最終更新日: 2020.11.13 公開日: 2020.11.16
暮らし

専業主婦の生活満足度、 夫の収入がそれほど高くなくても満足度が高い家庭の特徴は?

かつて、働く女性は結婚したり子どもが生まれたりしたら、家庭に入って専業主婦になるというのが一般的でした。
 
しかし、2019年の共働き世帯は1245万世帯で、専業主婦世帯は575万世帯(※1)。1990年代後半より共働き世帯が逆転し、専業主婦世帯は減少傾向にあります。いまでは共働き世帯が専業主婦世帯の2倍以上となっています。
 
ということで、今や少数派の専業主婦。専業主婦はいまの生活に満足しているのでしょうか? 夫の収入が高くて専業主婦として暮らせる人は、いまの生活に満足かもしれません。お金はそんなになくても、夫婦円満で幸せだという人もいるでしょう。
 
株式会社PLAN-B(東京都港区)が運営をするカジナビは、全国を対象に「専業主婦の生活満足度」に関しての調査を実施しました。それでは結果を見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

現在の生活にはおおむね満足。お金の満足度は夫への満足度より低め

現在の生活に対する総合満足度の結果は、「満足」(5.9%)、「まあ満足」(58.7%)で、あわせて64.6%が満足となりました。
 
一方で、「不満」(0.3%)、「まあ不満」(6.1%)はあわせて6.4%で、不満と感じているのは少数にとどまりました。いまの生活に満足しているか、少なくとも不満ではないという人がほとんどのようです。
 
「夫」に対する満足度を尋ねると、「満足」(11.3%)、「まあ満足」(55.4%)と、66.7%が満足と回答。「不満」(2.2%)、「まあ不満」(9.8%)、合わせて12%が不満と回答しました。
 
「お金」に対する満足度は、「満足」(5.1%)、「まあ満足」(39.1%)で、44.2%が満足と答えました。お金に関しては、夫への満足度より20ポイント以上低いようです。「どちらとも言えない」が38.1%、「不満」(2.3%)、「まあ不満」(15.3%)と、2割近くが不満を持っていることがわかりました。
 

収入がそれほど高くなくても夫が優しければ満足度が高い

総合満足度が高い人は「夫」に満足と回答した人が85%で、「お金」に満足の59%を26ポイントも上回りました。
 
夫にもお金にも満足な人のコメントを見ると、「夫が休日に家事を手伝ってくれます。不満はありません。(20代/主婦歴5年未満)」「働きたい気持ちはあるけど、夫との生活が楽しいので満足!(20代/主婦歴3年未満)」「生活に余裕はないが、夫が家事育児に協力的なので満足している。(20代/主婦歴5年未満)」というように、収入がそれほど多くなくても夫が家事に協力的であったり、夫と一緒にいるのが楽しいことが満足度につながっていることがわかります。
 
総合満足度が低い人は、総じて夫にもお金にも「不満」との回答が多いのですが、特に「お金」に不満だという回答が76%で、「夫」に不満だという57%を19ポイント上回りました。
 
具体的なコメントを見ると、「夫が生活費を渡してくれない(20代/主婦歴3年未満)」「夫の年収は高いが、それを鼻にかけて散財するので生活に余裕はない。(30代/主婦歴10年以上)」と、夫の収入が高くてもお金の使い方に不満があるという声が寄せられました。
 
他には「夫の収入が少ない。そのくせ私が家事・育児に手を抜くと『稼いでないくせに』といわれる。(30代/主婦歴5年未満)」など、妻への思いやりが感じられないことが不満の理由のようです。
 

夫への不満は、話したりストレス発散で解消。お金の不満は、自分が稼いで解消

夫に不満がある人は、直接不満を相手に伝えたり、ストレス発散になることをしたりして解決しているようです。中には離婚や別居をする人も。
 
お金に関する不満の解決法は、節約やポイントを集める「ポイ活」をしたり、自分が働いてお金を稼ぐべく仕事探しをしたり、有利に働けるように資格を取得したりと、何らかの行動に移していることがわかりました。
 
お金の問題は自分が働けばなんとか解決できそうですので、生活満足度をアップするのは夫への不満を解決することにかかっているようですね。
 
[出典]
※1:独立行政法人 労働政策研修・研究機構「専業主婦世帯と共働き世帯」
※2:株式会社PLAN-B 「専業主婦の生活満足度調査」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

年収に換算するとシャレになってない!主婦の悩み【名もなき家事】とは?
20代主婦はネットを活用して家事を楽しむ。ステイホームもスマホがあれば大丈夫?
トランプ大統領の『あの』発言で話題のイスラエル。なぜ日本よりも幸福度が高いのか
 



▲PAGETOP