最終更新日: 2020.06.17 公開日: 2020.06.18
税金

新型コロナを乗り越えるために、ふるさと納税で寄附や支援をしてみよう!

執筆者 : 下中英恵

新型コロナウイルスの影響で外出自粛となり、家で過ごす時間が増えている方は多いと思います。もしも家で時間がある場合は、「ふるさと納税」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
今回は、おうち時間が楽しく豊かになる返礼品や、ふるさと納税を通じて新型コロナウイルスで経済的に打撃を受けている産業や生産者を支援する方法などをご紹介します。
 
下中英恵

執筆者:

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

“東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。

富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は日本東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っています
http://fp.shitanaka.com/”

詳細はこちら
下中英恵

執筆者:

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

“東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。

富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は日本東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っています
http://fp.shitanaka.com/”

詳細はこちら

自宅で楽しむグルメ

ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付ができる制度で、所得税の還付や住民税の控除を受けることができます。
 
また、寄付をすることで自治体からお礼の品(返礼品)を受け取ることができるため、大変人気がありますね。現在、自宅にいる時間を活用して、楽しく選ぶことができる返礼品について見ていきましょう。
 
まずご紹介するのは、さまざまな地域のおすすめグルメです。外出自粛政策ににより、外で家族や友人と食事をしたり、飲み会に参加する機会は大幅に減りました。
 
家で家族のために朝昼晩と毎食ご飯を用意することに、少し疲れてしまっているお母さんも多いのではないでしょうか。そんな皆さんにおすすめなのか、ご当地の美味しい食材や食事セットです。
 
例えば、岩手県奥州市では1万円の寄付で、250グラムの前沢牛のモモスライスをもらうことができます。新型コロナウイルスの影響で前沢牛や奥州牛の流通が停滞し、経済的にダメージを受けている畜産農家を、ふるさと納税を行いながら支援することができるのです。
 
また、山形県寒河江市では9000円以上の寄付で、1キログラムの佐藤錦を受け取ることが可能です。こちらも新型コロナウイルスため、さくらんぼの流通が停滞している中、ふるさと納税で生産者をサポートできます。

新型コロナウイルスが落ち着いた頃に

次にご紹介するのは、返礼品として、さまざまな地域の旅行券やホテル・温泉旅館の宿泊券をもらうというふるさと納税です。現在、外出自粛政策のため、日本中の観光地やホテル・温泉旅館は大打撃を受けています。
 
そこで、自分のふるさとや、思い出のある観光地を支援するために、ふるさと納税で寄付をしてみてはいかがでしょうか。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いて、いつもどおりの生活に戻れば、今回の寄付の返礼品として受け取った旅行券で、また遊びに行くことが可能です。
 
例えば、沖縄県北谷町では6万5000円の寄付で、ラ・ジェント・ホテル沖縄北谷の1泊宿泊券を受け取ることができます。
 
実際に、沖縄に旅行に行けるようになるのはしばらく先のことだと思いますが、ホテル側は先に寄付金を受け取ることができるため、経済的に大打撃を受けている観光業への支援につながります。

ふるさと納税で地域医療を応援する方法

最後に、ふるさと納税を活用して、新型コロナウイルスと戦っている医療従事者の方々を支援する方法を見ていきましょう。大手ふるさと納税サイトである「ふるさとチョイス」では、「ガバメントクラウドファンディング」を実施しています(※)。
 
これは、ふるさと納税の制度を利用した自治体によるクラウドファンディングで、寄付金の使い道をチェックして、共感したプロジェクトや自治体を選んで支援できるというものです。
 
例えば、自分の出身地の地域医療を支えるプロジェクトや外出自粛中の子どもたちの自宅学習を支援するプロジェクト、新型コロナウイルスと戦う医療体制の拡充をするためのプロジェクトなどに寄付をすることができます。
 
自分のお金を新型コロナウイルスとの戦いのために寄付したいと考えている方は、ぜひ一度、検討してみましょう。
 
いかがだったでしょうか。残念ながら、まだしばらくの間は新型コロナウイルスによる経済的なダメージは拡大すると考えられます。しかし現在、ふるさと納税を活用すれば、簡単にさまざまな寄附や支援を行うことができます。
 
今回ご紹介した内容を参考にしながら、できる範囲で、ぜひスタートしてみてはいかがでしょうか。
 
参考 (※)ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング
 
執筆者:下中英恵
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

関連記事

年収1000万円と年収500万の人の『ふるさと納税』の寄付上限目安とは
ふるさと納税、返礼品の最新人気ランキング! 新型コロナウイルスの影響は事業者にも
今さら聞けない?「ふるさと納税」について、ポイントをおさらい!
 



▲PAGETOP