更新日: 2022.03.28 資産運用

投資用中古ワンルームマンションは不動産会社に売買する? それとも仲介会社経由で個人に売買する?

投資用中古ワンルームマンションは不動産会社に売買する? それとも仲介会社経由で個人に売買する?
資産運用の一つの方法として、投資用マンションを購入する人がいます。家賃収入や、マンションが値上がりした際に売却して利益を得ることが主な目的と思われます。
 
さて、初めて投資用マンションを買おうとするとき、またタイミングに合わせて売るとき、仲介会社を通して「個人」を相手にするのがよいのか、「不動産会社」を相手にするのがよいのかと迷います。

株式会社ワークスベイ(本社:東京都渋谷区)は、投資用中古ワンルームマンション売買の経験者1013名を対象に、「不動産投資の実態」に関する調査を実施しました(※)ので、結果をみていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

投資用中古ワンルームマンションの購入理由のトップは「資産形成として」

投資用中古ワンルームマンションを購入した理由を聞いたところ、「資産形成として」が61.6%と最も多く、次いで、「生命保険などの代わり」(22.6%)、「年金対策として」(16.6%)が続きました。
 
投資用中古ワンルームマンションはどこから購入したか尋ねると、78.1%が「不動産会社から直接」、21.9%が「仲介会社経由で個人から」と回答しました。不動産会社から直接購入する人が8割です。
 
不動産会社から直接購入した理由を聞くと、「不動産会社から買う方が安心だと思ったから」が74.7%で最も多く、以下は「サポートがいいと思ったから」(69.2%)、「賃貸管理の会社があったから」(53.5%)となりました。
 
仲介会社経由で購入する際に大変だったことは何か聞いたところ、「物件の選定をすること」が45.5%で最も多く、次いで「自己資金の準備をすること」(32.9%)、「アフターフォローがないこと」(28.8%)が続きました。仲介会社は、紹介できる物件数が非常に多いので、不動産投資をしたことのない人は、物件の良しあしを判断することが難しいようです。
 

投資用中古ワンルームマンションの売却理由のトップは「資金作り」

投資用中古ワンルームマンションの売却の理由は、「資金作り」(37.1%)、「高値での売却が出来た」(30.8%)、「買い替え」(27.4%)、「管理業務からの解放」(23.4%)、「将来に対しての不安」(22.1%)となりました。
 
売却する際に、何を重視していたか聞いたところ、「高く売却すること」が66.5%と全体の3分の2を占め、以下は「早く売却すること」(24.2%)、「手間をかけずに売却すること」(9.3%)となりました。
 

投資用中古ワンルームマンションは不動産会社に売却する人が8割

投資用中古ワンルームマンションはどこへ売却したか尋ねたところ、77.6%が「不動産会社に直接、または仲介会社を経由して不動産会社に売却」、22.4%が「仲介会社を経由して個人に売却」と回答しました。
 
不動産会社に売却をして良かったと思うことについては、「高く買い取ってもらった」(41.6%)、「早く売却ができた」(37.9%)、「手間をかけずに売却ができた」(20.1%)となりました。
 
個人に売却をした理由は、「ツテがあったから」「高値で買い手が見つかったから」「余計な経費を使いたくない」といった回答が寄せられました。個人に売却する場合は、販売価格を売り主自身で設定できるなど、販売会社に買い取ってもらうより自由度が高いようです。
 
個人に売却する際に苦労したことを聞いたところ、最も多いのは「時間がかかった」(33.9%)でした。次いで「適正価格が分からなかった」(15.9%)、「購入をサポートしてくれる人がいなかった」(13.7%)となりました。
 
投資用ワンルームマンションを、不動産会社に売買するか仲介会社を通して個人に売買するかは、それぞれに良い点悪い点があるようです。自分に合った方法でうまく売買したいですね。
 
出典
※株式会社ワークスベイ【投資用中古ワンルームマンションを不動産会社から購入し、不動産会社に売却している人はおよそ8割】
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行