更新日: 2023.05.31 株・株式・FX投資

投資によるメンタルブレイクを防止したい! それなら「株」と「金」の分散投資はどう?

投資によるメンタルブレイクを防止したい! それなら「株」と「金」の分散投資はどう?
投資は、将来の資産形成のために非常に重要な手段ですが、投資によるメンタルブレイクを防止し、長期間投資することも重要です。投資家がメンタルブレイクを防止するためには、分散投資が有効であるといわれています。
 
特に、株式と金の分散投資は、株式市場と金市場が逆相関するため、リスクを抑えた投資ポートフォリオを構築できるでしょう。
 
本記事では、株式と金の分散投資について、そのメリットや注意点を解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

長期投資を続けるにはメンタルと環境づくりが大切

長期投資を続けるためには、投資を行ううえでのメンタルと環境面の整備が重要です。メンタル面では長期投資を行い、短期の価格変動に左右されず、時間をかけて資産を形成することをおすすめします。定期的に投資を行うことで、市場の波に左右されず、着実に資産を増やせるでしょう。
 
また、ダウンサイドリスクに備えることも重要です。投資には必ずリスクが伴います。
 
その一方、株式会社FreeLifeConsulting(東京都港区)が運営する「グローバルファイナンシャルスクール」では、2022年7月に1年以内に投資を始めた全国の20~60代の男女544名を対象に実施したアンケート調査によると、投資を始めてたった1年で離脱してしまった人は全体の7.9%もいることが明らかになっています。その理由は以下のとおりです。
 

1位:投資に回す時間がなくなった
2位:市場動向が見通せないから
3位:損失が出たから
4位:現金が必要になったから

 
長期投資においては、長期的な視野で市場を見ることが重要ですが、市場が下落した場合に備えて、投資先のリスクを十分に把握しておきましょう。定期的に収入の一部を貯蓄する習慣を身につけ、資産形成に必要な資金を確保することが大切です。
 

株式と金の値動きは逆相関関係

株式と金は一般的に逆相関関係にあるとされています。つまり、株式市場が上昇するときは、金の価格が下がり、株式市場が下落するときは、金の価格が上昇する傾向があります。
 
これは、投資家が株式市場は安定的であると判断し、より高いリターンを期待して株式に投資する場合には、金に対する需要が減少するためです。株式一辺倒のポートフォリオに金が加われば、株式市場全体が下落している場面でクッション材のような役割を果たすのです。
 
一方で、市場が不安定であると判断されると、株式市場への投資リスクが高まるため、投資家は金などの安全な避難先に資金を移すことがあります。ただし、必ずしも株式と金の価格が完全に逆相関関係にあるわけではありません。
 
特定の状況下では、両者の価格が同時に上昇することがあるため、投資家は複数の資産クラスを組み合わせた投資ポートフォリオを構築することが推奨されます。
 

【PR】SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

まとめ

長期投資をすると過去の統計上、プラスのリターンをもたらしてくれることが予想できます。しかし、株式市場だけに投資していると、リーマンショックやコロナショックのように瞬間的に株価が大きく下落してしまい、ストレスを与え、途中でやめてしまうこともあります。
 
金にも分散投資を行うことで、リスクを抑えつつ、安定した資産形成ができる可能性があります。これまで株式一辺倒だった方も、リスク分散のために金投資を検討してみてください。
 

出典

株式会社FreeLifeConsulting グローバルファイナンシャルスクール実施のアンケート

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集