更新日: 2022.09.07 株・株式・FX投資

金融の「レバレッジ」ってどういう意味? 分かりやすく教えて!

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部 / 監修 : 高橋庸夫

金融の「レバレッジ」ってどういう意味? 分かりやすく教えて!
外国為替保証金取引(FX)で、よく出てくるのが「レバレッジ」という言葉です。
 
これは、FXなどの信用取引で利益を得るための基本となる考え方です。外貨預金による運用などとは異なる仕組みといえます。
 
この記事では、金融におけるレバレッジの意味とその効果について、外貨預金とFXを比較しながら、分かりやすく説明していきます。

【PR】基礎から学べる投資学習動画が無料公開中!

【PR】バフェッサ(世界一の投資家バフェット流の投資知識が学べる!)

投資の達人になる投資講座

おすすめポイント

・生徒数日本一の投資スクールが監修
・今なら約5万円の特典を完全無料で提供中!
・新NISAを有効活用したい人におすすめ
・未経験者でも分かるように図解で解説

FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高橋庸夫

監修:高橋庸夫(たかはし つねお)

ファイナンシャル・プランナー

住宅ローンアドバイザー ,宅地建物取引士, マンション管理士, 防災士
サラリーマン生活24年、その間10回以上の転勤を経験し、全国各所に居住。早期退職後は、新たな知識習得に貪欲に努めるとともに、自らが経験した「サラリーマンの退職、住宅ローン、子育て教育、資産運用」などの実体験をベースとして、個別相談、セミナー講師など精力的に活動。また、マンション管理士として管理組合運営や役員やマンション居住者への支援を実施。妻と長女と犬1匹。

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」を意味しています。小さな力で大きな物を動かす力学的な構造が「てこ」です。
 
シーソーを想像してみてください。一般的なシーソーでは、真ん中に支点があって、支点から等距離にそれぞれ人が座って遊びます。同じ体重の人が座れば、釣り合いがとれます。もし、片方に体重が重い人が乗ってしまうと、釣り合いが崩れてシーソーは重いほうに傾きます。
 
ここで、仮に支点を重い人のほうにずらしてみましょう。すると、ある程度近づくと釣り合うポイントがみつかります。体重が違った人が乗ってもバランスがとれるのです。つまり、体重が軽い人であっても、体重が重い人を動かせることになります。
 
これを金融の言葉で言い換えると、少ない投資(体重が軽い人)であっても、大きな運用資金(体重が重い人)を動かせることになります。
 
レバレッジという概念は、企業経営の際の金融の役割を説明する際にも使われます。自己資本に対する負債の割合は「レバレッジ比率」とよばれ、経営の健全性の目安として使われることがあるのです。
 
FXなどの信用取引では、少ない投資で大きな金額を運用する状態を「レバレッジを効かせる」と表現し、この仕組みを「レバレッジ効果」とよびます。
 

レバレッジ効果の実際

では、実際にレバレッジを効かせるとどのような効果があるのでしょうか。外貨預金と比較して考えてみましょう。
 
1ドルが100円の場合に、2万5000ドル(250万円)を外貨預金で投資するには、250万円必要になります。一方で、FXで同じ額の投資を行うとき「25倍のレバレッジを効かせる」のであれば、10万円で可能なのです。つまり、投資額が10万円で、その25倍を運用するので250万円となります。
 
このとき、1ドルが110円になると運用益が発生します。1ドルあたり10円の為替差益が出るので、25万円のプラスです。
 
ただし、外貨預金とFXなどの信用取引では、投資効率に違いがあります。外貨預金では最初に250万円が必要になりましたが、信用取引ではその25分の1の10万円で同じ運用益が出たのです。もし、10万円ではなく、外貨預金と同じ250万円を投資していたら、運用益は25倍の625万円になっていたはずです。
 
もちろん、これは単純化した説明なので実際に運用する場合とは違いがある点には注意しましょう。なお注意点として、レバレッジは大きな利益が期待できますが、マイナスの場合のリスク幅も投資額に対して同じく大きくなります。
 
よって、レバレッジを成功させるには、リスクを十分に理解して、無理に大きな取引をしないことを心掛けることが必要です。
 

【PR】基礎から学べる投資学習動画が無料公開中!

【PR】バフェッサ(世界一の投資家バフェット流の投資知識が学べる!)

投資の達人になる投資講座

おすすめポイント

・生徒数日本一の投資スクールが監修
・今なら約5万円の特典を完全無料で提供中!
・新NISAを有効活用したい人におすすめ
・未経験者でも分かるように図解で解説

レバレッジによる運用はリスクの理解も忘れずに

レバレッジを効かせた取引は、手元資金が少額でも大きな運用が可能な点が魅力です。外貨預金などと比べると数十倍の差がつきます。
 
しかし、大きな利益が期待できる反面、大きな損失の可能性もあります。レバレッジを利用するときには、事前に最悪のケースを想定しながら、自分が引き受けられるリスクの範囲がどの程度かを考えておく必要があるのです。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:高橋庸夫
ファイナンシャル・プランナー

ライターさん募集