公開日:2019.08.10 暮らし

来年4月からレジ袋が有料化?マイバッグってどれくらいの人が使っているの?

みなさんは、買い物の際にマイバッグを持っていきますか?
 
日本国内で使われているプラスチック製レジ袋は、年間20万トン程度と報道されています。一部は河川や海に流れ、海洋汚染につながるとされています。7月にも奈良公園の鹿がレジ袋を食べ、9頭も死んでしまったというニュースがありましたね。
 
世耕経済産業相はこの6月に、全国のスーパーやコンビニなど、小売店で使われるプラスチック製レジ袋について、早ければ来年4月から有料化を義務づける方針を表明しました。有料化となれば、小売店は消費者に有料でレジ袋を提供することになるため、プラスチックごみの削減が見込めます。
 
今もスーパーでマイバッグを持参している人をよくみかけます。一方、レジ袋をゴミ袋に使うために、あえてレジ袋をもらっている人もいるようです。
 
楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区)は、レジ袋有料化に伴い「マイバッグに関する調査(※)」を実施しました。マイバッグの利用状況はどのようになっているのか、見てみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

スーパーではマイバッグを使う人が7割以上。コンビニや衣料品店で使う人は少ない

普段買い物をする際に使う物は何かと尋ねると、「レジ袋」と答える人がどの業態でも最も多かったですが、唯一スーパーのみが「マイバッグ」を使うという人が71.5%で、「レジ袋」の44.7%を逆転しています。スーパーに行く際はマイバッグを持っていくということが浸透しているようです。マイバッグを持っていくと値引きしてもらえたり、既にレジ袋が有料のところもあるのが理由でしょう。
 
一方で、コンビニと衣料品店はレジ袋を利用する人が8割を超えていました。コンビニは急に何かが欲しくなったりと、突発的に利用することが多いことから、マイバッグの用意がないのだと思われます。また、衣料品店ではマイバッグを持っていくという意識は少ないかもしれません。ショップの袋を欲しがる人も多いですよね。
 

女性はお気に入りのマイバッグを購入して使用。エコの観点より節約重視

マイバッグ使用者にバッグの入手方法を聞くと、58.3%が「購入した」と回答しており、特に女性は63.0%が買っているという結果に。これは「無料でもらった(48.2%)」を上回っています。もらいもののバッグを使うより、お気に入りのバッグを購入して、気分よく買い物をしたいという気持ちがうかがえます。
 
マイバッグを使う理由は、「レジ袋が有料だから」が63.9%と圧倒的でした。既にレジ袋が有料であるスーパーを利用している場合は使わざるを得ないのですね。「値引きされるから(31.0%)」「ポイントがもらえるから(28.6%)」というように、余計にお金を払いたくなかったり、少しでも安く済ませたいという回答が多くみられました。
 
このような理由が「環境にやさしいから(37.2%)」「レジ袋が無駄になるから(25.1%)」といったエコの視点よりも多いことがわかりました。
 

マイバッグを使わない人でも値引きやポイント次第で使ってもよいと考える

マイバッグを使わない店がひとつでもある人に、マイバッグを使わない理由を聞いたところ「レジ袋を無料でもらえるから」が63.8%と最も多く、「レジ袋は、家庭で有効活用しているから(33.9%)」「マイバッグの持参が面倒だから(32.4%)」と続きました。レジ袋を家庭でゴミ袋等に利用している人が多いのでしょうね。
 
「どんなことがあったら、マイバッグを利用したいと思いますか」という問いには「マイバッグを使うと値引きされる(83.5%)」「マイバッグを使うとポイントが貰える(80.2%)」という、お得な特典があることを望む声が8割以上でした。このような人はレジ袋が有料化されたらすぐにマイバッグを使う可能性が高いように見えます。
 
レジ袋の有料化が義務づけられれば、マイバッグを使うしかありません。お気に入りのバッグを買ってその時に備えておいたほうがいいかもしれませんね。
 
出典※楽天インサイト「マイバッグに関する調査」
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

商品比較
商品比較


▲PAGETOP