最終更新日: 2020.02.19 公開日: 2020.02.22
暮らし

働く女性はどれくらいトレーニングしているの?ジムに通わない人も多いの?

みなさんはどのくらい運動していますか?周りにランニングが趣味の人や、ジムに行っている人、ヨガをやっている人などいませんか?総務省統計局の調べでは、2018年の「スポーツクラブ使用料」は年間で5169円でした(※1)。
 
これを見ると、スポーツクラブに通っている人は、そこそこいそうです。自分だけ何もしていないのでは、と焦ってしまいますね。
 
株式会社 明治(本社:東京都中央区)は、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施しました(※2)。働く女性がどれくらいトレーニングしているのか、結果を見てみましょう。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

3人に1人が定期的にトレーニングしている。毎日している人も2割近く

働いている女性に、定期的にトレーニングをしているか質問したところ、36.6%の人が「している」と回答。さらに、どのくらいの頻度でトレーニングしているかと尋ねると、最も多かったのは「週1日」(24.6%)で、次いで、「毎日」(17.5%)、「週2日」(14.2%)という結果になりました。トレーニングしている人は結構多いようです。
 
また、定期的にトレーニングしている理由を聞いたところ、最も多いのが「健康のため」(73.8%)で、「美容のため」(59.6%)、「ストレス発散」(41.5%)となりました。どのようなトレーニングをしているのか尋ねると、「ウォーキング」(55.7%)が最も多い結果となりました。
 
ウォーキングならお金もかからず、いつでも無理なく運動ができますよね。続いて「筋トレ」(45.4%)、女性に人気の「ヨガ」(30.6%)、「ジョギング」(26.8%)という順になりました。
 
現在スポーツジムに入会しているか尋ねると、「はい」と回答した人は13.2%でした。しかし、スポーツジムに入会している人のうち、9.1%の人は定期的にトレーニングをしていないという事実も明らかになりました。入会したものの、ジムに行っていないという人が結構いるようです。せっかく会費を払うならば、行かないともったいないですね。

鍛えたいのは「お腹」。女性が鍛えたい部位と男性が鍛えてほしい部位は違う

鍛えたい部位はどこかと聞くと、「お腹」と答えた人が最も多く、78.2%と約8割近くにのぼりました。お腹が一番気になるようです。次に「太もも」(46.6%)、「お尻」(45.2%)、「二の腕」(35.6%)と続きました。
 
また、男性100名に対して、女性にどの部位を鍛えていてほしいかを聞いたところ、女性と同様「お腹」(63.0%)が最も多くなりました。
 
次に多いのが「お尻」(39.0%)、「二の腕」(21.0%)となり、女性で2位だった「太もも」(19.0%)は4位となりました。全体に女性より数字が低く、男性は女性にそれほど体を鍛えることを求めていないことが伺えます。

冬は最も運動を怠る季節。年末年始は特にだらける?

最も運動を怠るのはいつか聞いたところ、「1月」(31.4%)と答えた人が圧倒的に多い結果に。正月休みでゴロゴロしがちになるからではないでしょうか。
 
次に「12月」(15.8%)、「2月」(11.4%)と、冬が続きます。寒いと外に出るのがおっくうになるのでしょうね。一方で、「運動を怠る月はない」が28.8%と、3割の人は運動を欠かすことがないようです。見習いたいですね。
 
夏と冬では、どちらの季節が基礎代謝が上がると思うか聞くと、「夏」と回答した人が58.2%でした。実際は、体温を維持するためにエネルギーを使う冬の方が基礎代謝が上がると言われており、事実と異なる認識をしている人が多いことがわかりました。実は、冬の方がトレーニングをするのに適しているんですね。
 
冬は寒いですが、動いたら体が温まります。基礎代謝が上がる冬こそ、運動するとよさそうです。運動をしていない人はとりあえず、ウォーキングから始めてみませんか?
 
出典
※1:総務省統計局 家計調査「2018年 品目分類 1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格」
※2:株式会社 明治「トレーニングに関する調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

外出は楽しい!ウィンドーショッピングは、節約にお勧めです。
自分のスタイルに自信なし・・ダイエットにかけるお金と家計を圧迫するかもしれない恐ろしさ
朝も夜も人気!皇居ランが人気な理由
 



▲PAGETOP