更新日: 2021.07.28 ローン

住宅ローンに家具や家電の購入費用は組込可能? 注意点も紹介

住宅ローンに家具や家電の購入費用は組込可能? 注意点も紹介
家を新築したりマンションを購入したりする時には、住宅の購入費用以外にも家具や家電の購入費など、さまざまな出費があります。手元資金があまりない人は、家具や家電の購入費用の捻出がなかなかできず困ることもあるでしょう。
 
住宅ローンに家具や家電の購入費用を組み入れることは可能なのでしょうか。
 
この記事では、住宅ローンには家具や家電の購入費用を組み入れられるかどうかや、組み入れられる場合の注意点、組み入れられない場合に活用すべき方法などを紹介します。住宅の購入を検討している人は、ぜひご一読ください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

執筆者:

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

仮審査最短即日回答!
・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.380%

※2021年09月適用金利

※全期間引下げプラン

※じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定

0.495%

※2021年09月適用金利

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

0.865%

※2021年09月適用金利

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

住宅ローンには家具や家電の購入費用は原則組み入れられない

 
マンションや一戸建てなどの不動産は高額で、購入の際にはかなりの費用がかかってしまいます。住宅の購入費用や登記などに必要な諸経費のほかにも家具や家電の購入費用がかかる場合が多いですが、手元資金があまりない状態だと費用の工面に困ってしまうこともあるでしょう。
 
しかし、家具や家電の購入費用は原則として住宅ローンには組み入れられません。
 

住宅ローンは土地と建物の購入費用が対象

 
多くの住宅ローンの使い道は、住宅や宅地の購入費用や建築時の諸費用、増改築資金、リフォーム資金などに限られています。家具や家電の購入費用は住宅ローンの使い道としては認められていないことがほとんどで、原則として住宅ローンには組み入れられません。
 
住宅以外に使おうと思って多めの金額で住宅ローンに申し込んでも、審査は慎重に行われますので、結果として希望通りの借入金額にならないことがあります。
 

一部の住宅ローンは家具や家電の購入費用を組入可能

 
住宅ローンに家具や家電の購入費用を組み入れられず、手元資金にも余裕がないと、フリーローンの利用を考える人もいます。しかし、フリーローンは住宅ローンに比べると金利が高く、返済の負担が増加します。
 
住宅ローンの中には、家具や家電の購入費用もローンに組み入れられるローンもいくつかあります。フリーローンに比べて低い金利で、家具や家電の購入費用まで賄えて、住宅購入時にかかる費用を抑えられます。
 

家具や家電の購入費用を住宅ローンへの組み入れる際の注意点

 
家具や家電の購入費用を住宅ローンに組み入れられる場合、フリーローンを利用するよりは利子を抑えられるというメリットがある反面、いくつか気を付けたい点もあります。組み入れてから困らないためにも、注意すべき点もあらかじめ確認しておきましょう。
 
ここでは、家具や家電の購入費用を住宅ローンに組み入れる場合に、どのような点に気を付ければいいのか具体的に紹介します。
 

借入総額が高額になる

 
家具や家電の購入費用を住宅ローンへ組み入れることで、ローンの元金が増えます。利子を含めた借入総額も増えますので、住宅の購入費用のみを借りた場合に比べると高額になります。
 
借入総額が高額になると返済額や返済回数などが増えてしまいますし、変動金利制の住宅ローンの場合は、金利の影響を受けやすくなります。結果的にトータルの負担が大きくなることにつながり、返済が大変になる点に注意してください。
 

複数のローン会社から見積もりを取るのがおすすめ

 
住宅ローンの条件は銀行やローン会社によって異なります。それぞれ条件が細かく異なる場合もありますので、少しでも有利にローンを利用するためにも、まずは複数のローン会社で見積もりをを取った上で比較検討してください。
 

家具や家電の購入費用を住宅ローンへ組み入れられない場合に活用したい方法

 
住宅ローンの多くは、家具や家電の購入費用を組み入れることは認められていません。とくに手元資金が少ない場合には、住宅ローンでは賄いきれない費用を用立てるのに困ってしまうこともあるでしょう。
 
そこで、家具や家電の購入費用を利用予定の住宅ローンに組み入れられない場合に、ぜひ活用したい方法を紹介します。
 

カードローンやフリーローンを活用する

 
銀行やローン会社の住宅ローンは、ローンに組み入れられる費用を厳密に定めている場合が多いです。土地や建物の購入費用や登記費用などは組み入れられても、家具や家電の購入費用は対象外となっていることがよくあります。
 
カードローンやフリーローンなら使い道を厳密には定められていないことが多いです。手元資金で家具や家電を購入できないのであれば、カードローンやフリーローンの利用を検討してください。
 

ローン加入者対象の家具家電割引購入を利用する

 
銀行やローン会社によっては、住宅ローンの利用者を対象にさまざまなサービスを優待利用できる場合があります。例えば引っ越し料金やインテリア料金などが割引利用できる住宅ローンもあるなど、活用可能なサービスは多いです。
直接住宅購入にかかる費用以外が優待される住宅ローンもありますので、比較検討の材料にするといいでしょう。
 

家具や家電は原則住宅ローンの対象外! 自己資金で購入できるよう計画しよう

 
一軒家でもマンションでも、住宅の購入にはかなり高額な費用がかかる上、家具や家電の購入費用までかかります。手元資金が不足していて家具や家電の購入費用を賄えないなら、住宅ローンに組み入れたいと考える人も多いでしょう。
 
しかし、原則として家具や家電の購入費用を住宅ローンに組み入れられません。住宅ローンに組み入れられてもローン総額が増えることとなりますので、長期的な負担が大きくなってしまいます。
 
家具や家電の購入にはフリーローンなどを利用する方法もありますが、利息の負担が大きいため、できれば自己資金を充てるのがおすすめです。これから住宅ローンを組む予定がある人は、家具や家電の購入費用はできるだけ自己資金で賄えるように、計画して準備しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

住宅ローン 金利別ランキング ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

住宅ローン 金利別ランキング

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

仮審査最短即日回答!
・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.380%

※2021年09月適用金利

※全期間引下げプラン

※じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定

0.495%

※2021年09月適用金利

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

0.865%

※2021年09月適用金利

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 


住宅ローンランキング表はこちら