最終更新日: 2021.04.28 公開日: 2021.04.30
ローン

住宅ローン借り換えの相談に必要な書類は?借り換えをスムーズに進めよう

住宅ローンは借り換えを行うことで、負担を抑えられる可能性があります。
 
現在借りているローンより金利の安いローンに借り換えるのですが、場合によっては負担がより増えてしまうこともあります。お借り換えの相談窓口や必要な書類をチェックして、借り換えをスムーズに進めましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

執筆者:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

仮審査最短即日回答!
・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.380%

※2021年05月適用金利

※全期間引下げプラン

※じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定

0.525%

※2021年05月適用金利

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

0.955%

※2021年05月適用金利

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

住宅ローンの借り換え相談方法

 
場合によってはかえって負担が多くなってしまう住宅ローンの借り換え。借り換えをするか借換先をどこにするかを相談しておくと安心です。借り換えの相談方法をいくつかご紹介します。
 

ファイナンシャルプランナーに相談

 
ファイナンシャルプランナーは家計にかかわる金融や住宅ローンなどの知識を持った専門家です。相談者の夢や目標を達成するために長期的な視点でアドバイスや資産設計を行ったりサポートしたりしてくれる存在です。
 
住宅ローンの新規申し込みや借り換えの相談にものってくれます。相談者の家族構成や家計状況から、教育費が重なる時期などライフプランを提示。将来発生するであろう出費から必要な備えや時期、現状で重視するべきポイントなども教えてくれます。
 
無料の場合は取り扱う商品やサービスが決まっている場合があります。有料の場合はそういったしがらみがなく、複数の金融商品のメリットやデメリットを中立な視点から判断してアドバイスしてくれますので、借換先を決めかねている人におすすめです。
 
ライフプランの相談もしたい人や複数の商品から選びたい人は、ファイナンシャルプランナーに相談すると良いでしょう。
 

WEBや電話で相談

 
なかなか住宅ローンの借り換え相談に出掛けられないという人は、WEBや電話で相談するのがおすすめです。相談受付時間は各金融機関によって異なりますが、夜間や土曜日なども電話を受け付けているところもあります。日中や平日は仕事で時間が取れない人、借り換えについてすぐに情報を得たい人は電話相談がおすすめです。
 
WEB相談の多くは24時間、土日や祝日も関係なく利用できます。ビデオ通話での相談は近くに店舗がなくても利用でき、書類などを見ながら相談できます。
 

来店して相談

 
利用したい金融機関が決まっていて、しっかり借り換えの相談をしたいのであれば来店しての相談がおすすめです。じっくり書類等を見ながら、家族で来店して相談することができます。
 
申し込みに必要な書類等がそろっていて審査にも通れば、相談後そのまま申し込みを行うこともできます。申し込みしたい金融機関や商品がある程度決まっていて、申し込みまで考えている場合は来店しての相談が良いでしょう。
 

相談時に用意しておく必要書類

 
住宅ローンの借り換え相談だけで、申し込みまで考えていないからといって手ぶらで来店して良いわけではありません。相談の段階でも、用意しておいたほうが良い必要書類があります。詳しく見ていきましょう。
 

書類の用意は必須ではない

 
住宅ローンの借り換えの相談は、申し込みではないので書類の用意は必須ではありません。例えばすぐ申し込みをするつもりがない、どんな商品があるのかを知りたい、細かなプランを立ててもらう必要がない場合は書類を用意せず相談しても良いでしょう。
 

現在のローンに関する書類

 
住宅ローンの新規申し込みであれば、源泉徴収票などの収入や勤め先がわかる書類や購入しようとしている物件等の書類が必要です。それが住宅ローンの借り換えとなると、少し変わってきます。収入や勤め先がわかる書類と既に購入している物件等の書類のほか、現在契約している住宅ローンの返済予定表等の書類も必要です。
 
返済予定表の情報をもとに、借り換えシミュレーションを行い毎月の返済額や返済総額の比較検討を行えます。本当に借り換えによってメリットが得られるのかも、細かくチェックすることができますので書類はできるだけ用意したほうが良いでしょう。
 

事前審査を受ける場合

 
借り換えのシミュレーションをして、借り換えによるメリットがあることが分かったら事前審査に進む人もいることでしょう。事前審査は返済能力があるかどうかを見極めるためのものです。収入や勤め先のわかる書類、購入している物件等の書類、現在契約している住宅ローンの返済計画表などを用意しておきましょう。
 

借り換え相談で確認したいこと

 
住宅ローンの借り換え相談では、どんなことを確認すれば良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

借り換えのメリットがあるか

住宅ローンの借り換えには、書類の用意や各種手続きなどそれなりに手間がかかります。それでも借り換えを検討する人がいるのは、借り換えによるメリットがあるからです。メリットがないのに借り換えをしても、ただ時間を無駄に費やすだけになってしまいます。
 
相談の段階で本当にメリットがあって、それがどの程度なのかをしっかり確認しておきましょう。メリットと借り換えの手間のバランスを考えて、実際に申し込みするかどうかを考えてください。
 

申込時の必要書類

 
住宅ローン借り換えの申し込みに必要な書類は、金融機関や商品によって少し異なることがあります。各金融機関でおおよそ共通しているものを挙げていきます。
 

●本人確認書類
●収入確認資料
●現在のローンの契約内容等

 
そのほかに印鑑証明書、健康保険証等が必要なケースもあるようです。
 

賢く相談窓口を利用して借り換えを進めよう

 
住宅ローンの借り換え相談にはさまざまな窓口があります。借り換えに関してどこまで相談したいのか、自分のライフスタイルなどによってぴったりな相談先を見つけてください。
 
相談内容によっては、参考となる資料が必要ない場合もあります。しかし、細かくシミュレーションしたい場合、事前審査や申し込みまで考えている場合はあらかじめ必要書類を調べて用意しておくと良いでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

住宅ローン 金利別ランキング ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

住宅ローン 金利別ランキング

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

仮審査最短即日回答!
・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.380%

※2021年05月適用金利

※全期間引下げプラン

※じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定

0.525%

※2021年05月適用金利

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

0.955%

※2021年05月適用金利

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 


住宅ローンランキング表はこちら