最終更新日:2019.08.07 公開日:2017.05.16
資産運用

<柴沼投資塾>iDeCo 活用編。NISAもiDeCoも基本はチョロ勝ちを狙え!

柴沼直美

執筆者:

執筆者:柴沼直美(しばぬま なおみ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表
大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com

詳細はこちら
柴沼直美

執筆者:

執筆者:柴沼直美(しばぬま なおみ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表
大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com

詳細はこちら

NISAとの共通点は、どちらも長期間で考えてお得感がより実感できる

さてここで、以前にご紹介したNISAとの共通点を整理しましょう。NISAは年間120万円までの投資元本に対する運用益について税金がかからないという制度でしたが、運用益が非課税になるという点は同じです。
NISAの場合は5年目で、継続するのかそれとも一般口座に移すのかという選択肢がありましたが、iDeCoの場合は選択の余地はなく60歳までの長期継続になります。その分、運用益非課税のメリットはより大きく享受できることになります。

60歳まで途中でやめることができない点がiDeCoの注意点

iDeCoの最大のメリットは、税金がかからないという点でしたが、デメリットはというと60歳までやめることが原則できないということです。脱退の要件は、60歳未満であること、確定拠出年金の障害給付金を受け取っていないこと、通算の拠出期間が1か月以上3年以下であることまたは管理資産の額が50万円以下であることなど、さまざまな条件がありますが、これらをすべて満たす必要がありますので基本的にできないと考えた方がよいです。つまり一度進んだら、積み立てに向かって前進するしかない、というイメージです。

NISAもiDeCoもチョロ勝ち商品を狙うようにするのがポイント

以前にご紹介したNISAも同様ですが、iDeCoの場合もある程度の長期間での運用になりますので、どんな商品に投資をすればよいか迷ってしまうと思います。この点については、また詳しく触れたいと思いますが、ポイントとしては、NISAは5年間、iDeCoは人によってかわりますが、60歳までという長期間なので、一時的に大きく収益を上げるというのではなくて、少しずつチョロチョロと収益を積み上げていくような運用スタイルがいいでしょう。

商品比較
商品比較


▲PAGETOP