更新日: 2021.08.27 NISA

NISAとは? 知っておきたい基礎知識

NISAとは? 知っておきたい基礎知識
NISAという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。NISAは国の施策としてすすめられている投資に関する非課税制度です。これから投資を始める人向けにNISAとはどのようなものなのかを詳しく解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

新井智美

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

NISAとは?

NISA(Nippon Individual Savings Account)とは2014年1月からスタートした投資のための非課税制度で、正式には「少額投資非課税制度」といいます。
 
通常、購入した投資信託や株式などが値上がりした後に売却した時に得られる「譲渡益」や保有中に受け取った「普通分配金」には20%の税金がかかります。しかし、NISAを利用している場合、その適用期間中はこれらが非課税になるのです。

 

NISAを利用する条件とは

NISAを利用するには、まず銀行や証券会社などでNISA口座を開設しなくてはなりません。また、NISA口座を開設する年の1月1日時点で、日本に住んでいる20歳以上の人が対象です。
 
金融機関によってNISAの取り扱いをしていない、NISAで利用できる金融商品が異なるなどの違いがあるため、口座開設をする際には事前に公式ホームページなどで確認しておきましょう。
 
NISA口座は1人1口座と決められています。1年単位で金融機関を変更できますが、すでに開設済みのNISA口座で投資商品を購入している場合、その年は変更ができません。

 

3種類あるNISA

NISAには次の3種類がありますが、同時に複数のNISAの利用はできません。
 

●NISA
●つみたてNISA
●ジュニアNISA

 
それぞれの特徴をみていきましょう。
 

一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
加入できる人 日本に住む20歳以上の人 日本に住む20歳以上の人 日本に住む0~19歳の人
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
投資先 国内外の上場株式や投資信託 金融庁が長期積立・分散投資に適していると認めた投資信託 国内外の上場株式や投資信託
お金の引き出し いつでも可 いつでも可 18歳になるまでは制限がある

 
NISAは期間限定の制度としてスタートしたため、口座開設が可能な期間が決まっておりジュニアNISAは2023年末で終了することが決まっています。しかし2020年に改正が行われ、つみたてNISAは現状2037年までとされていますが、2042年までに延長されます。
 
2023年まで利用できる一般NISAは2024年以降、仕組みが大きく変わります。現在最長5年間で利用されている一般NISAに該当する投資は、積立投資との併用でないと利用できなくなります。
 
1階部分に現状のつみたてNISA、2階部分に一般NISAがある2階建ての仕組みで、口座開設は2028年までです。
 
すでに一般NISAを利用している人や株式投資経験者は、2階部分だけの利用も上場株式に限りできます。新NISA(仮称)の概要は次のとおりです。
 

1階部分 2階部分
非課税投資枠 年間20万円 年間102万円
非課税期間 5年間 5年間
投資先 金融庁が長期積立・分散投資に適していると認めた投資信託 上場株式、公募株式投資信託など

 

【PR】SBI証券のNISA(ニーサ)

SBI証券のNISA(ニーサ)

おすすめポイント

【NISA】
・投資できる商品が多い
・NISA口座での国内株式 売買手数料0円
【つみたてNISA】
・幅広い投資信託ラインナップ
・100円から積立がスタートできる

NISAを利用するメリットとデメリット

期間限定とはいえ、投資で得た利益が非課税になるNISAは、積極的に利用したい制度です。しかし、定期預金や積立預金と異なり、投資商品には元本割れなどのリスクもあります。NISAを利用するにあたっては、メリットとデメリットどちらも把握しておきたいものです。
 
そこでNISAのメリットとデメリットを詳しく解説します。

 

メリット

NISAを利用する最大のメリットは、配当金や譲渡益が非課税になる点です。通常は利益に対して20%の税金がかかるため、非常にお得な制度といえます。
 
投資商品にはまとまった資金が必要なイメージがありますが、金融機関によっては1000円から投資でき、未経験の人でも始めやすい点も魅力です。
 
また、毎年一定額の投資を行っていれば、5年間の非課税期間が終了した後も保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移すロールオーバーも可能です。年間120万円を上限として5年間非課税期間が続くので、最大600万円の投資商品が非課税になるのです。

 

デメリット

NISAの対象になるのは、新規の投資商品のみです。そのため、すでに保有している株式などの投資商品をNISA口座には移せません。NISAを利用するには、NISA口座で新たに投資商品を購入しなくてはならないのです。
 
また、NISAは他の投資口座と損益通算できない点に注意が必要です。例えば投資商品Aで100万円の利益が出て、投資商品Bで100万円の損失が出た場合、通常であれば双方の損益は相殺されて、利益はゼロ円になります。
 
しかし、NISAで利益が100万円あった場合、他の投資商品で損失が出ても損益通算はできないのです。さらにNISAでの損失は翌年には繰り越せないため、繰越控除の対象外になります。

 

NISAで賢く資産運用をしよう

NISAは少額でも始められ、投資初心者の人におすすめの制度です。家計に少し余裕があった時に投資にまわすのもよいでしょう。NISAの仕組みを正しく理解して賢く資産運用を始めましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
 

PR
townlife-banner
ライターさん募集