更新日: 2022.09.21 資産運用

注目を集める「スニーカー投資」。他の投資とのメリット・デメリットを比較して解説

注目を集める「スニーカー投資」。他の投資とのメリット・デメリットを比較して解説
今、にわかに投資家の注目を集めている対象が「スニーカー」です。スニーカーは手軽な金額で購入できるうえに、趣味の延長で投資できるという金融商品にはない魅力があります。
 
この記事では、スニーカー投資の実態や期待度、値上がり要素と収益性について他の投資と比較しながら解説していきます。スニーカーが好きな方にとっては「投資家思考」を深めるきっかけになるかもしれないので、ぜひご一読ください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

スニーカー投資の特徴

コレクション資産管理サービスを運営する株式会社between the arts(東京都港区)の「スニーカー投資に関する実態調査」によると、投資経験者2434名のなかで「スニーカー投資に興味がある」と回答した方は13.39%、「やや興味がある」が19.97%、「すでに投資したことがある」は9.24%という結果になっています。
 
「興味がある」と「やや興味がある」を合わせて33.36%、経験者を加えると42.6%という数値となり、投資経験者の約4割が興味を抱いていることが分かります。
 
次に、スニーカー投資に興味がある812名に理由を尋ねた結果は、「投資しやすい金額」が34.61%、「趣味の延長でできる」が24.51%、「今後流行りそう」が24.14%でした。
 
また、スニーカー投資経験者の投資のきっかけとしては、「スニーカーが好きだから」が52.36%と全体の半数以上を占め、次いで「投資対象として魅力的だから」が23.11%、「スニーカーが流行っているから」が21.23%という結果になっています。
 
スニーカー投資の値上がり要素では「限定生産・希少性」が59.91%、「廃盤になっている」が29.25%でした。利益の合計では「1万円以上」が50.94%と最も多く、「5万円以上」は18.40%、「10万円以上」は13.21%、「100万円以上」は7.08%です。
 

スニーカー投資のメリット・デメリット

ここまでお伝えしたようにスニーカー投資は、趣味の延長で気軽に始めやすいというメリットがあります。不動産投資のようにアパート・マンションローンを組む必要はなく、株のデイトレードのように、その日のうちに売買する必要もありません。
 
ただし、スニーカー投資を行う過半数以上が「1万円以上」の利益にとどまっており、現状では金融商品のように高い収益性は期待しづらいというデメリットがあります。しかし、100万円以上の利益を出している人も一定数いるので、今後の状況次第では高い利益も期待できます。つまりスニーカー投資は、基本的にローリスクというメリットがあるものの、ローリターンというデメリットがある投資です。
 
ハイリスク・ハイリターンな投資のひとつにFXがありますが、レバレッジをかけて取引できるというリターン面のメリットがあるものの、追加保証金(追証)や強制決済の可能性というデメリットがあります。
 
一方、スニーカー投資はもともとスニーカーが好きな人におすすめの投資であり、「希少価値が上がりそう」「限定品だから購入しておこう」という理由で始めやすいという意味では、高級時計やワイン投資に近いといえるでしょう。
 

まとめ

すでにスニーカー投資は一定の認知度があり、趣味の延長で始めやすいという特徴があります。基本的にローリスク・ローリターンな投資ではありますが、今後の状況次第では高い利益を期待できます。
 
スニーカー好きの人が「限定生産・希少性・廃盤」を狙うのが王道ですが、コレクションも兼ねて、楽しみながら取り組める魅力的な投資といえるでしょう。
 

出典

株式会社between the arts スニーカー投資に関する実態調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード