更新日: 2022.05.30 資産運用

いまさら聞けない、投資信託ってなに?

執筆者 : 川崎翔太

いまさら聞けない、投資信託ってなに?
「投資信託」CMや本やネットで最近よく聞くこの言葉。投資のことはわかっていても具体的に内容を知らない方も多いのではないでしょうか?
 
本記事では、今やみんなが当たり前のように投資信託と言う中、いまさら人には聞きづらい投資信託について解説していきます。
 
川崎翔太

執筆者:川崎翔太()

1級ファイナンシャルプランニング技能士

投資信託とは

まずは概要について解説します。投資信託は数多くある投資?商品の中でも比較的安全性の高いローリスク・ローリターンの投資手法です。
 
投資と聞くと自身で企業の株価等を事細かく分析したり、四六時中株価のチャートを見ていないといけないといったイメージが強いですが、投資信託はそこまで行わなくても大丈夫です。専門知識も必要なく比較的簡単に気軽に始めることができます。 次に具体的な仕組みについて解説していきます。
 

投資信託の仕組み

投資家(購入者)が銀行や証券会社を通じてファンド(商品)に出資
        ↓
銀行や証券会社が信託銀行へ出資金を渡す
        ↓
運用会社が信託銀行への投資の指示を行う

大きく分けると以上のような流れになります。
 
銀行や証券会社に出資金を渡すため、そこで運用しているように見えますが実際は運用会社が別に存在します。そのため投資経験の少ない投資初心者の方でも始めやすい仕組みになっています。
 

投資信託を初心者にオススメする理由

・運用会社に運用を任せておける

通常だと投資は売り買いのタイミング、投資先がこれから伸びるかどうかの選定をはじめ、さまざまなことに気を配らなければいけません。
 
投資信託はそうしたタイミングやファンドの選定なども全て運用会社がしてくれるため投資家(購入者)の手間がほとんどかかりません。投資家は前述した購入・解約の手続きのみで投資を行えることができます。
 

・小さい金額から始められる

通常株式投資を始める場合100株単位での取引が基本です。そのため仮に株価5000円の企業に投資する場合50万円の資金が必要になります。投資初心者の方がいきなり50万もの大金を投資に回すのは不安に感じると思います。
 
投資信託の場合では、銀行や証券会社によって最小取引金額は異なるものの、大体100~1000円単位で始められるため、気軽に運用することができます。
 

・商品自体が分散投資になっている

投資には分散投資でリスクを低減できる性質があります。例えば、全く違う値動きをするAファンドとBファンドの2つに分けて投資をすることで、片方が下がったとしてももう片方でその損失を補うことで元本割れのリスクを下げることができます。
 
投資を始めて間もない頃はできる限りリスクを下げ、安全に投資することをおすすめします。投資信託はファンド(商品自体)が複数の会社の株や債権で形成されたパッケージ商品になっています。
 

投資信託をする上での注意点

・元本割れのリスクがある

投資信託は全ての商品が元本保証ではありません。限りなくリスクを抑えた元本割れしづらい商品もありますが、元本が保証された商品は存在しません。そのため、預金と同じ感覚で安易な投資は注意が必要です。リターンを得るためにはそれ相応のリスクを負わなければならないことを理解しておきましょう。
 

・コストがかかる

前述しましたが、投資信託は運用会社や信託銀行が投資家の代わりに業務を行ってくれるためコストが発生します。
 
主なコストは

(1)購入時手数料:購入時にかかる手数料
(2)信託報酬:ファンド保有中発生する運用、管理費用
(3)信託財産留保額:解約時にかかる手数料

(1)、(2)は全てのファンドでかかりますが、(3)は商品によってかからないものもあります。ただ、(1)、(2)に関しても手数料率は商品によって違ってきますので購入する際は必ず確認するようにしましょう。
 

まとめ

投資信託は比較的リスクも低く、自身の代わりにプロが運用してくれるため最小限の手間で投資を始めることができます。しかし、元本保証ではないため、抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、そういった方が気軽にできるのが投資信託です。
 
今や預金に置いてるだけでは金利も満足につかない時代です。これから資産形成する上で投資は必要不可欠になってきますので、これを機会にあなたも始めてみてはいかがでしょうか。
 

出典

一般社団法人投資信託協会 投資信託を学ぼう
アセットマネジメントONE 投資信託とはなにか?
ヒトトキ 投資信託とは?初心者にもわかりやすく投資信託のしくみと始め方を解説
 
執筆者:川崎翔太
1級ファイナンシャルプランニング技能士

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード