更新日: 2020.12.07 暮らし

子育て世代の旅行動向は? Go To トラベルキャンペーンの利用率とは

子育て世代の旅行動向は? Go To トラベルキャンペーンの利用率とは
感染症予防の観点から、おうちで快適に過ごす方法や室内で体を動かす方法など、さまざまな工夫を凝らしているご家庭も多いと思います。
 
しかし、大人は割り切れても小さなお子さんはストレスがたまる一方……なんてことも。そんなときは、Go To トラベルキャンペーンなどを利用して、感染対策を万全にしたうえで旅行を楽しみたいものですね。
 
そこで今回は、子育て世代の旅行動向を探るべく、株式会社カラダノートが発表した「子育て世代のGOTOキャンペーンに関する調査」の結果(※1)をチェックしてみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

Go To トラベルキャンペーンを利用して旅行に行く子育て世代の割合は?

この調査は、2020年10月に株式会社カラダノートが運営するママ向けメディア「カラダノートママびより」のメルマガ登録者を対象に行われたものです。さっそく、Go To トラベルキャンペーンを利用して旅行したかどうかの回答を見てみましょう。
 
【Go To キャンペーンを利用して旅行しましたか?】
・利用した     10.9%
・申し込む予定   28.3%
・申し込まない予定 33.3%
・申し込まない   27.5%
 
10月の段階で、すでに利用したという子育て世代は全体の1割程度でした。これから申し込む予定という人も3割弱。およそ6割の人はGo To トラベルキャンペーンを利用するつもりがないということがわかります。
 
Go To トラベルキャンペーンを利用する/しないの理由はさまざまですので、なかには「Go To トラベルキャンペーンの利用の仕方がいまいちわからない」「手続きが面倒だからキャンペーンは利用せずに旅行した」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
では次に、旅行先での感染対策について見てみましょう。
 
【旅先での感染対策(複数回答)TOP3】
1位:移動は混雑時間をずらす        45.2%
2位:観光場所は庭園鑑賞など外の場所へ行く 34.6%
3位:観光名所に行く際、混雑時間とずらす  28.7%
 
感染対策について、もっとも回答が多かったのは「移動は混雑時間をずらす」でした。
 
次に多かったのが、「観光場所は庭園鑑賞など外の場所へ行く」というもの。換気を気にしなくていい屋外で感染機会を減らすという考えですね。3位は1位と少し重なりますが、「観光名所に行く際、混雑時間とずらす」でした。
 
そのほか、公共機関を使用せず「車での移動」を選択する人や、「宿泊施設だけ利用し観光はしない」というお部屋時間を堪能するという人もいるようです。
 
この結果から、旅行先では感染対策として3密にならないようにすることを意識する人が多いということがわかります。
 
ちなみに、Go To トラベルキャンペーンは未就学児も割引対象であることを知っている人は、全体の2割程度。多くの人が「知らなかった(83.7%)」と回答していました。

Go To トラベルキャンペーンで子育て世代に人気の旅行先は?

では、Go To トラベルキャンペーンで子育て世代に人気の旅行先はどこなのでしょうか。
 
【Go To キャンペーンで利用者が訪れた都道府県ランキング】
1位:神奈川県 22人
2位:北海道  19人
2位:千葉県  19人
3位:静岡県  17人
4位:兵庫県  16人
5位:群馬県  12人
 
1位は神奈川県でした。山も海もあり、大人も子どもも楽しめる施設が多く集中している横浜などの都市もあることから、人気の高さが伺えます。2位以下のランキングを見ても、観光できる場所があり都心ほど人が集中していないと思われる地域が選ばれていることがわかります。
 
ちなみに、北海道以外の5県(神奈川県・千葉県・静岡県・兵庫県・群馬県)については、8割以上が同一地方内から訪れているとのこと。北海道も半数は道内からの移動とのことで、感染対策の意味も含め、Go To トラベルキャンペーンでの旅行は近場にとどめる人が多いようです。
 
コロナ禍において、旅行先の選び方は以前と比べて変化があるのでしょうか。
 
【コロナ禍を経て、旅先を選ぶ際の選択軸に変化はありましたか?】
・変化があった 43.2%
・特になかった 56.8%
 
半数弱の人が、旅行先の選び方に変化があったと回答しています。変化があったと回答した人のうち、5割強は「車で移動できる範囲・県内など近隣を選択する」と回答。ほか、キャンプなどの「屋外レジャー」や「休日を避けて平日にする」など、3密を避けるために旅行先の選び方を工夫していることがわかります。

Go To トラベルキャンペーンの利用予算は?

最後に、Go To トラベルキャンペーンでの旅行にかける予算について見てみましょう。
 
Go To キャンペーンに特化した情報サイト「Go To キャンペーン.jp」を運営するECデータバンク株式会社が発表した、「Go To トラベルキャンペーンに関するアンケート調査」の結果(※2)をチェックしてみます。この調査は、2020年9月に20代から70代の男女(計965名)を対象に行われたものです。
 
【1回利用あたりの予算はいくらですか?】
1位:3~6万円  37%
2位:1~3万円  33%
3位:6~10万円  18%
4位:1万円以内  7%
5位:10万円以上  5%
 
7割以上の人が、1万円から6万円の予算で旅行を考えていることがわかります。
 
日帰り旅行や1泊程度の旅行であれば1万円以内に収められるものもありますが、2泊以上にもなるとおのずと費用はかさみますよね。このことから、Go To トラベルキャンペーンを利用する人は比較的しっかりお金を使ってしっかり旅行することを想定しているといえそうです。
 
Go To トラベルキャンペーンは、予算がなくなり次第事業が終了となります。キャンペーンの利用を検討している人は、感染拡大の状況にもよりますが、感染対策を万全にしたうえで利用すると安心ですね。
 
[出典]
※1 株式会社カラダノート「子育て世代のGOTOキャンペーンに関する調査」
※2 ECデータバンク株式会社「Go To トラベルキャンペーンの利用に関するアンケート調査」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部


 

auじぶん銀行