入学前年度の5月   30.0%
2位:入学前年度の4月   16.5%
3位:入学前年度の1〜3月 12.0%
4位:入学前年度の8月   11.5%
5位:入学前年度の7月   8.0%
 
上記の回答は、2019年入学の新1年生の保護者のもの。なんと、ラン活は入学のおよそ1年前から始まっているのですね。なかには1年以上も前からスタートしている家庭もあり、ランドセルが新1年生を擁する家庭にとってどれだけ重要なアイテムかということがわかります。
 

新1年生に人気のランドセルの色とは

さて、ランドセルを実際に使う子どもたちは、どんな色のランドセルを選んでいるのでしょうか。
 
【お子さまのランドセルは何色を購入する予定ですか】

<新1年生女児>

1位:ピンク  10.0%
2位:赤    9.5%
3位:パープル 8.5%

<新1年生男児>

1位:黒    36.0%
2位:紺    7.0%
3位:青    4.0%
 
上記のパーセンテージは女児と男児を合計したなかで割り出された数字です。男児は圧倒的に黒が人気ですが、女児は赤系とパープルがほぼ並ぶかたちになりました。
 
赤よりもピンクがやや人気とのことで、この春はパステルカラー調のランドセルを背負った女の子を多く見かけるかもしれませんね。
 
この結果を見ると、やはり今でも男の子は黒、女の子は赤、というランドセル選びが根付いていることがわかります。まだ小さいお子さんがいるご家庭も、この調査結果を参考に、今から予算や出資者などを検討してみては?
 
※楽天株式会社「楽天ママ割“ラン活”調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)
 



▲PAGETOP